プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:2 分

ヴイエムウェア、Software‑Defined Data Centerの管理をさらに簡素化/自動化する新しいクラウド管理ソリューションを発表

ヴイエムウェア、Software-Defined Data Centerの管理をさらに簡素化/自動化する新しいクラウド管理ソリューションを発表

複数のクラウド/プラットフォーム全体にわたってコストの可視化と運用の自動化を実現し、あらゆるサービスへのオンデマンドなアクセスを可能にする製品群を発表

【2013年10月16日(日本時間)東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、クラウド管理ソリューションのポートフォリオ全体にわたる新機能と機能強化を発表しました。本日発表した製品には、VMware vCloud® Automation Center™ 6.0、VMware vCenter™ Operations Management Suite™ 5.8、VMware IT Business Management Suite™、VMware vCenter™ Log Insight™ 1.5.が含まれます。また、今年8月に発表したVMware vCloud® Suite 5.5の自動化および管理機能のアップデートも発表しました。

IT部門がITサービスのブローカーへと進化するなか、VMwareのクラウド管理ソリューションを活用することで、以下のようなIT as a Serviceの主要なメリットを実現することができます。

  • あらゆるサービスへのオンデマンドなアクセス
    サービスへの迅速なアクセスに対する要望に応えるため、IT部門はサービスの利用を簡素化/コントロールする共通のガバナンス フレームワークを通じて、多様なプラットフォーム/クラウド上でインフラ、アプリケーション、デスクトップ、カスタム サービスを提供できます。
  • コストの可視化
    仮想マシン(VM)/インフラ サービス/共有リソースのコストが可視化されるため、エンドユーザはプライベート/パブリック クラウド全体にわたるサービスのコストに関して、十分な情報を得たうえで意思決定を行うことができるようになります。また、IT部門がアカウンタビリティーを向上できるとともに、リソースを効率的に利用できるようになります
  • 運用の自動化
    現在、ITサービスの管理には、さまざまな機能が緊密に統合され、Software-Defined Data Centerの動的な性質に対応できるソリューションが求められています。VMwareの管理ソリューションはこれらの要件を満たすために、アプリケーションに加えてストレージやネットワークなどの仮想/物理インフラのパフォーマンス/健全性に関して、プロアクティブな管理とかつてないレベルの可視性を提供します。
  • 複数のクラウド/プラットフォームをサポート
    VMwareのクラウド管理ソリューションは、異なるハイパーバイザーや物理機器が混在する環境や複数のクラウドをサポートできるため、統合管理のアプローチと柔軟な選択肢を顧客に提供します。

VMwareのクラウド管理により、自動化、異機種混在環境のサポート、財務の可視性を強化
ヴイエムウェアが本日発表した、クラウド管理の製品ポートフォリオ全体にわたる大幅な機能強化と新製品は以下の通りです。

  • VMware vCloud Automation Center 6.0:ITの自動化によるビジネスの俊敏性の実現
    VMware vCloud Automation Centerは、個々にカスタマイズされたITサービスの提供を自動化することにより、顧客が必要とする俊敏性を実現します。VMware vCloud Automation Centerの新しいバージョンでは、VMware vCloud Application Directorとの統合により、アプリケーション リリースの自動化やDevOps自動化ツールのサポートなど、アプリケーションを高速に展開するための一元化されたソリューションを顧客に提供します。また、あらゆる種類のITサービスをオンデマンドに申請/管理できるセルフサービス カタログを追加し、顧客がメリットを享受するまでの時間をさらに短縮します。

    VMware vCloud Automation Center 6.0では、Hadoop-as-a-ServiceなどのあらゆるカスタムITサービスを数分で設計するための機能を提供し、すでに提供されているIaaS(サービスとしてのインフラ)、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)、DaaS(サービスとしてのデスクトップ)向けのサービス機能を補完します。また、マルチプラットフォーム/マルチクラウドの機能がさらに拡張され、VMware vCloud Hybrid Service™、VMware NSX™、Red Hat Enterprise Linux OpenStackベースのクラウド環境に新たに対応します。
    VMware vCloud Automation Center 6.0の詳細は下記URLをご参照ください。
    http://www.vmware.com/jp/products/vcloud-automation-center

  • VMware vCenter Operations Management Suite 5.8:モバイル クラウド時代の自動化された運用管理
    VMware vCenter Operations Management Suiteは、パフォーマンス/キャパシティ/構成を管理するための統合的なアプローチを通じて、特許取得済みの分析機能による自動化された運用管理機能を提供します。新しいバージョンでは、Microsoft Exchange、Microsoft SQL Serverなどのビジネス クリティカル アプリケーション向けの分析機能が強化されました。さらに、幅広いストレージ ベンダー、ストレージ デバイス向けの分析機能が追加され、IT管理者は設定エラー/リソースの障害/パフォーマンスのボトルネックを迅速に特定できます。そして、Microsoft Hyper-VとAmazon Web Services上で稼働するアプリケーションの優れた可視化機能を提供する新しいモニタリング ダッシュボードが追加されます。

