プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

東京都立府中工業高等学校、仮想デスクトップを導入し教育実習用インフラ基盤を構築

東京都立府中工業高等学校、仮想デスクトップを導入し教育実習用インフラ基盤を構築

生徒への教育機会を最大限増やすため、15教室300台にVMware Viewを導入し、教室とPCにとらわれない自由なアプリケーション利用を実現

【2010 年 5 月 19 日 東京発】 ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は、東京都立府中工業高等学校(所在地:東京都府中市、校長:石井 末勝、以下 府中工業高校)が「VMware View」を導入し、生徒向け実習室の仮想PC化を実施されたことを発表しました。これにより、生徒は全ての実習室から自由にアプリケーションを利用する ことが可能になり、校内のPCリソースを効率的に活用できる環境を実現しています。

府中工業高校では、一般的な公立高校のIT環境同様、実習室とPC、アプリケーションが結び付き、PCが空いていても、自由にアプリケーションを利 用できない状態になっていました。そこで、PCからアプリケーションを切り離すことで、教室やPCにとらわれずに、必要なPCを必要な時に使える環境を構 築すると共に、同時使用数に合わせた形でアプリケーションを導入、余分なライセンス購入をなくし、さらにPCとアプリケーションの一元管理を図ることにし ました。2010年4月段階で15教室300台の仮想デスクトップが稼働しています。

今回の成果の上に、府中工業高校では同校を拠点として、各工業高校をネットワークで結び、各校で持っているアプリケーションを他校から利用できる PC基盤の構築を提案。アプリケーションが各校所有から共同利用になるため、1校の整備費用で複数の学校が使えるようになり、導入コストを削減することが できます。
このように府中工業高校では、生徒への教育機会を最大限増やすべく「学校間クラウド」の実現に向け、他校とのITリソースの共有化を呼びかけています。

東京都立府中工業高校 校長
石井 末勝氏コメント

「当校では、仮想デスクトップによる PC基盤の構築により、各科の垣根を低くして、アプリケーションを自由に使える環境が実現しました。重要なのは、今ある環境の中で、ひとりでも多くの生徒 が有用なアプリケーションに触れる教育機会を最大限に増やすことです。当校ではシステム構築・運用面で様々なノウハウを蓄積していますので、仮想デスク トップ関連で、困ったことがあれば、ぜひとも相談して欲しいと思います。」

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームで あるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献 を行いながら実現することができます。2009年度に20 億ドルの売上、17万社を超えるお客様、および2 万5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付 けられている企業です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp をご覧下さい。

VMware、VMware ロゴ、VMware vSphere、VMware vCenter、VMware View はVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。