プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、仮想データセンタ向けに最高の効率性と管理性を実現する新技術vStorageを提供


ヴイエムウェア、仮想データセンタ向けに最高の効率性と管理性を実現する新技術vStorageを提供

ヴイエムウェアの技術革新とストレージ パートナーとの協業拡大により、Virtual Datacenter OSに不可欠なストレージ ソリューションが実現

*本内容は、2008年9月15日(米国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年9月15日 (米国時間)米ネバダ州発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、米国ラスベガスで開催された世界最大規模の仮想化イベントであるVMworld 2008において、ヴイエムウェアのお客様が総保有コスト(TCO)と管理性に優れたストレージ インフラを実現する仮想データセンタ向けの最新技術、「vStorage」を発表しました。

vStorageは、仮想マシンによるストレージの利用効率を最大限に高めるヴイエムウェアの新技術に最新のvStorage API*注1)を組み合わせ、さらに、拡張性に優れ、自己修復性、自己管理性をかねそなえたデータセンタを実現できるヴイエムウェアのVirtual Datacenter OS(以下、VDC-OS)*注2)を組み合わせたものです。また、vStorageは、VMware Ready Program*注3)により、ストレージ パートナー各社は、vStorageに自社製品を連携、最適化することができます。このため、お客様は幅広いストレージ プラットフォームでITインフラをさらに簡素化、最適化、自動化することが可能になります。

ヴイエムウェアの製品/ソリューション担当バイス プレジデントであるラグー・ラグラム(Raghu Raghuram)は、次のように述べています。
「ストレージは、VDC-OSの柔軟性、スピード、災害復旧力、効率性を実現するうえで不可欠な構成要素です。vStorageをストレージ パートナー各社の製品と組み合わせて使用することで、ヴイエムウェア プラットフォームとストレージ インフラストラクチャの連携が自動化され、ストレージ管理が簡素化され、お客様のストレージ インフラストラクチャの利用効率が最大限に高まります。」

Gartner社のストレージ技術・戦略担当バイス プレジデントであるDave Russell氏は、次のように述べています。
「データセンタ仮想化は、Gartner社のお客様によりITインフラのTCOと管理性向上の目的で広く採用されています。ユーザーが仮想化をフル活用するためには、ストレージ インフラストラクチャの利用効率を最大限に高めながら、ストレージ インフラストラクチャとサーバ仮想化インフラストラクチャの間の緊密な統合を可能にする仮想化ソリューションが重要となっています。」


ストレージ パートナーの機能とのより緊密な統合を実現する新機能
vStorageは、新しいストレージAPIによってVDC-OS内でストレージ製品の効率的な統合を可能にします。

  • vStorage APIによって、ストレージ パートナーの先進機能とヴイエムウェアのVDC-OSの間の緊密な統合が実現します。vStorage APIを使用すると、お客様はスナップショットやプロビジョニング、レプリケーション、リストアといったアレイベースの機能を、VMware Infrastructureのクラスタリングおよびプーリング機能とともに、個別の仮想マシンと直接組み合わせて活用できます。
  • ストレージ仮想アプライアンスは、ストレージ パートナーの主要ストレージ機能を、VMwareに最適化された仮想アプライアンスの形で提供します。従来はこのようなストレージ機能を利用できなかった、中小規模の環境でも、ストレージ仮想アプライアンスを使用して、共有ストレージやデータ保護、データ デデュプリケーションなどのメリットを活用できます。

ストレージ効率を最適化する新機能
vStorageは、下記の新機能によってお客様のストレージ インフラストラクチャの利用効率を最大限に高めます。

  • vStorage Thin Provisioningは、物理ストレージの消費量を必要量だけに抑えることで仮想マシン用のストレージ割り当ての効率性を高め、システム運用コストを大幅に低減します。
  • vStorage Linked Cloneテクノロジは、仮想マシン データのストレージ重複の排除を透過的に仮想マシンに対して行うことでストレージの利用を最適化します。

主要ストレージ管理プロセスを自動化・効率化する機能
また、vStorageによって、ヴイエムウェアとストレージ パートナー各社は、仮想環境とストレージ インフラストラクチャの間の手作業による操作やプロセスを自動化し、IT管理者に利便性の高いソリューションを提供します。

  • vStorage API for Site Recovery Managerを使用すれば、VMware Site Recovery Managerと、アレイベースのレプリケーションの間の緊密な統合を行えます。お客様は復旧プロセスをカスタム定義して、災害後の仮想マシンの再起動を自動化することができます。
  • vStorage API for Consolidated Backupを使用すると、お客様は標準的なバックアップ ソフトウェア製品を使って、ダウンタイムを伴わない仮想マシンのバックアップを自動化できます。
  • vStorage API for Storage Managementは、ヴイエムウェアとストレージ パートナー各社の管理ツールを使った、ストレージ ハードウェア プラットフォームと仮想環境の統合管理を可能にするインターフェイスによって、上記のような新機能や機能向上をさらに増強します。これにより、仮想化環境内でストレージを管理するために従来必要だった複雑な運用や手作業によるプロセスは不要になります。

vStorageの技術によって、ヴイエムウェアとパートナー各社は、VDC-OSのメリットをあらゆる規模の本番環境にもたらすことができます。コスト削減と自動化が可能となるため、どんなに小規模な本番環境であっても、仮想化やストレージ パートナーのテクノロジを活用することが現実的なものとなります。また、中規模以上の本番環境でvStorageを採用すれば、ストレージ関連の既存投資と専門ノウハウを充分に活用して、ストレージ インフラストラクチャとヴイエムウェア プラットフォームの緊密な統合が実現し、最適化・自動化された簡素なインフラストラクチャを構築することができます。VMware Ready Programは現在、ストレージ ベンダーのVMware Infrastructure向けハードウェアの認定を行っており、お客様はヴイエムウェア プラットフォーム用としてテスト・検証されたストレージ ハードウェアやストレージ仮想アプライアンスを安心して導入していただけます。

新発表のVMware vStorageテクノロジに対するベンダー各社のサポート状況については、 http://www.vmware.com/company/news/releases/vstorage_vmworld_partner.html(英語サイト)をご参照ください。

*注1) vStorage向けのソフトウェアを開発する際に使用できる命令や関数の集合のこと。また、それらを利用するためのプログラム上の手続きを定めた規約の集合。
*注2) 次世代データセンタ向けの仮想化ソリューション。VDC-OSの使用により、企業はサーバやストレージ、ネットワークといったあらゆるタイプのハードウェア リソースを効率的に社内のクラウドに集約できます。VDC-OS上で動作するデータセンタは優れた自己管理性、自己修復性を備えています。
*注3) 仮想アプライアンスがVMware Infrastructureに最適化されているかどうか、パートナー各社が検証を行うためのプログラム。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および1万8千社近いパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。