プレス リリースこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、VMware Cloud™の新しいサービスと機能を提供し、マルチクラウド企業が取り組むモダナイゼーション、最適化、セキュリティ強化を支援

クラウドの柔軟性、セキュリティと耐障害性の強化、
開発者が取り組むイノベーションの迅速化を支援

【2023年8月23日(日本時間)東京発】
ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山中 直)は、顧客企業のモダナイゼーション、最適化、セキュリティ強化の支援に向け、VMware Cloud™の新しいエディションと機能を発表しました。VMware Cloudの利用により、イノベーションの迅速化、運用の効率化、防御の強化、ランサムウェア攻撃からの迅速なリカバリを実現できます。

VMware Cloudであらゆるクラウド化を柔軟にサポート
VMware Cloudは、VMware Cloud Foundation™ソフトウェアとVMware Cloud Servicesで構成されます。VMware Cloud Foundationは、VMwareのオンプレミス ソフトウェア製品とパブリッククラウド ソフトウェア製品の優れたイノベーションを組み合わせた統合スタックで、オンプレミスからハイパースケーラーのクラウド、パートナーが提供するクラウドまで一貫性のある環境を実現します。VMware Cloud Servicesは、クラウド環境/オンプレミス環境を問わずVMware Cloud Foundation環境の導入と運用を簡素化します。顧客企業は、VMware Cloud Servicesを利用して高度なデータ保護、クラウドベースのディザスタ リカバリおよびランサムウェア攻撃からの復旧、マルチクラウド ネットワーク/セキュリティ対策を実現し、エンタープライズ ワークロードをセキュアかつ大規模に実行できます。開発者向けの高度なサービス、組み込みのKubernetes、そして主要ハイパースケーラーが提供する数百のネイティブ クラウド サービスに対して最適化されたアクセスにより、実践的なアプローチでアプリのモダナイゼーションを行えます。

VMware Cloudでは、5つのVMware Cloudエディション(Essentials、Standard、Pro、Advanced、Enterprise)が用意され、クラウド変革の各段階に合わせてインフラと管理を柔軟にモダナイゼーションできるようにします。また、次の3種類の方法でVMware Cloud環境をデプロイ、管理できます。

  • 顧客企業による管理:VMware Cloudの各エディションは、インフラ環境の完全な制御と共に、顧客所有のデータセンター、あるいはコロケーションパートナーを選択して顧客によってデプロイできます。
  • VMwareによる管理:VMware Cloud on AWSは、VMwareが管理するクラウドサービスとして、ハードウェアとソフトウェアが完全に統合されています。また、VMware Cloud on Equinix Metalは、顧客企業がソフトウェアとハードウェアをサービスとして個別に購入することを可能にすることで、最大限の柔軟性を提供する分散型のクラウドサービスです。
  • プロバイダによる管理:新しいVMware Cross-Cloudマネージドサービスは、IBM Cloudなどのパートナーが提供するVMware Cloudのエディションをベースとしています。顧客企業は、このサービスの利用により、オンプレミス環境の総所有コスト(TCO)の削減、運用の簡素化、オブザーバビリティ(可観測性)の活用によるリスクの軽減、実用的なインサイトの獲得、パフォーマンスの最適化、そしてクラウド移行の高速化を実現できます。

NSX+:VMware Cloudに最適な新しいマルチクラウド ネットワーキング、セキュリティ、開発者サービス
VMwareは2022年、データセンター SDNで70%のシェアを獲得しました*1。また、VMware NSXによるサービスの自動化とハードウェア管理の削減を通じて運用コストを60%以上削減、さらに導入時から導入後までの運用にかかるコストを66%削減できることも明らかになりました*2。本日発表されたVMware NSX+は、NSXのマルチクラウド環境向けの新しいクラウド管理型サービス(旧Project NorthStar)として、VMware Cloud向けのコアネットワーキングおよびセキュリティ機能を進化させるものです。

VMware NSX+は、チケットのほか、カスタム セキュリティやロードバランシング用のハードウェア アプライアンスの不要化に加え、ゼロトラストも単一のクラウド運用モデルとして実現し、VMwareベースのクラウド環境全体のネットワーキングとセキュリティを標準化します。NSX+ は、一貫したネットワークとセキュリティの運用、一元化されたセキュリティ ポリシーの策定と適用、包括的なネットワークとアプリケーションの可視化、および NDR(Network Detection and Response)による多層防御を「as a Service」として提供します。NSX+の機能はSaaSとして提供されるため、インストール プロセスが簡素化され、単一のクラウド コンソールで集中管理できます。

