プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、仮想デスクトップからユニバーサル クライアントへと進化させるvClientイニシアティブを発表

ヴイエムウェア、仮想デスクトップからユニバーサル クライアントへと進化させるvClientイニシアティブを発表

VMware View製品群 - どこにいても同じデスクトップを使用可能に

*本内容は、2008年9月16日(米国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年9月16日 (米国時間)米ネバダ州発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、ユーザー視点に立ったクライアント環境の構築を目指すvClientを発表し、仮想化市場のリーダーとしての地位を強化しました。vClientは、ユーザーがどこにいても、どのデバイスからでも、リッチかつパーソナライズされたデスクトップ環境を得られるだけでなく、安全で費用対効率に優れ、操作が簡単なデスクトップ環境をユニバーサル クライアントとして提供するものです。
その第一弾として提供を開始するVMware Viewは、VMware Virtual Desktop Infrastructure (VDI)ソリューションを強化し、ラップトップやデスクトップで実行されるクライアントの仮想デスクトップとサーバにホスティングされた仮想デスクトップをカバーする製品群です。
VMware Viewにより、ユーザーは、常にパーソナライズされた環境でアプリケーションやデータを利用できるようになります。この環境を「myview」と呼びますが、これは使うデバイスや場所にかかわらず利用することができるものです。VMware Viewの活用により、企業はデスクトップやアプリケーションの管理における柔軟性と信頼性、効率、セキュリティの向上を図ることができます。

vClientイニシアティブにはこのほか、2009年に提供予定としてVMworldで紹介された各種のデスクトップ仮想化テクノロジーがあります。クライアント仮想化、VMware View Composerとして提供されるイメージ管理機能、オフライン デスクトップなどで、これらの新技術はVMware Viewの中核コンポーネントとして、デスクトップやアプリケーション、ユーザー プロファイルを安全で管理がしやすく、かつ、完全に移動可能とする役割を果たします。ユニバーサル クライアントを提供するというヴイエムウェアのビジョンと仮想化のメリットをデータセンタからデスクトップに拡大することの価値に対し、Fujitsu Siemens ComputersやHP、NECなどの業界大手企業が支持を表明しています。

ヴイエムウェアの社長兼CEOであるポール マリッツ(Paul Maritz)は、次のように述べています。
「未来のデスクトップは、ノートPCやシンクライアントなどの単一のデバイスを指すものではなくなり、どこからでもリッチかつパーソナライズされたデスクトップ利用環境が得られるものをデスクトップとするようになります。ユーザーは、どこからでも使えるデスクトップの要求が高まり、IT部門はそのような環境をより安全で費用対効果が高く、かつ簡単に管理したいと考えます。両者に対する回答として、我々が用意したのがvClientイニシアティブです。VMware Viewの製品ポートフォリオにより、双方の要望を満足することができます。ユーザーは、各自のデスクトップがリモートのデータセンタ内でまたは、さまざまなローカルのデバイス上で実行される事を認識することができるようになり、また同時に、IT管理者は、今よりも格段に向上した柔軟性と拡張性により、数多くのデスクトップに対して一元的に管理、アップデートできるようになります。」

シンプルなデスクトップ管理を実現
VMware View製品はOSやアプリケーション、ユーザー データをカプセル化し、独立したレイヤーとして分離するため、要素ごとに変更やアップデート、展開が可能になり、ビジネスの機敏性が高まるとともに管理がしやすくなります。以下のようなテクノロジーも、シンプルなデスクトップ管理を支援します。

