プレス リリースこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、従業員のデジタル体験を包括的に支援するソリューションを提供、データ主導のインサイトを利用し、従業員体験の向上と大幅なコスト削減に取り組むIT部門を支援

DEEMとITSM Connector for ServiceNowの新機能の強化で
さらに進化したVMwareのデジタル体験ソリューションにより
IT部門の業務効率性と俊敏性を向上

【2023年6月13日(日本時間)東京発】
ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山中 直)は本日、従業員のデジタル体験(DEX)を包括的に支援するソリューションの強化として4つの機能拡張を発表しました。今回発表の機能拡張は、サードパーティが管理するデバイス向けのDEX、DEX for VMware Horizon、そしてAIベースのガイド付き根本原因分析(RCA)の一般提供、そしてWorkspace ONE ITSM Connector for ServiceNowにおける利用可能な改善アクションのサポートの拡張計画です。VMwareは、これら機能拡張の併用の促進を通じて、総合的なDEXソリューションを唯一、提供できる企業としての取り組みを加速させると同時に、生産性の向上と迅速な問題解決を支援し、従業員エンゲージメントの向上を実現します。従業員向けのDEXテクノロジーは、優れた従業員体験を実現するツールとしてだけでなく、IT部門の業務効率向上やコスト削減の可視化にも不可欠です。しかし、現在のDEXソリューションは断片化されているため、ワークプレイス体験を数値的に評価、分析、提供、改善するには複数のテクノロジー プラットフォームやベンダーの支援が必要とされます。

スケーラブルなプラットフォームで多様なユースケースをサポート
進化したVMwareのDEXソリューションは、物理/仮想、VMwareによる管理またはサードパーティによる管理かを問わず、すべてのエンドポイントでの従業員体験の測定を一元化します。VMwareは、サードパーティ ソリューションが管理するWindowsデバイス向けにDigital Employee Experience Management(DEEM)ソリューションの一般提供を発表しました。今回のアップデートにより、Intelligent Hub、DEEM、Assistを含むVMwareのDEX製品全体をサードパーティ管理下のデバイスでも利用できます。すでに他の管理ソリューションで標準化されている場合でも、DEEM機能の利用により、DEXソリューションのデプロイや拡張をより柔軟に実施できます。

さらに、測定対象を仮想アプリやデスクトップにも拡大できる顧客向けに、VMware HorizonにもDEEMを一般提供すると発表しました。これにより、Horizonの仮想アプリやデスクトップを使用したエンドユーザー体験を測定/分析し、ネットワークのパフォーマンス、ログオン時間、仮想マシン(VM)のパフォーマンスを統合的に管理できます。Horizonの体験スコアに変化が生じると、自動でプロアクティブにIT部門に通知されるため、Horizonプラットフォームを使用している従業員の生産性に影響を与える問題をより効率的に解決できるようになります。

包括的なDEXアプローチで多くの問題の修正と「シフトレフト」を実施
シームレスな従業員体験の実現には、従業員体験の提供と問題解決のコントロールの両立が不可欠です。VMwareは現在、IT部門がシフトレフト方式でクローズド ループ型のサイクルを可能にする唯一の包括的ソリューションを提供し、包括的な体験データを活用したプロアクティブな問題解決、従業員体験の継続的な改善をサポートしています。またVMware Workspace ONEの統合エンドポイント管理機能の活用により、現在市場にあるソリューションの中でも最も多くの修復機能を利用できます。

従業員体験に障害が発生した場合、まずサービスデスク部門が従業員のサポートにあたります。IT部門がWorkspace ONEを通じて把握できる同一の従業員体験データが、VMwareのITSM Connectorを介してServiceNowに拡張されるため、サービスデスク部門は問題のトラブルシューティングと解決をより効率的に行うことができます。VMwareは本日、ITSM Connectorのさらなる拡張機能として、体験スコアリング、統合エンドポイント管理アクションの拡張セット、IT部門がVMware Freestyle Orchestratorで作成したワークフローを始動する機能などを発表しました。サービスデスク部門での体験スコアの活用により、従業員に影響を与える可能性のある潜在的な問題が悪化したり、ワークフローを止める前にプロアクティブに解決できます。これらの改善アクションとワークフローの拡充により、各問題のトラブルシューティングと解決時間の継続的な短縮が実現します。

データ主導型の従業員体験管理による具体的なROIの達成
IT部門は、より少ないリソースでより多くを管理することが求められています。VMwareのDEXソリューションは、インサイト、ガイド付き根本原因分析(RCA)、そして自動化機能を通じてIT部門をサポートすることで、プロアクティブなアプローチを可能にします。IT部門はAIベースのインサイトの活用により、統計的な機械学習モデルを用いて従業員体験に生じた異変を自動的に検出・スコア化でき、従業員の生産性低下につながる問題を即座に可視化できます。今回一般提供が開始されたガイド付きRCAは、AIを使用して根本原因である可能性が高い異変をその信頼度スコアとともに特定します。これにより、問題発生源の特定に要する時間や労力を削減できます。また、統合的な自動化されたワークフローにより、適切な修正アクションとともに、問題解決と従業員へのプロアクティブな通知を実行できます。一例として、モバイルPCの障害が頻発していた企業では、ガイド付きRCAを使用して根本原因を特定できました。アプリ チームと連携して迅速な問題解決を図ることで、トラブルシューティングの生産性を低下させていた数百時間の工数も削減できました。

VMware, Inc. エンドユーザー コンピューティング部門 上級副社長兼ゼネラルマネージャ、シャンカー・アイヤー(Shankar Iyer)コメント:
「業界を問わず多くの企業が、ハイブリッドワークによって生じた新たな課題に対応するため、ITインシデントの増加や社員の離職率の上昇に頭を悩ませています。このような課題を克服するには、IT部門による迅速な問題解決と、将来的な問題発生を抑制する適切なツールを提供するテクノロジーをいち早く取り入れなくてはなりません。VMwareは、包括的なDEXソリューションを通じてデータ主導のインサイトを自動で取得し、業務効率を向上させながら優れた従業員体験を実現するIT部門を支援します」

VMware, Inc. IT部門 Colleague Experience and Technology担当副社長 パム・コッカ(Pam Cocca)」コメント:
「VMwareのIT部門はDEXを利用して、ITのアプローチをよりプロアクティブかつデータ主導型の手法へとシフトしてきました。これにより問題をより迅速/大規模な解決に導く工数を削減できただけでなく、IT部門に対する社内からの信頼性も向上しましたす。IT部門はDEEMによるインサイトとプロアクティブなサポートを活用し、過去6ヵ月間で問題解決までの平均修復時間(MTTR)を平均35%短縮しました*1。ITスタッフの貴重な時間を無駄にすることなく、従業員の生産性に関わる問題解決を迅速化できています」

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

出典:
*1 VMware IT Internal Testing, November 2022 - April 2023


VMware、VMware Assist、Horizon、Intelligent Hub、Freestyle Orchestrator、Workspace ONEは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。この文書には、ヴイエムウェア以外のウェブサイトへのハイパーリンクが含まれている場合がありますが、これらはそのウェブサイトのコンテンツに責任を負う第三者により作成、ならびに維持されています。