VMwareはまた、NSX+ 仮想プライベートクラウド(VPC)も発表しました。NSX+ VPCは、世界規模の単一のNSXインターフェイスで管理されている共有のVMwareクラウド インフラ上の複数のテナントにおけるネットワーク、セキュリティ、サービスの完全な分離を提供します。開発者チームとアプリチームは、実行するアプリに最適なクラウドを選択できるほか、複数のクラウドにわたりNSX+ VPCがもたらすセルフサービスと俊敏性のメリットを享受できます。またインフラチームは監視制御の維持、VPCごとの運用ガードレールの設定、そして他のテナントに影響を与えないVPC環境内での変更を行えます。さらにNSX+ VPCの利用により、インフラチームがすべてのクラウドで一貫した運用モデルを使用できるため、IT部門の生産性も向上します。

VMware Cloudでストレージの拡張性と効率性を高め、TCOを削減
多くの企業は、高度な分析や人工知能(AI)のワークロードを利用してカスタマー インサイトの獲得、プロセスの最適化、そして収益の拡大を推進しています。このようなAIワークロードの処理には大量のデータセットが必要で、その規模は急拡大する可能性があります。このため、ストレージ ソリューションには、高いパフォーマンスと耐障害性を低い総所有コスト(TCO)で実現させるだけでなく、ペタバイト単位で容量を柔軟に増大できる拡張性も求められています。VMwareが本日発表したVMware vSAN™ Maxは、ペタバイト規模の分離型ストレージを提供するVMware vSANファミリーでの新製品で、VMware Cloud向けに拡張性、効率性、コスト効率に一層、優れたストレージを提供します。今回の発表により、VMwareのストレージ ソリューションは、従来型のストレージソリューションと比較して、比類なき柔軟性を提供すると共に、今日実行される最も要求度の高いアプリにも対応するパフォーマンス、容量、耐障害性を備えながら、TCOを低減します。VMware vSAN Maxでは、コンピュートから独立してストレージを柔軟に拡張でき、クラスタあたり最大8.6ペタバイトの容量、最大360万IOPSまで利用率を最大化できます。また、サイト、ホスト、さらにはストレッチクラスタ トポロジー内の個別ストレージ デバイスまで網羅する耐障害性の設計が施されています。VMware vSAN MaxはVMware vSAN Express Storage Architecture上に構築されているため、個別のデバイスの障害からの回復が最大92%高速化できます*3。さらに、ハードウェアとライセンスの統合により、ミッションクリティカル データベースのTCOを最大30%削減できます*4。VMware vSAN Maxは、既存のVMware vSANエディションとは別のライセンスが適用され、テラバイト単位のサブスクリプションとしてVMwareの2024年度下期に提供される予定です。

VMware Cloudでランサムウェア攻撃からの迅速な復旧を実現
今日のランサムウェア攻撃の多くにはファイルレス手法が用いられているため、アイドル状態のバックアップをスキャンしても攻撃を検知できず、企業の大きな脅威となっています。VMware Ransomware Recoveryは、VMware Cloudのサービスとして利用でき、クラウドベースの隔離されたリカバリ環境(IRE)内で電源がオンされた仮想マシンの振る舞いを分析し、ファイルレス攻撃からリカバリできるように設計されています。VMware Ransomware Recoveryにより、計画外のダウンタイムを最大75%短縮できることが明らかになっています*5。ダウンタイムをさらに短縮するため、VMware Ransomware Recoveryに同時に複数の仮想マシンをリカバリできるオペレーションが追加されたほか(本日、提供開始)、顧客企業はフォレンジックを完了し、オンプレミスのデータセンターが強化されるまでの間でも本番ワークロードのクラウドでの実行を可能にする予定です(VMwareの2024年度第3四半期に提供開始予定)。さらに、VMwareは、リカバリのワークフローをVMware vSANのネイティブ スナップショットと統合し、データ転送を最適化するサイバーセキュア ストレージのテクノロジー プレビューを公開しました。VMware Ransomware RecoveryではVMware Cloudサービスのサポートも拡大しており、Google Cloud VMware Engineのワークロードの保護も含まれました(本日、提供開始)。

