プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、クラウド アプリケーション プラットフォームを革新

ヴイエムウェア、クラウド アプリケーション プラットフォームを革新

アプリケーション展開の自動化、エンタープライズ オープンソースへのサポート、SQLFireインメモリ データベースで、最新アプリケーションに最適な「クラウド対応」環境が実現

2012 5 16 日(日本時間)東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、VMware vFabric™ Suite 5.1を発表しました。ヴイエムウェアが提供するクラウド インフラ上での複雑なアプリケーションの展開/管理ならびに分散型インメモリSQLデータベースの導入を自動化する新しい機能により、VMware vFabric Suite 5.1は、オンプレミス/クラウドいずれの場合にも、Java Springアプリケーションの構築、実行、管理のための中核的アプリケーション サービスを提供します。

VMware vFabric Suiteは、従来のJavaプラットフォームにおける複雑性解消とコスト削減のために、ヴイエムウェアの提供するクラウド インフラ向けに最適化された、シンプルで簡素化されたアプリケーションの開発/実行環境を提供します。市場をリードするSpring開発フレームワーク、最新世代のvFabricアプリケーション サービス、仮想マシン単位のライセンス モデルを統合することで、vFabric Suite 5.1は、最新のアプリケーションを構築、展開、実行するための中核的アプリケーション プラットフォームとなります。

Spring VMware vSphere® の両方に最適化
VMware vFabric Suiteには、分散型クラウド環境で最新のアプリケーションを構築、実行、管理するためのランタイム サービスの完全なセットが用意されています。vFabric Suite 5.1の新機能により、お客様は以下のことができるようになります。

  • アプリケーション 展開 の自動化による運用効率の向上 管理の効率性とパフォーマンスを向上させるため、vFabric Suite 5.1にはvFabric Application Director™ とvFabric Application Performance Managerが搭載されます。vFabric Application Directorは、標準化されたテンプレート、コンポーネント ライブラリおよびワークフローを備えた使いやすいブループリントを通じて、アプリケーションの展開を自動化します。vFabric Application Performance Managerは、エンド ユーザ トランザクション、Javaコード、ミドルウェア サーバ、VMware vSphere® ホストを包括的に監視する機能を提供し、お客様のプロアクティブなアプリケーション パフォーマンス管理、問題の迅速な発見と解決、そしてSLAの達成を実現します。
  • データ スケーラビリティ の最大化 今日のモバイル アプリケーション、およびWeb指向アプリケーションの多くは、大きく変化するアクセス パターンをサポートする必要があり、データベースのみによるデータ管理手法に大きな負担をかけています。このような変化に対応するため、開発者が使用する中核的テクノロジー スタックの標準コンポーネントとして、インメモリ データベースが登場しました。VMware vFabric SQLFireは、世界で最も要求水準が厳しいアプリケーションの多くで使用されているvFabric GemFire® の長所を生かせるよう構築された分散型インメモリ SQLデータベースです。動的な拡張性と高いパフォーマンスを提供するvFabric SQLFireでは、使い慣れたSQLインターフェイスで大量データを扱う最新のアプリケーションにアクセスできるようになります。

マシンのクラスタ全体にわたってメモリ、CPUおよびネットワーク リソースをプールすることで、vFabric SQLFireは、従来のデータベースにおける主なパフォーマンスのボトルネック(ディスク アクセス)を解消します。vFabric SQLFireは、複数の地域にわたるデータを管理し、アプリケーション パフォーマンスの向上、遅延の最小化、信頼性の向上を実現します。vFabric Suite 5.1には、vFabric SQLFire Professionalが同梱されます。

  • データベースの総所有コスト( TCO )を削減:データベース コストを削減し、俊敏性を高めるため、vFabric Suite 5.1には、ヴイエムウェアに最適化されたリレーショナルSQLデータベースであるvFabric Postgresが同梱されます。vFabric PostgresはオープンソースのPostgreSQLと完全な互換性を備えているため、お客様は既存の標準のPostgreSQLツールを活用することができます。vFabric Postgresは仮想アプライアンスとして提供され、データベース メモリ プールを共有できるエラスティック データベース メモリや、仮想マシン サイズの変更後に調整時間を短縮できるスマート コンフィグレーションなど、仮想化の最適化機能を備えています。
  • 人気のオープン ソース テクノロジーに対するエンタープライズ向けサポートを提供:VMware vFabric Suite 5.1には、Springアプリケーションの本番系への展開で最も良く使用されるオープン ソース ランタイム コンポーネントであるApache Tomcat、Apache HTTP ServerおよびRabbitMQ® メッセージングなどへのサポートが同梱されます。これにより、これらのオープンソース コンポーネントを現在使用しているお客様はvFabricテクノロジーを簡単に導入できます。

独自にパッケージ化およびライセンスされたvFabric Suite 5.1は、物理ハードウェアではなく仮想マシン単位でアプリケーション インフラ ソフトウェアを購入できるだけでなく、使用されている平均ライセンス数に対しての支払いとなります。このモデルにより、お客様は、ピーク時の負荷を予想してライセンスを購入し、ピーク期間以外は余剰となるソフトウェアにもコストを支払うという、数十年来の慣習から解放されることになります。

VMware, Inc. クラウド/アプリケーション サービス担当副社長 ジェリー・チェン( Jerry Chen )コメント:
「クラウド時代に突入した現在、アプリケーションの変革が加速しています。多くのアプリケーションはオープンソース開発フレームワークで構築され、軽量のアプリケーション コンテナに展開され、仮想インフラ上で実行され、大量のデータを処理しています。このため、これらの新しいアプリケーションの構築、実行、管理に利用しているテクノロジーの新旧交代も進んでいます。1年前にリリースしたvFabric Suiteはお客様の間で驚くべきスピードで浸透し、当社のクラウド アプリケーション プラットフォーム ビジネスが2011年に前年比ベースで約2倍に成長するのに寄与しました」

* vFabric Suiteに関する詳細はこちらへ(英語サイト)
http://www.vmware.com/products/application-platform/vfabric/overview.html

ご購入および価格 について
製品の出荷時期は2012年第2四半期以降、随時を予定しています。
詳細は弊社vFabric営業担当までお問い合わせください。 japan-vfabric@vmware.com

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、お客様がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、35万社を超えるお客様、および5万社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2011年度の売上高は、37億7,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMware vFabric、VMware vSphere、vFabric Application Director、GemFire、RabbitMQは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。