プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware、VMware® Virtual SAN™への幅広いパートナ エコシステムからのサポートを発表

VMware、VMware® Virtual SAN™への幅広いパートナ エコシステムからのサポートを発表

「ハイパーバイザーと統合されたストレージ」を実現するVMware Virtual SANがパートナ企業12社の150種類以上のサーバ/デバイスから認定を取得

*本内容は、2014年2月11日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

【2014年2月11日(米国時間)カリフォルニア州発】VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、パートナ向けイベント「VMware Partner Exchange 2014」で、同社のSoftware-Defined Storage(ソフトウェア定義のストレージ)分野の最初の製品となるVMware® Virtual SAN™に対する、幅広いパートナ エコシステムからのサポートを発表しました。

現在、パブリック ベータ版が公開されているVMware Virtual SANは、Cisco、Dell、EMC、Fusion-io、HGST、Western Digital、HP、IBM、Intel、LSI、Samsung Electronics、SanDisk、Seagateの提供するサーバやデバイスからの認証を受けています。これによりユーザは、さまざまなデバイス上でVMware Virtual SANを利用できます。VMware Virtual SANは、2014年第1四半期に一般提供を開始する予定です。

ストレージの新たな階層を提供するVMware Virtual SAN

米国サンフランシスコで開催されたVMworld® 2013で発表されたVMware Virtual SANは、「ハイパーバイザーと統合されたストレージ」というストレージの新たな階層を提供します。VMware Virtual SANは、業界標準のx86サーバに内蔵されたハード ディスク ドライブ(HDD)とサーバ サイド フラッシュのハードウェア リソースをプール化することで、仮想マシン(VM)向けに高速かつ信頼性に優れた共有ストレージを提供します。VM視点のポリシー設定と組み込まれた自動化機能をベースにしたVMware独自の管理アプローチにより、ストレージ管理は簡素化されます。VMwareのSoftware-Defined Storageに関するビジョンを構成する主要製品であるVMware Virtual SANは、VMware vSphere®のカーネルに統合されたソフトウェアとしてストレージ機能を提供します。

VMwareは、顧客のVMware Virtual SANの導入にあたり、VMware Virtual SAN Ready Nodesとコンポーネント ベースのハードウェア互換性ガイドという2つの導入オプションを提供します。VMware Virtual SAN Ready Nodesは、VMware Virtual SANを利用可能な事前設定済みのサーバを提供することで、顧客の設定と購入を簡素化します。ハードウェア互換性ガイドでは、VMware Virtual SANに対応するハード ディスク ドライブ(HDD)、I/Oコントローラ、ソリッド ステート ドライブ(SSD)が紹介されており、顧客のニーズに最適なサーバやコンポーネントを柔軟に選択することができます。

一般提供開始の際は、150種類以上のコンポーネントと10種類のVMware Virtual SAN Ready NodesがVMware Virtual SAN向けに認定される予定です。また、今後も新たなVMware Virtual SAN認定コンポーネントが順次追加される予定です。

VMware Virtual SANに関するパートナ企業からのコメントは下記URLをご覧ください。(英語サイト)
http://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-pex-partners-vsan-021114.html

VMware Virtual SANのハードウェア互換性ガイドは下記URLから入手できます。(英語サイト)
http://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=vsan

VMware Inc. SDDCスイート担当 バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャー ジョン・ギルマーティン(John Gilmartin) コメント:

「VMware Virtual SANはパブリック ベータ版の公開後、VMwareのコミュニティから大きな期待を持って迎えられました。すでに1万以上のユーザの皆様にご登録いただいており、VMwareとして最も成功したパブリック ベータ プログラムとなっています。これらの期待を裏付けるように、当社のハードウェア/ストレージ分野における パートナ エコシステムから幅広いサポートが得られることができました。多くのパートナ企業のハードウェア/ストレージ デバイスからVMware Virtual SANの認定を受けたことで、Software-Defined Storage に向けた取り組みを加速するために、VMwareとパートナの共通の顧客にさまざまなオプションと柔軟性を提供します」

■ご購入および価格について

2013年9月よりパブリック ベータ版が公開されているVMware Virtual SANは、2014年第1四半期に一般提供開始を予定しています。価格は一般提供開始の際に発表します。

VMware Virtual SANのダウンロードおよびテストに関心のある顧客やパートナは、下記ULRよりパブリック ベータ版の登録が可能です。(英語サイト) http://www.vmware.com/vsan-beta-register.html

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、50万社を超える顧客、および7万5,000社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2013年度の売上高は、52億1,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMware Virtual SAN、VMworld、vSphere,は、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。