プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、仮想化を簡単に実現する新サービスVMware Go™ を発表

ヴイエムウェア、仮想化を簡単に実現する新サービスVMware Go™ を発表

インストールと構成を自動化し、中堅・中小規模企業ユーザの仮想化新規導入を迅速にサポート

*本内容は、2009 年8 月31 日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

【2009 年 8 月 31 日 (米国時間)米カリフォルニア州サンフランシスコ発】 VMware, Inc.は本日、新規のお客様が仮想化をより簡単に導入できるようサポートする Web ベースのサービス、「VMware Go™」のベータ版を発表しました。中堅・中小規模企業の新規仮想化導入をサポートするために開発されたVMware Go™ は、業界最先端のハイパーバイザーである VMware ESXi のインストールおよび構成を自動化することで、アプリケーションの仮想化プロセスを劇的に簡素化します。

VMware Go™ は Web ベースの無償サービスで、中堅・中小規模企業のお客様は ESXi の設定プロセスを数クリックで完了できます。VMware ESXi は業界で幅広く導入され、好評を博しているハイパーバイザーで、世界中に数十万のユーザが存在します。ユーザは、VMware ESXiを無償で入手可能で、複数のOSとアプリケーションを 1 つのサーバ上で実行することにより、オーバーヘッドを削減して業務をシンプルにし、ハードウェア、電力、冷却、およびサーバ管理にかかる費用を節約できます。VMware ESXi と VMware Go の組み合わせは、はじめて仮想化を行う企業、特に仮想化に着手する時間も予算もないが仮想化を検討している中堅・中小規模企業にとって最適です。

VMware Go™ は VMware のテクノロジー アライアンス パートナー(TAP) プログラムのメンバーである Shavlik Technologies との協力で開発されました。VMware Go™のベータ版は、 2009 年 8 月 31 日から http://www.vmware.com/go/vmware-go-beta にて入手可能です( 英語サイト)。また、VMware Go は、 2010 年に無償サービスとして正式公開される予定です。

VMware, Inc エマージング プロダクト アンド マーケット担当副社長ダン・チュー (Dan Chu)からのコメント:
「VMware Go™ は、中堅・中小規模企業のお客様が高い俊敏性、収益性、および信頼性を確保しながらアプリケーションの実行を支援するという、ヴイエムウェアの最新イノベーションです。VMware Go™ は、中堅・中小規模企業ユーザ向けに設計され、オンラインの簡単な数ステップで仮想化を実現できます。当社は、現在仮想化を検討している中堅・中小規模企業に、限られた IT リソースに負担をかけることなく実現できる仮想化のメリットを理解してもらいたいと考えています。」


ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現することができます。2008 年度に19 億ドルの売上、15万社を超えるお客様、および2 万2 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付けられている企業です。
ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jpにてご覧いただけます。

VMware、VMware ロゴ、VMware vSphere、VMware vCenter 、VMware GoはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。