プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

シスコとNetApp、ダイナミック・データセンター向けにVMwareを活用したエンドツーエンドのFCoEソリューションを発表

シスコとNetApp、ダイナミック・データセンター向けにVMwareを活用したエンドツーエンドのFCoEソリューションを発表

長期的協業の成果として、業界初のエンドツーエンドFCoEをVMwareの仮想環境向けに提供

本リリースは、米国Cisco、NetApp, Inc.、VMware, Inc.より7月28日に発表されたリリースの抄訳です。

2010年8月3日

シスコシステムズ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)、NetApp(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、NASDAQ: NTAP、以下ネットアップ)、VMware, Inc.(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、NYSE: VMW、以下VMware)は、現在3社が進めている協業の一環として、VMwareを使用した仮想環境向けに業界で初めて認定されたエンドツーエンドの Fibre Channel over Ethernet(FCoE)ソリューションを発表しました。このソリューションは、3社のテクノロジーを組み合わせてエンドツーエンドのFCoEに対応し、必要なデバイスとケーブルの数を削減してデータセンターの統合、仮想化、自動化を促進するものです。基盤となるシスコのデータセンタースイッチとネットアップストレージのFCoEソリューションはVMwareの仮想環境に対応するソリューションとしてVMwareの認定を受けました。今回の発表は、 FCoEプロトコルの発展にとってきわめて大きなマイルストーンであり、より多くのお客様のダイナミック・データセンターを効率化し、クラウド・コンピューティングを目指した取り組みを支援するものとなります。

シスコ、ネットアップ、VMware®は、データセンターの統合、仮想化、自動化を組み合わせて、FCoE initiator(Converged Network Adaptorなど)とFCoE storage targetの両方を含むエンドツーエンドの認定FCoEソリューションを提供できる、現在唯一のネットワーキング、ストレージ、および仮想化ベンダーです。VMwareは、Cisco Nexus® 5000シリーズ・スイッチとNetApp FASシリーズ・ユニファイドストレージが、VMware vSphere™を実行する仮想環境でFCoEプロトコルをサポートすることを認定しました。このソリューションはVMwareハードウェア認定プログラムのテストを完了し、現在は3社が提供するサポートとともに『VMwareハードウェア互換性ガイド』に記載されています。

ハイライト:
仮想環境におけるFibre Channel over Ethernet

  • FCoEがもたらす削減効果: FCoEは、ファイバーチャネル・ネットワーキングとストレージにおける次世代の発展を象徴するものであり、ユニファイド・データセンター・ファブリックを提供する場合の重要なプロトコルです。ダイナミック・データセンターで必要となるアダプター、ケーブル、ネットワーク・インフラストラクチャ・デバイスの数を減らして、多大な削減効果をもたらします。
  • FCoEによる効率化: FCoEは、スペース、冷却、消費電力のコストも削減してデータセンターネットワークの使用率を向上させるため、お客様はより大幅な効率化を達成できます。
  • 仮想環境におけるFCoE: 今回、FCoEが仮想環境に対応すると認定されたことは、ロスレス10ギガビット(Gb)イーサネットが統合されたデータセンター基盤の基本的なビルディングブロックとして採用されている理由を裏付けるものです。この仮想環境向けのエンドツーエンド・ソリューションでは、単一の統合ネットワーク上で FCoE、ネットワーク接続型ストレージ(NAS)、およびiSCSIをロスレス10 Gbイーサネットでサポートすることにより、データセンター基盤を統合して、設備投資と運用コストの大幅な削減、管理の効率化、インフラの即応性と性能向上を支援します。

シスコ、ネットアップ、VMwareの協業

  • 協業の拡大: 本年1月に、シスコ、ネットアップ、VMwareの3社は、お客様の仮想データセンターをさらに効率的でダイナミック、かつセキュアなものへと進化させるために、長期的な協業をさらに拡大することを発表しました。
  • アーキテクチャとソリューションの共同設計: 3社は最高水準のソリューションを共同でテストを行って市場に提供するための技術革新を続けており、すでにFCoE、長距離のアプリケーション・モビリティ、セキュア・マルチテナンシー向けに複数のデザインアーキテクチャとエンドツーエンド・ソリューションを公開しています。現在、70以上のチャネルパートナー、システムインテグレーター、サービスプロバイダーと30以上の組織がセキュア マルチテナント デザイン アーキテクチャを採用し、運用の効率化とビジネス成長を可能にする仮想データセンターの構築に取り組んでいます。
  • パートナーとのオープンな連携でデザインアーキテクチャを開発: ダイナミック・データセンターへ移行する企業の増加にともない、3社はソリューションプロバイダー・パートナー、システムインテグレーター、サービスプロバイダーとの協業を続け、仮想ダイナミック・データセンターとクラウドコンピューティングの実現を目指すお客様の取り組みを支援しています。

以上

■ シスコシステムズについて
シスコ(NASDAQ: CSCO)は、ネットワークの世界的なリーダーとして、人々がつながる形態、コミュニケーションやコラボレーションの形態に変革をもたらしてきました。技術革新、優れた企業経営、企業としての社会的貢献を積み重ね、今年は創立25周年を迎えます。シスコの詳細については http://www.cisco.com を、最新のニュースについては http://newsroom.cisco.com をご覧ください。

■ ネットアップについて
ネットアップは、優れたコスト削減を実現し企業競争力を高める、ストレージとデータ管理ソリューションを提供しています。詳細に関しては、 www.netapp.com/jpをご覧ください。

■ VMwareについて
VMware (本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現することができます。2009 年度に20 億ドルの売上、19万社を超えるお客様、および2 万5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付けられている企業です。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧下さい。

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です
**当資料は、2010 年7月28 日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
http://www.netapp.com/us/company/news/news-rel-20100728.html