プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

勘定奉行が、VMware vSphere™ 4 に正式対応


勘定奉行が、VMware vSphere™ 4 に正式対応

OBCとヴイエムウェアが、仮想化によるシステム集約・コスト削減を推進

【2009年4月23日 東京発】

業務ソリューションベンダー大手 株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:
和田成史/東京都新宿区:東証1部 登録銘柄コード4733:以下OBC)は、ヴイエムウェア株式会社(代表取締役社長:三木 泰雄/東京都港区:以下ヴイエムウェア)と協業し、中堅成長企業向けERPパッケージ「奉行V ERP」シリーズをサーバ統合・仮想化環境を実現する「VMware vSphere 4」に正式対応させ、中堅成長企業市場に積極的に仮想化を利用した導入支援を行って参ります。
また、中小企業においても複数サーバや旧来サーバの運用コスト低減が課題となっており、最新の奉行シリーズとの提案と合わせて展開して参ります。
VMware vSphere 4の正式サポートにより、企業のシステム環境集約化によるコスト削減や電力消費低減を実現し、さらにスタンドアロン環境からのアップグレードなどを推進して参ります。
仮想化に対応した「奉行V ERP」シリーズは、全国のOBCの商流を通じて販売されます。
OBCとヴイエムウェアは、中堅成長企業のITインフラ選択の幅を拡げる先進のソリューションを提供して参ります。

<奉行V ERPシリーズのVMware対応で、コストとCO2を削減>
■VMware vSphere 4での奉行V ERPの動作を正式サポート
「VMware vSphere 4」は、業界初のインターナルクラウド実現のためのOSです。社内外クラウド構築のための共通基盤として各クラウド間の移動をシームレスに実現し、ハードウェア、OS、アプリケーションなどに依存しないインフラを提供します。また、幅広いIT環境にニーズに対応できるよう設計されており、中堅・中小規模のIT環境には、1CPUあたり約2万円という手頃な予算で、大規模エンタープライズで利用される「効率性」「復旧性」「管理性」を導入することができます。この可用性が高く、かつ低価格な業界唯一の仮想化ソリューションは、ダウンタイムの無い優れたアプリケーション可用性と、一括管理可能なエンタープライズ クラスのデータ保護を実現し、かつ中堅・中小企業向けに十分なディザスタ リカバリ環境を実現します。 また、「VMware vSphere 4」導入によるメリットは、運用の効率化、サーバ統合によるコスト削減、電力消費の削減のみならず、仮想サーバの利用負荷状況に応じ不要なサーバの電源を切るDistributed Power Management機能などにより、企業のグリーンIT化を促進します。

■仮想化によりコスト削減とグリーンITを促進
奉行シリーズのユーザーのうち10万社に調査した結果、多くの企業がアプリケーションサーバやファイルサーバなど、複数のサーバを所有し、さらに基幹業務を運用するサーバは、3年以上前の旧OSや機器を利用している割合が55%を超え、使い慣れたシステムを長く利用する傾向があることがわかりました。このようなお客様には、仮想化により機器を削減し、省スペースやコスト削減効果が非常に大きく、CO2の削減も期待できることから導入コンサルも含め全国の販売チャネル3000社と共に積極的に仮想化提案を行い、奉行シリーズや機器の性能向上と合わせアップグレードをお勧めして参ります。

http://www.vmware.com/go/jp09smt

■物理サーバとの差を感じないパフォーマンス
VMware vSphere 4 の仮想化環境は、物理サーバでアプリケーションを運用した場合と比較しても、同等のパフォーマンスを発揮します。クライアントの同時処理時のパフォーマンスも検証確認を終えており、スムーズな運用をお約束します。

■■■■■■奉行シリーズをより快適にご利用いただくための高品質のサービス■■■■■■
奉行V ERPとVMware vSphere 4によるサーバの統合と仮想化を、企業に安心して導入していただくために次の協業もすすめています。

■仮想化提案をトータルに支援する検証センター
~ 仮想化ソリューションセンターを活用した富士通との共同検証 ~
★奉行V ERP仮想化提案支援を実施
仮想化技術は、企業のシステム環境集約化によるコスト削減や電力消費低減を実現する技術として期待が高まる一方、新しい技術であるがゆえに、最適なシステム構成のための組み合わせ検証や、性能見積もり、互換性、運用性の事前検証が求められています。こういったニーズに対応するために、富士通株式会社様のご協力の下、総合検証センター「Platform Solution Center」内に開設された「仮想化ソリューションセンター」で、事前検証を可能としました。

奉行V ERPのVMware vSphere 4対応における検証も「仮想化ソリューションセンター」で、富士通株式会社様と共同で、PCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」にて実施しております。
富士通様の仮想化への取り組みにつきましては、次のリンクをご参照ください。
□ 富士通の仮想化への取り組み
(富士通 Webサイト)