プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware、Cloud Application Platf …

VMware、Cloud Application Platformを発表、“IT as a Service”(サービスとしてのIT)を推進

VMware vFabric™、最新のアプリケーション フレームワークと統合プラットフォームサービスを提供し、アプリケーション開発の迅速化、可搬性の向上、クラウド リソースの最適化された利用を実現

*本内容は、2010年8月31日(米国時間)に発表された報道資料の抄訳版です。

2010 8 31 米国時間 カリフォルニア州発】 VMware, Inc. (NYSE: VMW) は本日、VMware Cloud Application Platformに関する戦略およびソリューションを発表しました。この最新のアプリケーション プラットフォームにより、開発者は、基本のインフラとインテリジェントに情報の共有が可能な最新のアプリケーションの構築、運用が可能になり、アプリケー ション パフォーマンス、サービス品質およびインフラの利用率の最大化を実現できます。

VMware Cloud Application Platformは、業界をリードするSpring Java開発フレームワークと新たに発表したVMware vFabricTMを組み合わせたアプリケーション プラットフォームです。このプラットフォームは、ライトウェイト アプリケーション サーバ、グローバル データ マネジメント、クラウドレディ メッセージング、ダイナミック ロードバランサおよびアプリケーション パフォーマンス マネジメントなどが統合されたアプリケーション サービスで構成されます。この包括的なアプリケーション プラットフォームは、異種クラウド環境間でのパフォーマンスおよびポータビリティを保証しています。

今日最も需要が高いコンシューマ アプリケーションとして定義されている、拡張性がビルトインされ、新しいデータモデルである分散型のインフラで運用されているアプリケーションは、お客様 の社内ユーザ向けエンタープライズ アプリケーションの新規構築に重要な影響を与えます。これら今日のアプリケーションは、組織のセキュリティおよびコンプライアンスの基準を満たしながら、 ダイナミックなユーザ インターアクション、低遅延でのデータアクセス、仮想インフラをサポートする必要があります。VMware vFabricは、包括的なスタック管理を必要とする従来のミドルウェアと異なり、ますますダイナミックになるクラウド コンピューティング アーキテクチャ向けに最適化されています。

クラウド世代のアプリケーション向けに効率性と運用上の俊敏性を提供するプラットフォーム
現 在のアプリケーションは、更に俊敏性に優れ仮想化向けに設計された、ランタイム、データ管理サービスを活用した最新の開発フレームワークで構築されていま す。オープン ソリューションであるvFabricは、当初250 万人の Spring のJava開発者をターゲットとしています。VMware Cloud Application Platformの次のメリットを提供します。

  • スピードとイノベーションの最大化 企業では、最新のアプリケーションを迅速かつ容易に市場に投入できます。数週間または数か月かかっていたアプリケーションの提供を、規模に合わせて数日または数時間で実現できます。
  • 仮想化のメリットをアプリケーションに提供:VMware vFabricは、 基本のインフラとインテリジェンスを共有することで、最良のアプリケーション パフォーマンス、サービス品質、インフラのリソース利用率を保証します。
  • クラウドへの発展的移行をサポート 開発者は、自社、またはVMforceやGoogleなどパブリック クラウド内など、アプリケーションの運用環境の選択肢を確保しながら、新しいアプリケーションを各々が馴染みある、効率性の高い方法で開発することが出来ます。

Spring Framework
Springは、新しいアプリケーション開発を簡単に実現できる開発ツールおよび機能を提供することで、開発期間を50% 迅速化します。これらの新しいアプリケーションは、次のようなメリットを提供します。

  • さまざまなプラットフォーム、ブラウザ、および個人向けデバイスで使用できる、豊富で最新のユーザ体験の提供
  • 実績のあるEnterprise Application Integrationパターン(バッチ処理など) を使用して、アプリケーションを統合
  • 形式が構造化されているか否かに関わらず、さまざまなデータにアクセス
  • 新しいアプリケーション内で人気のあるソーシャル メディア サービスおよびクラウド サービスAPIの活用が可能。

