プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware、プライベートおよびパブリック クラウドでApache Hadoopを実行するためのオープン ソース プロジェクトを発表

VMware 、プライベートおよびパブリック クラウドで Apache Hadoop を実行するためのオープン ソース プロジェクトを発表

プロジェクト「Serengeti」とApache Hadoopへの新たな貢献により、
VMware vSphere® が柔軟で可用性の高いEnterprise Hadoopの最適なプラットフォームに

*本内容は、2012年6月13日(米国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の抄訳版です。
2012 6 13 (米国時間)米サンフランシスコ発 VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、新しいオープン ソース プロジェクト「Serengeti」を発表しました。このプロジェクトの目的は、仮想およびクラウド環境におけるApache Hadoopの迅速な導入、管理、拡張を支援することにあります。さらにVMwareは、仮想環境での柔軟な拡張に対応し、Hadoopのパフォーマンスをさらに改善するために、主要コンポーネントを「仮想化対応」にする拡張機能を提供すべく、Apache Hadoopコミュニティと共同で作業を行っています。

Apache Hadoopはビッグ データ処理の業界標準として注目を集めていますが、導入や運用が複雑、専用ハードウェアが必要、セキュリティおよびサービス レベルの保証に懸念があるといった理由から、多くの企業はHadoopの利便性を活用できずにいます。VMwareは、Apache Hadoopのノードを物理的なインフラ基盤から切り離すことにより、迅速な導入、高い可用性、最適なリソース使用率、柔軟性、セキュアなマルチテナントというクラウド インフラのメリットをHadoopにもたらすことができます。

Apache 2.0のライセンスにより無料でダウンロードできるSerengetiは、「ワンクリック型」の導入ツールキットです。このツールキットを使用することで、VMware vSphere®プラットフォームを利用してApache PigやApache Hiveなどの一般的なHadoopコンポーネントを搭載した可用性の高いApache Hadoopクラスタを数分で導入できます。Serengetiを使用してVMware vSphereでHadoopを実行することにより、世界で最も信頼され、幅広く導入されている仮想化プラットフォームの高い可用性、フォルト トレランス、およびライブ マイグレーション機能を簡単に活用し、Hadoopクラスタの可用性および管理性を実現することができます。

仮想化拡張機能、 Spring のアップデートが企業によるビッグ データ アプリケーションの構築および運用を支援

企業によるApache Hadoopの利用をさらに簡素化し、加速するために、VMwareはデータおよび計算ジョブを仮想インフラ全体に最適な形で分散できるようにHadoop Distributed File System(HDFS)およびHadoop MapReduceプロジェクトを変更して「仮想化対応」とすることを目指し、Apache Hadoopコミュニティと共同作業を行っています。これらの変更により、企業はより柔軟かつセキュアで可用性の高いHadoopクラスタを実現できるようになります。拡張機能については、 https://issues.apache.org/jira/browse/HADOOP-8468(英語サイト)をご覧ください。

VMwareは、今回、企業の開発者によるApache Hadoopを使用した分散処理ソリューションの構築を容易にすることを目的に2012年2月に始まったオープン ソース プロジェクト「Spring for Apache Hadoop」のアップデートも発表しています。今回のアップデートにより、Spring開発者はHBaseデータベース、カスケーディング ライブラリ、Hadoopのセキュリティと統合される企業アプリケーションを簡単に構築できるようになります。無料でダウンロード可能なSpring for Apache Hadoopは、現在オープン ソースのApache 2.0のライセンスで利用可能です。

このように、Hadoopの採用を推進し、企業がCetasなどのビッグ データ解析アプリケーションを利用して大量のデータからリアルタイムかつ高度な洞察を得られるよう支援することが、これらのプロジェクトおよび貢献の目的です。2012年4月、VMwareはCetasを買収し、Cetas分析サービスは現在 www.cetas.net(英語サイト)で提供されています。

VMware, Inc. クラウド / アプリケーション サービス担当副社長 ジェリー・チェン( Jerry Chen )コメント:
「Apache Hadoopは、企業が膨大な量のデータを活用して競争優位性を獲得できるようにすることにより、ビジネスを変革する可能性を秘めています。これは現在アプリケーション分野で起こっている劇的な変化の1つの側面であり、企業はこれらの新しいテクノロジーを自社のポートフォリオに組み込む方法を模索しています。VMwareは、企業のIT部門が自社の仮想およびクラウド環境において簡単にHadoopを導入および管理できるように、Apache Hadoopコミュニティと共同で作業を進めています」

OVUM 主任アナリスト トニー・ベーア( Tony Baer )氏 コメント:
「Hadoopが企業のITインフラ内で重要視されるようになれば、既存のITテクノロジーや業務との高い親和性を発揮します。大規模なビッグ データ クラスタはリソース集約型の性質を持つため、仮想化はHadoopが対応しなければならない重要な要素です。VMwareのApache Hadoopプロジェクトへの参加と新たなSerengeti Apacheプロジェクトは、Hadoopのプロトタイプ制作および導入にあたって企業が求める柔軟性を提供できる、極めて重要な動きと言えます」

*詳細はUSリリース原文をご覧ください(英語サイト)。
http://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-serengeti-hadoop-06-13-12.html

*VMwareは幅広い展開をサポートするために、Cloudera、Greenplum、Hortonworks、IBM、MapRをはじめとする主要なApache Hadoopディストリビューション ベンダーと協力しています。ベンダーからのコメントは下記をご覧ください(英語サイト)。
http://www.vmware.com/company/news/serengeti-hadoop-supporting-partner-quotes-061312



ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、お客様がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、35万社を超えるお客様、および5万社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2011年度の売上高は、37億7,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMware vSphereは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。