プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

日本の大手サービスプロバイダー、ヴイエムウェアのテクノロジーを利用し、ビジネスユーザの求める俊敏性と柔軟性を顧客に提供開始

日本の大手サービスプロバイダー、ヴイエムウェアのテクノロジーを利用し、ビジネスユーザの求める俊敏性と柔軟性を顧客に提供開始

NTT Comがヴイエムウェアのネットワーク仮想化製品を採用し、サービスメニューを拡充

【2013年11月6日(日本時間)東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 彰、以下「NTT Com」)のサービス基盤として採用されると同時に、日本の大手企業においても順調に製品評価が進むなど、ヴイエムウェアのVMware NSX™の需要が高まっていることを発表しました。これらの企業は、抽象化/プール化/自動化という仮想化の原則をデータセンターのすべてのリソースとサービスに拡大するSoftware-Defined Data Centerアーキテクチャを通じて、ITのプロビジョニングと運用管理を大幅に簡素化/迅速化しています。

今回の発表は、NTT Comが、今年6月に発表したVMwareのネットワーク仮想化技術の採用をさらに拡充するものです。
NTT Comは、同社が提供する「Bizホスティング Enterprise Cloud」(以下、BHEC)において、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用することで、顧客の自社運用システム(オンプレミス)とNTT ComのBHEC間を、オンプレミスの既存サーバに付与されているIPアドレスを変更することなく、シームレスかつ柔軟に接続する「オンプレミス接続サービス」を実現しました。
今回、BHECとは別のクラウドサービス「Bizホスティング Cloud n」(以下、Cloud n)においても、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用し、新たなサービスの提供を開始しました。ヴイエムウェアの仮想化技術を導入したことにより、従来では実現的できなかった複数ネットワークセグメントに対応し、パブリッククラウドにおいても企業の複雑なシステムのアウトソーシングに柔軟に対応するサービスを実現しています。

VMware NSXは、ネットワーク ハードウェアから分離した完全なネットワークおよびセキュリティ モデルをソフトウェアによって提供するネットワーク仮想化プラットフォームです。VMware NSXは、ネットワーク仮想化により、現在の物理ネットワークの限界を超え、データセンター運用者がこれまでにない俊敏性と同時にコスト削減を実現できる新しいネットワーク運用モデルを提供します。

サーバ仮想化と同様に、VMwareのネットワーク仮想化のアプローチでは、データセンター運用者は物理ネットワークを必要に応じて消費/再利用可能なリソースプールとして取り扱うことができます。また、VMware NSXは、既存の物理IPネットワークをそのまま利用し、プログラム的にネットワークを作成/プロビジョニング/管理することができます。VMware NSXは、ソフトウェアによるレイヤ2-7の完全なネットワークとセキュリティのモデルを提供します。

また、ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下「ニフティ」)と関電システムソリューションズ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田村 和豊、以下「関電システムソリューションズ」)の両社も、VMware vSphere®環境でのVMware NSXベータ カスタマー プログラムへの参加など、VMware NSXの検証を実施するとともに、社内外のクラウド プラットフォームにVMwareの仮想化技術を採用しています。

VMwareの仮想化技術を採用した企業各社より、以下のコメントをいただいております。

NTTコミュニケーションズ株式会社 クラウドサービス部長 田中 基夫 様 コメント:
「今回、ヴイエムウェアの最新ネットワーク仮想化技術を採用することで、Bizホスティング Enterprise Cloud及びCloud nで、オンプレミスを含むお客様ICT環境のシームレスな接続と柔軟な拡張を簡単に実現することが出来るようになりました。NTTコミュニケーションズは今後もヴイエムウェアと協力して最新技術の導入を進め、ネットワークを含む全てのICTリソースが一体化した使い易いクラウドサービスをご提供することで、お客様ビジネスの競争力強化に貢献して参ります」

ニフティ株式会社 クラウド本部 クラウド事業部長 上野 貴也 様 コメント:
「ニフティクラウドは、お客様のビジネス変革を促進するための俊敏性および拡張性の実現と、データセンター利用効率の向上に日々努めています。ハイブリッドクラウド時代を見据えて、データセンターの枠を超えたネットワークの柔軟性を実現し、効率的でスケーラブルなリソースマネジメントを実現するために、ヴイエムウェア社の新しいネットワーク仮想化製品VMware NSX には大いに期待しております」

関電システムソリューションズ株式会社 ITサービス事業本部 ITサービスインフラ構築部 部長
角野俊朗 様 コメント:

「ヴイエムウェア社のネットワーク仮想化技術を評価する中で、クラウドサービスがよりフレキシブルになり、クラウド間の相互接続がシームレスになる事が確認できました。今後のデータセンター運用に革新をもとらす物として、VMware NSX の進展に期待しています」

ヴイエムウェアは、組織がIT業務を大幅に簡素化するためにSoftware-Defined Data Center(SDDC)アーキテクチャの採用を加速し、ネットワークとセキュリティ、ストレージと可用性、管理と自動化などの領域で最新の仮想化のメリットを最大限に活用するためのソリューションを引き続き日本市場で提供します。

■製品のご購入について
VMware NSX のご購入については、下記にお問い合わせください。
nsbu-japan@vmware.com

VMware NSX の詳細については、下記をご覧下さい。
www.vmware.com/go/jp-nsx

SDDC アーキテクチャに基づくプライベートクラウドの構築/運用を可能にするVMware vCloud Suite のご購入については、当社国内パートナーにお問い合わせください。
http://www.vmware.com/jp/partners

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、50万社を超える顧客、および5万5,000社を超えるパートナーを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2012年度の売上高は、46億1,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMware NSX、vSphereは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。