プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、データ センタのキャパシティ分析と将来予測を可能にする新製品を発表

ヴイエムウェア、データ センタのキャパシティ分析と将来予測を可能にする新製品を発表

インフラのキャパシティを常に管理および計画することで、高い効率を実現

【2009 年 10 月20 日 東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は、VMware製品で仮想化されたデータセンタ環境に対して包括的なキャパシティ管理を可能にするソリューション「VMware vCenter CapacityIQ 」をVMware vCenter 製品ファミリの新製品として販売開始したことを発表しました。VMware CapacityIQ は IT 管理者が必要とするキャパシティ情報を可視化するとともに、動的な仮想環境におけるインフラの最適化を可能にします。本ソリューションは、リソースの未使用率/使用率情報の提供、必要容量の予測、将来的な必要容量の見通し分析など、過去、現在、および将来のインフラのキャパシティに関する必要情報を提供する業界初の製品です。お客様はVMware vCenter CapacityIQ を使用し、インフラの浪費解消、運用時のオーバーヘッド削減、停止、故障、災害などによるシステム障害といった業務上のリスクを最小化できます。

お客様は、VMware vCenter CapacityIQ を使用することで、複数のリソースのプロアクティブな監視、変化による影響の分析、消費パターンに基づいた将来的なリソースニーズの予測などが可能です。また、VMware vCenter CapacityIQ は、サーバ アプリケーションや仮想デスクトップへの対応など、費用対効果に優れた仮想インフラの増強を考えるお客様に次のような効果があります。

  • 未使用リソースを再利用してコストを削減:CapacityIQ はリソースの使用パターンをプロアクティブに分析し、過度にプロビジョニングされている仮想マシンのリストを自動的に生成します。この情報に基づき、仮想インフラの管理者はリソースを追加購入するのではなく、未使用のリソースを再利用できます。
  • 必要となるキャパシティ変化の影響をモデル化してリスクを軽減:CapacityIQ は、システム容量または新規アプリケーションの追加といった計画的な変更や、予期せぬ停止、故障、または災害によるシステム障害などの影響をプロアクティブにモデル化することで、潜在的な業務やサービスの停止を回避できるようにします。
  • 適時に適切なキャパシティ予測情報を提供:CapacityIQ は、動的な VMware 仮想環境の状態を把握し、それらの情報から将来的なリソースニーズを予測できるようにします。この結果、お客様は、必要なサービス レベルが達成可能なキャパシティを常に維持することができます。

VMware Inc. サーバ ビジネス ユニット プロダクト マーケティング担当副社長
ボゴミル・バルカンスキー (Bogomil Balkansky)氏のコメント:
「すべてのリソースが共有される仮想環境では、お客様はリソースを適切に割り当てることで、パフォーマンス最適化と ROI 向上が可能になります。VMware vCenter CapacityIQ は、お客様が自身の仮想化環境を完全に分析できる最初の製品です。ボトルネック及び浪費されているリソースを突き止めて現在および将来のキャパシティニーズを戦略的にプランニングすることで、常に変化する業務部門の多様な要求に対応できるようサポートします」

Solutions architect, R.R. Donnelly、ソリューションアーキテクト
マイク ラスコウスキー(Mike Laskowski)氏のコメント:
「リソースが共有されている仮想化環境では、リソースが適切に配分された場合にのみ最適なパフォーマンスを実現します。VMware vCenter CapacityIQを利用することにより、仮想マシンが過剰または不十分に割り当てされていないかを判別し、無駄とパフォーマンスリスクの軽減をサポートします。CapacityIQの"what if analysis(状況を仮定した分析)"およびレポート機能は、最適なレベルのリソース設計とそのための継続的プランと、最適なROIを可能にします。」

■VMware vCenter CapacityIQ の詳細について http://www.vmware.com/jp/products/vcenter-capacityiq/

■価格およびご購入について
市場予想価格 1CPU当たり124,000円
*本価格はサポートおよびサポートサブスクリプションは含まれません

ご購入については弊社国内パートナにお問い合わせください
http://www.vmware.com/jp/partners

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現することができます。2008 年度に19 億ドルの売上、15万社を超えるお客様、および2 万2 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付けられている企業です。
ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jpにてご覧いただけます。

VMware、VMware ロゴ、VMware vSphere、VMware vCenter、VMware View はVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。

将来予想に関する記述
本プレス リリースには、過去または現在の事実に関するもの以外に、将来予想に関する記述 (forward-looking statement) が含まれており、1995 年米国私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) の 「セーフハーバ」 条項 (the safe harbor provisions) に準拠しています。これらの将来予想に関する記述は、革新的な新製品の継続的な開発および提供、ならびに仮想化技術のお客様への導入および展開に関連しますが、これらに限定されるものではありません。実際の結果は、特定のリスク要因により、将来予想に関する記述で予想された結果と大きく異なる場合があります。リスク要因には、(i) お客様と企業が金融の逼迫と否定的な金融ニュースを受けて購入を延期し、製品の需要に負の影響を与えることによる、現在の世界的な経済状況の不確実要素が及ぼす経済全体へのリスク、(ii) 新しい製品およびコンピューティング プラットフォームを統合し、それに移行するエンド ユーザの能力、(iii) 製品開発スケジュールの変化、が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの将来予想に関する記述は、現時点での予想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 2009 年 6月 30日までの報告書 Form 10-Q を含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があります。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。