プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、LGBTQ+に関する取り組み評価指標「PRIDE指標2022」において、最高位「ゴールド」を2年連続で受賞

多様な人材が協働し、最大限に能力を発揮できる職場環境の実現に向けて推進

【 2022年11月11日 (日本時間)東京発】
ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山中 直)は、2022年11月11日、任意団体work with Prideが策定した職場でのLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティ(以下LGBTQ+)に関する取り組み評価指標「PRIDE指標2022」において、最高位の「ゴールド」を2年連続で受賞しました。当指標は、企業・団体等の枠組みを超えてLGBTQ+が働きやすい職場づくりを実現することを目標とし、策定されたものです。Policy(行動宣言)、Representation(当事者コミュニティ)、Inspiration(啓発活動)、Development(人事制度・プログラム)、Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5項目において評価し、総合結果に基づいて「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」の認定が付与されます。

これまでヴイエムウェアでは、多様な人材が協働し最大限に能力を発揮することができる職場環境を実現するため、Diversity, Equity and Inclusionを積極的に推進し、その取り組みの一環として、LGBTQ+などの性的マイノリティの方にとって働きやすい環境づくりを行ってきました。e-learningを通じたLGBTQ+への理解を促進する取り組み、家族(パートナーおよびパートナーの家族も含む)の看護や介護のための有給休暇などの社内制度がその例としてあげられます。
以下、ヴイエムウェアで本年新たに行った主な取り組みについて紹介します。

2022年4月 東京レインボープライド2022への参加
会社オリジナルのTシャツと横断幕を作成し、社内有志でフェスティバルおよびパレードへ参加しました。プライドパレードでは代々木公園から渋谷の街を行進しました。

着用したTシャツと横断幕

2022年6月(PRIDE Month) 社内イベントの開催
ヴイエムウェア従業員のLGBTQ+へのAwarenessを向上するため、ジェンダーレスモデルの井手上漠様を東京オフィスにお招きし、セクシュアル・マイノリティとしてのこれまでの経験や考えをお聞きするインタビュー形式の対談イベントを社内で開催しました。任意参加にも関わらず全社員の3分の1以上が参加し、多様な性のあり方について深く学ぶ機会となりました。

この他にも、 LGBTQ+の支援者であるALLYであることを表明できるステッカーを作成・配布するなど、LGBTQ+について考え、活動する機会を社内外で持ち、意識の向上に努めてきました。

配布しているステッカー

引き続き、ヴイエムウェアでは、従業員に限らず、従業員の家族やお客様、ビジネスパートナー様を含むすべてのLGBTQ+の方の心理的安全性の向上とALLYの増加を目標とし、社内外での取り組みを継続的に行うとともに、より一層多様な人材が、互いを尊重して協働する社内文化を醸成し、革新的なテクノロジの創造・提供につなげます。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

VMwareは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。