VMware Cloudの運用効率向上
VMware Cloudが提供する主要なイノベーションの一環として、VMwareはVMware vSphere+における新たなクラウドベースのVMware ESXi™ライフサイクル管理サービスの早期リリース(Early Availability)を発表しました。これによりIT管理者は、分散された複数のVMware vCenter®環境内にあるVMware ESXiフリート全体のアップグレードを一元的に管理できます。また、サイロ化が解消されるほか、大規模環境の場合、従来、数百回から数千回を要していた操作をわずか数回の操作で完了できるため、大幅な時間短縮やアップグレードの計画とデプロイの簡素化が実現することで、顧客企業は最新バージョンへの移行とVMware Cloudの強力な新機能のメリットの享受が容易になります。近々リリース予定のVMware vSphere®の追加アップデートとしては、より複雑なAI/MLワークロードに対応させるために仮想マシン1台あたりのGPU容量を2倍に増やすことで、GPUへの投資から最大のパフォーマンスを引き出すスマートなロードバランシングが実現します。また、セルフサービス ツールの強化によって、DevOpsエンジニアや開発者はより簡単にモダン アプリを構築/実行できます。

VMware, Inc. クラウドインフラ ビジネスグループ 上級副社長兼ゼネラルマネージャ クリシュ・プラサード(Krish Prasad)コメント:
「VMware Cloudは、ビジネスのモダナイゼーション、最適化、セキュリティ強化を支援する新たなベンチマークを確立しています。進化した最新のVMware Cloudを通じて、クラウド インフラをさらにモダナイゼーションさせるとともに、単一のクラウド運用モデルを提供し、開発者の生産性の向上と、セキュリティの強化を支援します」

VMwareが、デジタル ビジネス向けに提供している迅速、スマートなクラウド化の取り組みの最新ニュースや詳細は、VMware Explore 2023 Las Vegasメディア キット(英文)をご覧ください。 

VMware Cross-Cloud Servicesについて
VMware Cross-Cloud Servicesはマルチクラウドサービスのポートフォリオです。アプリの開発、運用、アクセス、保護に関する統合されたシンプルな手段を提供し、あらゆるクラウド上のあらゆるアプリをあらゆるデバイスから利用できるようにします。ポートフォリオの主要な要素には次が含まれます。1)アプリ プラットフォーム:クラウドネイティブ アプリの一貫した開発およびデプロイ、2)クラウド管理機能:パフォーマンスとコストを一元的に可視化し、ガバナンスを確保しながらアプリとインフラを運用、3)クラウドとエッジのインフラ:エンタープライズ アプリを一貫性のある運用モデルで実行、4)組み込みの分散サービスとしてのセキュリティとネットワーク:ユーザー、アプリ、デバイス、ワークロードの全体に対応、5)Anywhere Workspace:あらゆるデバイスからあらゆるアプリにセキュアにアクセス

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

*1: IDC Worldwide Network Infrastructure Tracker、2023年第1四半期リリース
*2: ROIとバリューモデリングのためのVMwareのツール、DICEによる推計。このツールには5,000社以上の顧客企業から取得した実際の詳細なデータが含まれる(2022年6月)
*3: 第1四半期のVMware Executive Pulse調査(2022年12月~2023年1月)
*4: VMwareの社内分析(2023年8月)
*5: VMwareの社内分析(2023年7月)
*6: IDC、『The Business Value of VMware Cloud Disaster Recovery』、2023年8月、文書番号US51113923

VMware、VMware Cloud、vSAN、NSXは、米国およびその他の地域における VMware, Inc. またはその子会社の登録商標または商標です。VMware は、プレビューまたはベータ版として発表されたサービスが将来提供されることについて、いかなる保証も行いません。この文書の情報は参照用にのみ提供されており、いかなる契約書にも盛り込むことはできません。この文書には、ヴイエムウェア以外のウェブサイトへのハイパーリンクが含まれている場合がありますが、これらはそのウェブサイトのコンテンツに責任を負う第三者により作成、ならびに維持されています。