プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

1周年を迎えたCloud Foundry、新たなエコシステムを提供

1 周年を迎えた Cloud Foundry 、新たなエコシステムを提供

業界をリードするオープンなPaaSが多様性を提供

2012 4 12 日(日本時間)東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、業界をリードするオープンなPlatform as a Service (PaaS)であるCloud Foundry™ の1周年を迎え、新たな管理オープンソースパートナシップ、ソフトウェアの新システム、大規模サービス運用ツールや追加マルチクラウド展開選択ツールなどを発表しました。

複数の分野へ展開する Cloud Foundry
VMwareが2011年4月にリリースしたCloud Foundryは、Apacheライセンスでソース コードが利用でき、アプリケーション開発、導入、運用を簡素化および高速化するために設計されたクラウド時代のアプリケーション プラットフォームです。Cloud Foundryのさらなる普及に向け、以下の内容を発表しました。

コミュニティ : オープン ソース参加の簡素化
Cloud Foundryは、リリース当初からオープン ソース プロジェクトとして推進されてきました。GitHub上で広く分岐・追跡されているこのプロジェクトでは、開発者コミュニティの広範かつ多大な貢献によって、多くの主要な開発フレームワークやアプリケーション サービスのサポート、多彩なクラウド インフラへの展開、バグ修正、文書化、その他のコード提供が実現しました。

より幅広いコミュニティ参加を促すため、VMwareは本日、新たにCloud Foundry向けの新規ソース コード管理システムである「CloudFoundry.org」を導入しました。Cloud Foundryソース コードをコード レビュー向けのGerritおよび継続的インテグレーションツールのJenkinsと統合し、GitHubのパブリック コード リポジトリに集約することにより、新たなプロセス上でコミュニティ コード提供の簡素化やコード品質向上、コード変更時の可視性向上が実現します。

なお、国内では日本電信電話株式会社様およびNTTコミュニケーションズ株式会社様により、2012年2月25日にCloud Foundryの日本国内での普及促進と情報共有を目的とした任意団体「日本Cloud Foundryグループ」が設立されています。

* 日本Cloud Foundryグループに関する詳細は下記リンクを御覧ください。
http://www.cloudfoundry.gr.jp/

パートナ: Cloud9 Collabnet ServiceMesh SOASTA X.commerce (eBay 傘下 ) Cloud Foundry のサポートを海外で発表
現在、多くの企業がCloud Foundryとその周辺システムへの投資を表明しており、開発およびツール提供者、クラウド管理ベンダー、パブリック クラウド運用事業者、フレームワークおよびアプリケーション サービスの開発者、アプリケーション開発者など含めた形で、活気あふれるエコシステムの構築に貢献しています。本日、Cloud9、Collabnet、ServiceMesh、SOASTA、eBayのX.commerce各社がCloud Foundryのサポートを発表しました。現在、Cloud9のブラウザ ベースの統合開発環境は、Cloud Foundryのあらゆるインスタンスへの展開もサポートしています。Collabnetは、俊敏なエンタープライズ開発ツール向けにCloud Foundryのサポートを追加しています。ServiceMeshは、エンタープライズ向けクラウドアプリケーション管理プラットフォームであるAgility PlatformにCloud Foundryをポリシー ベースで追加導入しました。SOASTAは、Could Foundryベースの自動テスト ソリューションを提供します。そして、eBayのオープンでエンド ツー エンドのコマース プラットフォームであるX.commerceは、Cloud Foundryをベースに構築されています。

コード:大規模かつ高信頼性の運用が可能に
VMwareは本日、大規模サービスのリリース エンジニアリングや展開、ライフサイクル マネジメント向けのオープン ソースのツール チェーンである「Cloud Foundry BOSH」を発表しました。システマチックで規範に則ったサービス展開を実現するため、BOSHはCloud Foundryのプロダクション インスタンスの運用を容易にします。CloudFoundry.comの運用過程で証明されたように、BOSHは「CloudFoundry.org」のApacheライセンスの利用が可能なことに加え、現時点でVMware vSphereのサポートとAmazon Web Servicesの初期サポートが含まれています。ソースコードは、現在 www.github.com/cloudfoundry/boshで入手可能です。

クラウド: マルチ クラウドのメリットを最大限に引き出す
オープンなPaaSとして、Cloud Foundryは開発者が特定のクラウドに縛られることなく、さまざまなクラウドおよびクラウド インフラ上で稼働できるように設計されています。このビジョンの有効性は、今日Cloud Foundryをサポートするさまざまなプライベート クラウド、クラウド管理および開発ソリューション、パブリック クラウド オペレータによって証明されています。このようにCloud Foundryは多様性を備えることで、さまざまなクラウド導入オプションをお客様に提供するとともに、その選択と柔軟性を保護しています。単一のアプリケーションを、Cloud Foundryのさまざまなインスタンスに数分で展開できることが可能になりました。

VMware Inc. CTO R&D 担当上級副社長 スティーブ・ハロッド( Steve Herrod )コメント:

「業界初のオープンなPaaSとしてCloud Foundryが1年前にリリースされて以来、クラウド アプリケーションを構築/導入する方法を模索していた開発者には画期的な変化がもたらされ、Cloud Foundryとその周辺システムには巨額の投資が行われてきました。最新のアプリケーション開発に求められる多様性やスピードに対応できる、Cloud Foundryのシンプルなアプローチによって、開発プロセスのほぼ全ての段階において複雑さが解消されました。これにより開発者の皆様は、業界で今起こっているイノベーションを活用できるようになりました」

■本アナウンスに関する詳細は こちらへ(英語サイト)
* パートナからのコメントその他詳細は、US リリース原文をご覧ください。
http://www.vmware.com/company/news/releases/vmw-cloud-foundry-041112.html

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、お客様がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、35万社を超えるお客様、および5万社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2011年度の売上高は、37億7,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、Cloud Foundry、VMware vSphereは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。