プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware、Integrien および TriCipher を買収

VMware、Integrien および TriCipher を買収

VMware、新しいテクノロジの取得により、 vCenter 管理ポートフォリオの充実と、エンド ユーザ コンピューティングに向けた SaaS アプリケーション プロビジョニングのさらなる効率化を実現

*本内容は、2010年8月31日(米国時間)に発表された報道資料の抄訳版です。
2010 8 31 (米国時間) 米サンフランシスコ発】 VMware, Inc. (NYSE: VMW) は本日 VMworld 2010 において、アプリケーションおよびインフラのリアル タイム パフォーマンス分析ソフトウェア分野におけるリーダー企業である Integrien と、クラウド環境で提供される SaaS (Software as a Service) アプリケーション向けのセキュアなアクセス管理および企業 ID 連携分野でリードする TriCipher を買収することで最終合意に至ったと発表しました。

Integrien パフォーマンス管理の簡素化と運用効率の向上
Integrien のリアルタイム パフォーマンス分析ソリューション (特許取得済み) によって、お客様は既存の管理ツールで得られたデータを活用しやすい情報に変換でき、複雑なアプリケーションおよびインフラのパフォーマンス管理を簡素化 できます。VMware のお客様は、Integrien の機能と VMware vCenter 管理製品とを組み合わせることで、仮想化インフラおよびクラウド インフラで求められる自動化と管理レベルを達成できます。

TriCipher ハイブリッド クラウドにおけるセキュリティ連携、エンド ユーザへのプロビジョニングと SaaS アプリケーションのセキュリティの向上
お 客様が自社保有のアプリケーションと SaaS アプリケーションが混在するハイブリッド クラウドへと移行するにつれて、エンド ユーザのアプリケーションアクセスの利便性を高め、IT 部門がセキュリティを管理できるようにするには、社内および社外のインフラとしてのクラウド、ID 連携のテクノロジ、SaaS 認証、およびアクセス管理が必要になります。TriCipher の機能は、ID ベースのセキュリティ、ハイブリッド クラウドとの統合、さらにデバイスの種類、場所、および時間を問わない、ユーザによる必要に応じたSaaS アプリケーションへの管理アクセスなど、これからのVMware の取り組みの数々の実現に向けて寄与するものです。

最終的な買収契約は共に、2010 年の 7 ~ 9 月期内に締結の予定です。取引に関する財務上の詳細は、公開されていません。VMware では、この取引が従来の 2010 年度予測に対して重大な影響を与えることはないと考えています。

*USリリース原文、およびリリース内コメントについては、下記URLを御覧ください。
http://www.vmware.com/company/news/releases/vmworld-integrien-tricipher.html

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア (本社: カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、仮想化ソリューションおよびクラウド インフラストラクチャ ソリューションを IT 部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化プラットフォームである VMware vSphere™ を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現 することができます。2009 年度に 20 億ドルの売上、19 万社を超えるお客様、および 2 万 5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業の CIO によって常に 「最優先」 と位置付けられている企業です。VMware の詳細は www.vmware.com をご覧ください。

VMware, VMware vCenterおよびVMworldは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの 企業の商標もしくは登録商標です。「パートナ」 または 「パートナシップ」 という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。

将来予想に関する記述
本プレス リリースには、過去または現在の事実に関するもの以外に、Integrienと TriCipher の買収のタイミングと買収完了、同2社のVMwareテクノロジプラットフォーム、事業、オペレーションへの統合に関する将来予想の記述 (forward-looking statement) が含まれており、1995 年米国私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) の 「セーフハーバ」 条項 (the safe harbor provisions) に準拠しています。実際の結果は、特定のリスク要因により、将来予想に関する記述で予想された結果と大きく異なる場合があります。リスク要因には、(i) IntegrienとTriCipher のVMwareへの移行に関する最終条件が合意できないことによる同2社の買収失敗; (ii) Integrien’s とTriCipher’sの技術、社員、事業、オペレーションのVMwareへの移行失敗、(iii)VMwareによるIT as a Service およびクラウドコンピューティング戦略の失敗などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの将来予想に関する記述は、現時点での予 想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 最新の報告書 Form 10-K、 Form 10-Q、Form 8-Kを含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があり ます。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。