プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware、VMware Workstation 9 を発表

VMware VMware Workstation 9 を発表

業界最高水準のWindows 8サポート、画期的なWebインターフェイス、
仮想マシンの制限設定を提供

2012 8 24 (日本 時間 東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、高い評価を受けている個人向け仮想化ソフトウェアの最新バージョンであるVMware Workstation™ 9を発表しました。VMware Workstation 9は、最高水準のWindows 8サポートに加え、技術者のPCあるいは企業プライベート クラウドにおける仮想マシンの使用方法を刷新する画期的な新機能を提供します。

VMware Workstation 9の新機能は、以下の通りです。

  • Windows 8のサポート
    簡単なインストール作業によって、Windows 8向けの仮想マシンを簡単に作成できます。UnityモードではWindows 8のアプリケーションと高度に連動し、マルチタッチ サポートによりWindows 8の真価を体験できます。

  • より高性能な仮想マシン
    起動の高速化、Windows 8仮想マシン向けのUSB 3.0サポート、Intel™ Ivy Bridgeとの互換性、より強力な仮想化拡張機能、仮想性能カウンタ、LinuxでのOpenGL 2.1のサポート、3Dグラフィック性能の改善などにより、要求の厳しいアプリケーションも簡単かつ効率的に実行できます。

  • 携帯性の向上
    新しいWebインターフェイスでは、WorkstationまたはVMware vSphere®で稼働している仮想マシンに、タブレット、スマートフォン、ラップトップPC、デスクトップPCからアクセスできます。このWebベースのインターフェイスにより、ネイティブのデスクトップの操作性が提供され、さらにフラッシュやブラウザ ベースのプラグインをインストールする必要はありません。

  • 仮想マシンの制限設定
    IT管理者やインストラクターは、仮想デスクトップと物理デスクトップ間でのファイルのドラッグ アンド ドロップ、デバイスの接続、仮想マシン設定の改ざんなどを制限する設定ができます。また制限を設定した後、VMware Fusion® 5 Professional、Workstation 9、VMware Player™ 5を使用してMac、Windows、Linux PC上で仮想マシンの暗号化や配布ができます。

VMware, Inc. エンド ユーザー コンピューティング担当副社長 ヴィットリオ・ヴィアレンゴ( Vittorio Viarengo )コメント:
「VMwareは10年以上にわたって、Workstationの新しいバージョンをリリースするたびに画期的な新技術を提供してきており、Workstation 9もこの流れを引き継いでいます。Workstation 9は、IT担当者にVMwareの強力な仮想化機能を提供します。これによりIT担当者は、OS、プロセッサ、その他の進化した最新技術を利用して生産性と効率性を高めることができます」

ご購入および価格 について
VMware Workstation 9は本日より随時、国内販売パートナ様より購入できます。
パートナに関する情報は http://www.vmware.com/jp/partners/ をご覧ください。
VMware Workstation 7.x、8.xからのアップグレードを安価に行えます。
2012年8月1日~9月30日までの間にVMware Workstation 8を購入された場合、無料でVMware Workstation 9にアップグレードが可能です。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、お客様がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、40万社を超えるお客様、および5万5,000社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2011年度の売上高は、37億7,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMware Workstation 、VMware Fusion、VMware Player、vSphereは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。