  • クライアント仮想化:ノートPCやデスクトップ コンピュータで実行すると費用対効果が高い形でユーザー デバイスをしっかりと管理できる堅固なレイヤが構築されるとともに、PCと同等のエンド ユーザーの操作性が得られるようになります。クライアントの仮想化を行うと、さまざまなデスクトップやノートPCで使用しているアプリケーションやOS イメージを集中管理し、展開、アップデートできるようになります。
  • VMware View Composer:先進のデスクトップ イメージ管理ソリューションは、ストレージ容量を最大で90パーセント削減するとともに、デスクトップのプロビジョニングに要する時間を数時間から数分まで短縮することができます。また、ユーザーごとのデータや設定を保存したうえで、デスクトップ ユーザーにとってはシームレスに、IT管理者にとっては効率的にアップデートやパッチの適用を可能にします。ITスタッフは、数千台ものデスクトップすべてを最新システムに保ちつつ、合理的に管理することができるようになります。
  • オフライン デスクトップ:サーバにホスティングされたデスクトップへ、オフライン状態でユーザーがアクセスできる、画期的な仮想デスクトップ環境を提供します。オフライン デスクトップ機能により、ユーザーはオフライン状態でも最適な環境を得ることが可能になり、同時に、IT管理者はローカル・一元管理に関わらず同じフレームワークで管理することが可能になるため、運用業務を簡略化します。

Enterprise Strategy GroupのアナリストであるMark Bowker氏は次のように述べています。
「本日発表されたユニバーサル クライアント ソリューションであるVMware Viewにより、ヴイエムウェアは、分散したユーザーの集中管理ができるクライアント仮想化という概念を追加し、デスクトップ仮想化におけるリーダーとして、さらなる一歩を踏みだしたと言えます。クライアントとサーバを組み合わせたデスクトップ仮想化ソリューションを一つのプラットフォームとして提供するヴイエムウェアは、この新しいカテゴリーにおけるリーダーです。VMware View Composerやオフライン デスクトップなどの新しい製品と機能を組み合わせることにより、デスクトップやアプリケーションの管理をシンプルなものとし、ユーザーが最小限のコストで最高の使い勝手を実現できるユニバーサルクライアントの提供を表明しました。」

数々の受賞歴を誇るヴイエムウェアのデスクトップ仮想化インフラストラクチャは、市場においてその魅力を認められるとともに、数多くのお客様が数千台ものVMware virtual desktops(VDI)を採用するなど、大規模展開において大きなメリットを実現しています。ヴイエムウェアが新しく発表したvClientイニシアティブは、使いやすさ、信頼性、柔軟性、そしてセキュリティをさらに高めることができます。
ヴイエムウェアではまた、数多くのエコシステム・パートナーと協力し、クライアント仮想化ソリューションの推進と拡張を進めています。

Fujitsu Siemens Computers 社の最高技術責任者(CTO)、Joseph Reger博士は、次のように述べています。

「ヴイエムウェアとFujitsu Siemens Computers 、両社の製品を初めて組み合わせて使用されたお客様は、PCユーザーに対するサービス品質を大幅に高めることができる事を示しました。Fujitsu Siemens Computers では、"Dynamic IT for Workplaces"を合い言葉に、VDIとその補完テクノロジー、そして、コンサルティングや設計、導入、運用に関するコンサルティング サービスを統合したソリューション スタックを構築しました。投資回収率を算出するサービスも提供しています。その目的は、早期のプロジェクトに必要な時間とリスクを引き下げ、またスキル不足を補うことで、画期的なヴイエムウェア テクノロジーのメリットを早期に利用できるようサポートしたいということです。」

HP社のデスクトップ ソリューションズ オーガニゼーション担当バイスプレジデント、Roberto Moctezuma氏は、次のように述べています。

「実践的なテクノロジーであった仮想化は、ビジョンを達成するための重要な戦略になりつつあり、仮想化を活用してコストとリスクの削減を行うお客様が増えています。HPは従来、ヴイエムウェアとの協業を通じて、当社製品群に関連するさまざまな製品やサービスを開発し、お客様がヴイエムウェアによる仮想化から、できるだけ大きな価値を引き出し、また、さらに速いスピードで成長できるよう支援しています。」

NECアメリカ社のデパートメンタル サーバーズ担当バイスプレジデント、Marc Hafner氏は、次のように述べています。

「シンクライアント コンピューティングは、データのセキュリティを高め、ITや環境関連の支出抑制を約束します。NECでは、Virtual PC Centerの一部としてVMware Viewをサポートしています。これは現在のPCを完全に代替することができるソリューションとして、今まで存在していた障害をなくしてくれるものです。」
vClientの詳細は、 www.vmware.com/go/vclient(英語版)をご参照ください。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および1万8千社近いパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。