プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、日本の独立系ソフトウェアベンダーとの協力体制を強化

ヴイエムウェア、日本の独立系ソフトウェアベンダーとの協力体制を強化

最新の仮想化技術とマーケティング戦略でパートナー企業のビジネスを幅広く支援

【2007 年2 月26 日 東京】
業界標準システム向けの仮想インフラストラクチャ ソフトウェアにおけるトップベンダーであるヴイエムウェア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三木 泰雄)は、日本の独立系ソフトウェアベンダーを対象に、技術パートナー企業とのコラボレーションを促進するため、米国で推進したTechnology Alliance Partner Program(TAP プログラム)の経験を基にそれをさらに発展させ、共同ソリューションの開発から販売支援までを提供するTAP プログラムを日本国内で開始します。

ヴイエムウェアでは、業界をリードする仮想化ソリューションをベースとし、広範なエコシステム パートナーによってサポートされる包括的なソリューションを提供するにあたり、ソフトウェア、ハードウェア、ストレージの大手ベンダー各社との強力な関係が重要であると考え、TAP プログラムを開始します。TAP プログラムは、パートナー企業向けに仮想化環境での技術支援を行い、共同ソリューションの開発、販売支援を目的として、独立系ソフトウェアベンダーとの戦略的提携プロセスをより体系化したパートナープログラムです。市場による仮想化技術の採用が急速に進み、IT インフラストラクチャに課せられるビジネス要件が多様化する中、これは欠くことのできないアプローチとなります。また、TAP プログラムは専門性や企業規模にかかわらず参加可能なプログラムです。

TAP プログラムにより、パートナー企業は最先端の仮想化に関する技術支援を受け、共同でマーケティングの展開が可能になります。今回は、日本市場の重要性と国内の独立系ソフトウェアベンダー数の多さを反映し、米国本社を除く他地域に先駆けた初めてのローカライズされたTAP プログラムとなります。

ヴイエムウェア社のグローバルパートナーおよびソリューション担当バイスプレジテントのBrian Byun(ブライアン ビュン)は、「このローカライズ版のTAP プログラムは、日本市場に対するヴイエムウェアの強い取り組みと、この重要な市場においてさらに強力なプレゼンスを構築したいという弊社の期待を反映するものです」と述べています。

ヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長 三木 泰雄は、「このプログラムを通じてヴイエムウェアは業界リーダー各社と協力し、拡大するお客様のニーズに応えた最高のソリューションを構築するとともに、仮想化インフラストラクチャの導入を推進することができます」と述べています。

今回のプログラムは、ヴイエムウェアがパートナーとの協業関係を深め、総合的なパートナー支援を提供できるように開発されており、顧客満足度の向上を目指すものです。また、プログラム参加企業については既に米国にて協業を進めている企業を中心に世界中で150 社以上が参加を表明しています。

今回の発表にあたり、パートナー様各社より以下の通りエンドースをいただいております。

(五十音順、敬称略)

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社は、ヴイエムウェア株式会社のTechnology Alliance Partner プログラム(TAP プログラム)の日本国内開始を歓迎いたします。OS仮想化技術のリーダーであるヴイエムウェア様とアプリケーション仮想化のリーダーである弊社のソリューションが連携することで、アプリケーション層の仮想化とサーバーの仮想化が実現し、その相乗効果により、理想的な企業向けコンピューティング環境を構築できます。弊社は、今後もヴイエムウェア社とのアライアンス関係をより一層強化しながら、益々拡大する仮想化技術に対する市場ニーズへ対応して参ります。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
マーケティング本部 本部長 柳 宇徹

株式会社シマンテックは、ヴイエムウェア株式会社のTAP プログラムの発表を心から歓迎すると同時に、TAP プログラムに参加できることを光栄に感じております。ヴイエムウェアのサーバ仮想化技術と、シマンテックの市場をリードするSymantec Data Center Foundation ソリューションを組み合わせることにより、物理サーバと仮想サーバの両方の環境においてデータセンターの資産と運営を最適化することのできる、強力かつ標準化されたツールセットを企業に提供することができます。

株式会社シマンテック 代表取締役社長 木村 裕之

トレンドマイクロ株式会社は、ヴイエムウェア株式会社による日本国内でのTechnology Alliance Partner

Program の強化を歓迎します。仮想化技術は、いまや企業情報システムに不可欠な存在になりつつあり、仮想化環境上のセキュリティに対する意識は急速に高まっています。このような市場ニーズに応えるため、トレンドマイクロ株式会社は、本アライアンスプログラムの開始に合わせ、VMware による仮想化環境での法人向けトレンドマイクロ製品のサポートを開始します。弊社のセキュリティソフトとVMware が連携することで、より多くのお客様が安心して企業情報システムを構築・運用可能になることを確信しております。トレンドマイクロ株式会社は、今後もヴイエムウェア株式会社との協業を深め、企業のセキュリティ強化を支援してまいります。

トレンドマイクロ株式会社 日本代表 大三川 彰彦

日本CA 株式会社は、ヴイエムウェア株式会社様の今回の発表を心より歓迎いたします。CA はこれまで

も、テクノロジーアライアンスパートナーとしてヴイエムウェア社の仮想化テクノロジーにいち早く対応し、グローバルな提携を基盤に仮想化環境でのソリューションを提供してまいりました。今後は日本における両社のパートナーシップを一層加速させ、EITM(エンタープライズIT マネージメント)のビジョンのもと、ニーズの高まる仮想化環境において、迅速かつ可用性の高いデータバックアップを実現する「BrightStor ARCserve Backup」やOS レベルでのセキュリティを強化する「CA Access Control」の提供など、日本のお客様をとりまくIT環境の変化に柔軟に対応してまいります。

日本CA 株式会社 代表取締役社長 根塚 眞太郎

今回提供を開始するTAP プログラムの概要は下記の通りとなります。

名 称:

Technology Alliance Partner プログラム(TAP プログラム)

内容:

TAP プログラムは、パートナー企業の仮想化環境でのパートナー ソリュー

ションの販売を推進するための、マーケティング活動、および技術的な支援

を含めた包括的なプログラムです。パートナー企業の専門性や企業規模に

かかわらず参加することができます。

プログラムレベル:

Access ・・・・・ パートナー企業製品の仮想化環境でのテストおよび認定

Select ・・・・・・ ソフトウェア販売の開拓、支援および技術的支援

Premier ・・・・ VMware への積極的な製品の対応や共同アクティビティ

URL:

www.vmware.com/jp/partners/alliances/programs/

以上

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア社は、業界標準システムの仮想化ソフトウェアのグローバルリーダーとして、本社をカリフォルニア州パルアルトに置き、EMC 社(NYSE: EMC)傘下でビジネスを展開しています。VMware 製品は、世界的にビジネスを展開する大企業において採用され、現在のコンピューティング資源を最大限に活用しながら、企業のIT を簡素化し、変化するビジネス要求へのより速い対応を実現しています。VMware 製品は現在、世界各国で300 万人を越えるユーザを持ち、フォーチュン100 の99%など、20,000 社を超える企業で採用されています。ヴイエムウェア社についての情報は、www.vmware.com/jp をご覧ください。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

###

* VMware、VMware ロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。