VMware vFabric Integrated Application サービス:
VMware Cloud Application Platformは、クラウド スケールの統合型サービスとして、開発者、アプリケーション設計者、IT管理者に最新のミドルウェア インフラを提供します。

  • ライトウェイト アプリケーション サーバ( tc Server : エンタープライズ版 Apache Tomcatは、 Spring およびVMware vSphereTM用に最適化され、最新のアプリケーションのスケラビリティのニーズに瞬時に対応
  • データ マネジメント サービス( GemFire : グローバルに分散されたデータへのリアルタイム アクセスを可能にすることで、アプリケーション パフォーマンスの高速化とデータベースに関するボトルネックを解消
  • クラウド レディ メッセージング サービス( RabbitMQ : データセンタの内側と外側のアプリケーション間の通信をサポート
  • ダイナミック ロードバランサ( ERS ): アプリケーションのロード バランシングと負荷分散により、最適なパフォーマンスを保証するエンタープライズ版 Apache Web サーバ
  • アプリケーション パフォーマンス マネジメント( Hyperic ): 物理環境、仮想環境、およびクラウド環境間で展開する最新型のアプリケーションを透過的に確認できる能動的なパフォーマンス管理ソリューション

■ご購入について
日本語環境での対応については2011年を予定しています。

VMware Cloud Application Platform に関する詳細は下記を御覧ください。 www.springsource.com/products/cloud-application-platform (英語サイト)。

*USリリース原文、およびコメントはこちらをご覧ください。
http://www.vmware.com/company/news/releases/vmworld-app-platform.html

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア (本社: カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、仮想化ソリューションおよびクラウド インフラストラクチャ ソリューションを IT 部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化プラットフォームである VMware vSphere™ を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現 することができます。2009 年度に 20 億ドルの売上、19 万社を超えるお客様、および 2 万 5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業の CIO によって常に 「最優先」 と位置付けられている企業です。VMware の詳細は www.vmware.com をご覧ください。

VMware, VMware ThinApp, VMware View, VMware vShield, VMware vSphereおよびVMworldは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの 企業の商標もしくは登録商標です。「パートナ」 または 「パートナシップ」 という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。

将来予想に関する記述
本プレス リリースには、過去または現在の事実に関するもの以外に、企業・組織のITの提供方法の変革、IT-as-a-Serviceへの移行に関する VMwareのビジョン、移行によるビジネス政府関連組織へもたらす潜在的なメリット、クラウドコンピューティングにおける統合アプリケーションサービス の役割に関する将来予想に関する記述 (forward-looking statement) が含まれており、1995 年米国私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) の 「セーフハーバ」 条項 (the safe harbor provisions) に準拠しています。実際の結果は、特定のリスク要因により、将来予想に関する記述で予想された結果と大きく異なる場合があります。リスク要因には、(i) 現在の世界的な経済状況の不確定要素が及ぼす経済全体へのリスク;(ii)一般消費およびIT消費の落ち込みまたは遅延;(iii)価格競争、業界再編、 新規競合会社の仮想化市場への参入、競合会社による新製品の投入およびマーケティング施策などの競合状況が含まれますが、これらに限定されるものではあり ません;(iv) お客様が新製品およびクラウドコンピューティングやIT-as-a-Serviceなどのコンピューティング戦略の開発、およびこれらに移行できるかどう か; (v) お客様の新興技術に対する許容性(賛同の有無)に起因する不確定要素;(vi) 仮想化ソフトウェアおよびクラウドコンピューティングおよびデスクトップコンピューティングプラットフォームの飛躍的な技術革新および市場変化に関する不 確定要素;(vii) 製品開発タイムラインの変更; (viii) 当社の独自技術の知的所有権のマネジメント能力; (ix) 当社が優秀な従業員を採用、維持できるかどうか; (x) 当社が買収を完了した企業および同企業が保有する資産のVMwareへの移行などが含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの将来予 想に関する記述は、現時点での予想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 最新の報告書 Form 10-K、 Form 10-Q、Form 8-Kを含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があり ます。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。