プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、VMware Workstation 7.1 …

ヴイエムウェア、VMware Workstation 7.1 を出荷

10 を超える新機能と多くの機能改良により、Windows 7 が容易に導入可能に

*本内容は、2010年5月26日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。
【2010 年 5 月 26 日(米国時間)米カリフォルニア州発】 VMware Inc は本日、グラフィック処理とパフォーマンスをより強化し、Windows 7との更なる一体化を実現するデスクトップ仮想化ツール、「 VMware Workstation 7.1」 を本日より出荷することを発表します。VMware Workstation は、50 以上の賞を受けた業界を代表する個人向けデスクトップ仮想化ツールで、2 倍になった 3D グラフィックスパフォーマンス、スケーラブルな仮想マシンのサポート、Windows 7 とのさらなる一体化など 10 を超える新機能を提供します。VMware Workstation 7.1の新機能を活用することで、エンジニアの方は、ソフトウェアの開発、テスト、デモ、および展開を今まで以上に高速かつ便利に実行できます。

2010 年 1 月の Enterprise Strategy Group (ESG) 社の調査によると、75% の企業が今後 24 カ月以内にデスクトップを Windows 7 に買い替えることを予定しています。ESGは、現在使用中のハードウェアの活用を検討している企業のうち、 62% が既存のオペレーティング システムを Windows 7 にアップグレードする可能性が高いと予測しています。企業のWindows 7 への移行が加速するなか、VMware Workstation 7.1 は業界トップ クラスで信頼性の高い個人用デスクトップ仮想化ソリューションとして、Windows 7 への移行を迅速かつ高い費用対効果で実現します。

■VMware Workstation 7.1 の主な機能強化:

グラフィックスの向上により、リソースを消費するアプリケーションの利用が拡大

  • Windows 7 および Windows Vista の仮想マシンを使用した場合、DirectX 9.0 のグラフィックス性能および OpenGL 2.1 のハードウェア アクセラレーションが最大で 2 倍になるため、スムーズなビデオ再生や優れたゲーム体験を実現。また、Autodesk 社は、 AutoCAD 2011 の動作においてVMware Workstation 7.1 仮想マシンをサポートし推奨環境として追加。

パフォーマンスの向上

  • Intel の Core i3、i5、および i7 プロセッサ ファミリに対しパフォーマンスが最適化され、仮想マシンの暗号化と復号化を高速化
  • 8 つの仮想プロセッサ (または 8 つの仮想コア) と 2 TB の仮想ディスクを備えた強力な仮想マシンをサポート。
  • OVF 1.0 (Open Virtualization Format) でパッケージ化された仮想マシンをインポートおよびエクスポートし、業界最高クラスを誇るクラウド インフラストラクチャ構築プラットフォームである VMware vSphere™ に直接アップロードが可能。

更なる一体化

  • Windows 7 のタスクバーから仮想化アプリケーションを直接起動できるため、仮想マシンとデスクトップのアプリケーションをシームレスに利用可能。
  • 自動アップデート機能により、VMware Workstation のアップデートを自動で確認、ダウンロード、およびインストールが可能。

実行可能なOSを追加

  • VMware Workstation 7.1 は 600 を超えるOSの実行をサポートし、Ubuntu 8.04.4、Ubuntu 10.04、 OpenSUSE 11 .2、Red Hat Enterprise Linux 5.5、Fedora 12、Debian 5.0.4、Mandriva 2009.1 といった最新の Linux OSのサポートも追加。

VMware, Inc パーソナルデスクトップ製品担当ディレクタ Pat Leeからのコメント:
「VMware Workstationは、技術者がWindows 7について迅速に学ぶことが出来るようサポートすると同時に、アプリケーションの互換性の確認や企業のイメージのテストなど全てを技術者各々のPCにおい て実行可能にします。VMware Workstation 7.1の卓越したパフォーマンスや統合性は、技術者がPC環境を変更することなく、Windows 7 、Microsoft Office 2010、SharePoint 2010のような新しいプラットフォームやテクノロジを簡単に学習、テスト、デモすることを可能にしています。」

■ VMware Workstation 7.1 に関する詳細はこちらへ (英語サイト)

www.vmware.com/workstation

■VMware Workstation 7 のご購入について

市場予想価格 23,000円

*本価格はサポートおよびサポートサブスクリプションは含まれません。

■ご購入については弊社国内パートナにお問い合わせください

http://www.vmware.com/jp/partners

■VMware Workstation の旧バージョンからアップグレードを希望するお客様は、12,000円(市場予想価格)で入手が可能です。

*本リリースの原文およびコメントは下記URLよりご覧下さい。 http://www.vmware.com/company/news/releases/wkstn7-1-ga.html

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームで あるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献 を行いながら実現することができます。2009 年度に20 億ドルの売上、17万社を超えるお客様、および2 万5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付 けられている企業です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

VMware、VMware ロゴ、VMware vSphereはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。