    VMware vCenter Operations Management Suite 5.8により、IT部門は単一の運用管理プラットフォームを用いて、仮想/物理/クラウドの環境で稼働するすべてのアプリケーションとサービス全体にわたって、優れた品質/運用効率/コントロール/コンプライアンスを実現できます。
    VMware vCenter Operations Management Suite 5.8の詳細は下記URLをご参照ください。
    http://www.vmware.com/jp/products/vcenter-operations-management

  • VMware IT Business Management Suite:ITサービスのコストと品質の透明性を提供
    VMware IT Business Management Suiteは、ITサービスのコストと品質の可視化ならびにコントロールを実現し、CIOがビジネスの優先事項に合わせてITを調整することを可能にします。VMwareは本日、VMware IT Business Management Suiteに新たに追加されるVMware IT Business Management Suite 1.0 Standardエディションを発表しました。インフラ管理の責任者を対象としたこのソリューションは、VMware vCenter Server™、VMware IT Benchmarking™、VMware vCloud Automation Centerとの統合を通じて、プライベート/パブリック クラウド環境全体の仮想インフラのコストと利用状況を迅速に把握することを可能にします。また、このソリューションにより、自社のインフラのコストと外部のパブリック クラウド プロバイダが提供する同様のインフラ サービスのコストを比較できます。

    VMware IT Business Management Suite 8.0 Advanced/Enterpriseエディションでは、CIO、IT担当CFO、ITプロジェクト マネージャ、事業部門長などに特有のニーズ向けにカスタマイズされたペルソナ ベースの新しいダッシュボードが追加されます。また、この最新製品には、VMware IT Benchmarkingが統合されており、自社のサービスと同業他社/類似のITシステムを持つ他社のサービスのコストを継続的に比較できます。
    VMware IT Business Management Suiteの詳細は下記URLをご参照ください。(英語サイト)

  • VMware vCenter Log Insight 1.5 :原因分析を簡素化する自動ログ分析
    VMware vCenter Log Insightは、アプリケーション、仮想インフラ、物理ハードウェアのデータのリアルタイムな知見と監視を提供し、運用効率を向上するとともに、コストとトラブルシューティング時間を最小化します。VMware vCenter Log InsightとVMware vCenter Operationsの統合により、構造/非構造データの両方を併せて分析することが可能になり、エンド ツー エンドの運用管理を実現できます。VMware vCenter Log Insightの新バージョンでは、企業環境での導入を容易にするとともに、メリットを享受するまでの時間を短縮しています。また、VMware vSphere向けに最適化されるとともに、パートナが開発したコンテンツ パックを簡単に利用できるようになっており、仮想/クラウドインフラのソフトウェア/ハードウェアのログの可視性を向上します。
    VMware vCenter Log Insight 1.5の詳細は下記URLをご参照ください。(英語サイト)
    http://www.vmware.com/jp/products/vcenter-log-insight

BCP(事業継続性)向けのVMware のソリューションにより、アップタイムの向上、複雑性の低減、コストの最小化を実現
事業継続性や災害対策の改善は、引き続き顧客が仮想化を選択する一番の理由となっています。VMwareはEMCと協力し、中小規模事業者のこれらの課題解決に最適なバックアップ ソリューションであるVMware vSphere Data Protectionを提供しています。VMwareは本日、新たにデータ レプリケーション機能を搭載し、より優れた効率性と拡張性を備えたVMware vSphere Data Protection 5.5 Advancedを発表しました。

  • VMware vSphere Data Protection 5.5 Advanced:VMware vSphere向けの効果的かつシンプルなバックアップ/リカバリ ソリューション
    EMC AvamarをベースにしたVMware vSphere Data Protection Advancedは、バックアップ向けの業界をリードするストレージ効率化機能、リカバリを高速化する独自機能、VMware vSphere との優れた統合を提供します。VMware vSphere Data Protection 5.5 Advancedでは、ネットワーク効率の高いバックアップ レプリケーション機能、EMC Data Domainとの統合、新しいMicrosoft SharePointエージェント、自動バックアップ検証機能などの新機能を搭載しています。顧客は、ディザスタ リカバリ時のデータ保護機能、強化された拡張性、EMC Data Domainによるグローバル規模の重複排除機能、Microsoft SharePoint向けのより細やかかつアプリケーションの一貫性を維持できるバックアップ機能によるメリットを享受できます。

    VMware vSphere Data Protection 5.5 Advancedに組み込まれたバックアップ用データ レプリケーション機能により、広範なVMware vCloud Service Providerエコシステムのパートナは、クラウド向けバックアップ サービスを提供できるようになります。
    VMware vSphere Data Protection Advanced 5.5の詳細は下記URLをご参照ください。
    製品ページ: http://www.vmware.com/jp/products/vsphere-data-protection-advanced/
    製品資料: http://campaign.vmware.com/imgs/apac/jp_dwn/PDF/VMware-vDPA-PR-101613.pdf

