プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware、Samsungとのパートナシップを拡大し、AirWatch Enterprise Mobility ManagementとSamsung KNOX Workspaceの再販契約を締結

VMware、Samsungとのパートナシップを拡大し、AirWatch Enterprise Mobility ManagementとSamsung KNOX Workspaceの再販契約を締結

*本内容は、2015年9月22日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

【2015年9月22日(米国時間)アトランタ発】
VMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、モバイルセキュリティとエンタープライズ モビリティ管理のリーディング企業であるAirWatchが開催するAirWatch® Connect™で、新たにSamsungと2つの新しい再販契約を締結したと発表しました。この再販契約には、VMwareによるSamsungの企業向けセキュリティ ソリューションであるKNOX Workspaceの世界市場での再販と、Samsung Electronics America傘下のSamsung Business Servicesによる、業界をリードするAirWatch by VMware™ Enterprise Mobility Management™ Suiteの米国での再販が含まれます。

今回のパートナシップ拡大により、顧客は以下のメリットを享受できるようになります。

  • AirWatch Enterprise Mobility Management™とSamsung KNOX Workspaceを組み合わせたエンド ツー エンドのモバイル セキュリティを通じて、国防レベルかつハードウェア ベースのセキュリティを提供
  • AirWatchとKNOX Mobile Enrollmentによるシンプルかつ効率的な登録機能を活用し、IT部門は直感的な操作が可能な単一の管理コンソールから数千のデバイスを高速に展開可能
  • パブリックなアプリケーション、自社アプリケーション、市販アプリケーションを簡単に管理、保護、記録できる高度なアプリケーション管理

VMwareは、顧客が最新のSamsung Galaxy端末向けにKNOX Workspaceの購入、ポリシーの適用、アプリケーションのインストールと導入などを実施するためのさまざまなサポート サービスを提供します。KNOX Workspaceは、ハードウェアとソフトウェアの両面からデバイスを保護できる政府認定のコンテナ ソリューションです。

また、この戦略的提携により、Samsung Business Servicesは米国でAirWatch by VMware Enterprise Mobility Management Suiteを再販できるようになります。AirWatchは、一元化されたコンソールからすべてのデバイスを管理するために、既存の企業システムと統合しながら、シンプルかつセキュアな方法でのモビリティ管理をサポートします。そして、AirWatchはあらゆる種類のデバイス、導入方法、企業ニーズに対応し、企業によるビジネス モビリティへの移行をサポートします。

本日の発表の詳細は下記URL(英語)もご参照ください。
http://www.air-watch.com/solutions/android/samsung-knox-management/

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアの年間売上高は60億ドル超(2014年度)で、50万社を超える顧客を有しています。シリコンバレーに本社を置き、全世界にオフィスを展開しています。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、AirWatch、AirWatch by VMware、AirWatch by VMware Enterprise Mobility Management、AirWatch Enterprise Mobility Management、AirWatch Connectは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。