VMware® Cloud Management Marketplace
VMwareは、信頼性の高いVMwareと業界をリードするパートナ エコシステムの管理ソリューションを購入するためのワンストップ ストアであるVMware Cloud Management Marketplaceを発表しました。顧客は業界をリードする各ベンダーから提供される管理ソリューションをウェブ ブラウザを通じてダウンロード/体験できます。サービス カタログ形式で提供されるこれらの管理ソリューションにより、プロビジョニングのプロセスを効率化でき、そしてオープンかつ拡張性の高い製品インターフェースとソフトウェア開発キット(SDK)の実装などを通じてVMwareとの開発パートナシップを実現できます。

VMware Inc.クラウド マネジメント担当上級副社長 兼 ゼネラルマネージャー ラミン・サヤー (Ramin Sayar)コメント:
「ビジネス需要に対応し、また一貫性を維持しながら迅速にITサービスを提供するために、IT部門はシステム構築者からITサービスのブローカーへと変化しなくてはなりません。VMwareのクラウド管理ソリューションにより、IT部門はこの迅速性を提供できると同時に、高度な仮想化環境のより優れた管理、VMware vSphereによるプライベート クラウド構築、サービス プロバイダを活用したハイブリッド クラウド環境の構築やブローカー サービスの拡張などの目的を問わず、ITのガバナンスとコントロールを標準化し、確保することができます」

ご購入および価格について
VMwareの強化されたクラウド管理ソリューションは、2013年第4四半期より提供開始予定です

  • VMware vCloud Automation Center 6.0とVMware vCenter Operations Management Suite 5.8の機能は、VMware vCloud Suite 5.5に含まれます。VMware vCloud Suite 5.5のライセンスは、コア、vRAM、VM数の制限なしでプロセッサごとに提供されます。1プロセッサあたりの市場想定価格は62万5000円~です。
  • • VMware IT Business Management Suiteのライセンスは、Standard エディションはVM単位、Advanced/Enterpriseエディションはユーザー単位で提供されます。詳細は下記URLをご参照ください。(英語サイト)
    http://www.vmware.com/products/itbm-suite/
  • VMware vCloud Automation Center 6.0とVMware vCenter Operations Management Suite 5.8は、VM単位でライセンスされるスタンドアロンのソリューションとして個別にお求めいただけます。
  • VMware vSphere Data Protection Advanced 5.5は、2013年第4四半期に提供開始予定で、ライセンスは、コア、vRAM、VM数の制限なしでプロセッサごとに提供されます。1プロセッサあたりの市場想定価格は13万7000円〜です。

VMwareのクラウド管理ソリューションやVMware vSphere Data Protection 5.5 Advancedは、VMware Hands-on Labs Online を通じて体験できます。VMware Hands-on Labs Onlineに関する詳細は下記URLをご参照ください。(英語サイト)
http://labs.hol.vmware.com/

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、50万社を超える顧客、および5万5,000社を超えるパートナーを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2012年度の売上高は、46億1,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

VMware、vSphere、vSphere Data Protection、vCloud、vCloud Suite、vCloud Hybrid Service、vCloud Automation Center、vCenter、vCenter Server、vCenter Operations Management Suite、VMware IT Business Management Suite、VMware IT Benchmarking、Log Insight、NSXは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

将来予想に関する記述
本プレス リリースには、VMware vCloud Automation Center 6.0、VMware vCenter Operations Management Suite 5.8、VMware vCloud Suite 5.5、VMware IT Business Management Suite、VMware vCenter Log Insight、VMware vSphere Data Protection Advanced 5.5で予定されている機能、価格、提供時期ならびに、それら製品の顧客へのメリットなど、将来の予想に関する記述(forward-looking statements)が含まれています。

本プレス リリースには、過去または現在の事実に関するもの以外に、将来予想に関する記述 (forward-looking statement) が含まれており、1995年米国私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の「セーフハーバ」 条項 (the safe harbor provisions)に準拠しています。実際の結果は、特定のリスク要因により、将来予想に関する記述で予想された結果と大きく異なる場合があります。リスク要因には、(i)政府支出の優先度やレベルの変化、(ii)一般経済または市場環境における変化、(iii)一般消費およびIT消費の落ち込みまたは遅延、(iv) 価格競争、業界再編、 新規競合会社の仮想化市場、エンドユーザ コンピューティング市場、クラウド コンピューティング市場への参入、競合会社による新製品の投入およびマーケティング施策などの競合状況、(v)お客様が新製品の開発およびクラウドコンピューティングおよびデスクトップ仮想化への移行を実現できるか否か、(vi)お客様の新興技術に対する許容性 (賛同の有無)に起因する不確定要素、(vii)仮想化ソフトウェア、クラウド コンピューティングならびにデスクトップ コンピューティング向けプラットフォームの飛躍的な技術革新および市場変化に関する不確定要素、(viii) 製品開発スケジュールの変更、(ix) 当社が自社の専有技術を保護できるかどうか、(x)当社が優秀な従業員を採用、維持できるかどうか、が含まれますが、これらに限定されるものではありません。

これらの将来予想に関する記述は、現時点での予想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 最新の報告書 Form 10-K、 Form 10-Q、Form 8-Kを含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があり ます。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。

i VMware vCenter Log Insightは日本語環境未対応です。