プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、仮想化システム向けセキュリティ技術、VMware VMsafeを発表

ヴイエムウェア、仮想化システム向けセキュリティ技術、VMware VMsafeを発表

新しいVMware VMsafeテクノロジによって、仮想データセンタが物理環境よりも安全に

*本内容は、2008年2月27日(仏国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年2月27日フランス、カンヌ発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、フランスのカンヌで開催された『VMworld Europe 2008』において、新たなセキュリティ テクノロジVMware VMsafeを発表しました。このテクノロジは、物理環境では不可能だった方法で、仮想マシンで実行されるアプリケーションを保護し、ベンダーは、VMsafe APIを使用して、最新世代のマルウェアと戦う高度なセキュリティ製品を開発できます。VMsafeテクノロジはヴイエムウェアハイパーバイザに統合され、ウィルス、トロイの木馬、キーロガーなどが仮想マシンに到達する前にこれら脅威と攻撃を防ぐための透明性を提供します。20のセキュリティ ベンダーがVMsafeテクノロジを受け入れ、仮想マシンのセキュリティを向上させる製品を構築しており、これによって、仮想環境は物理システムでは不可能なほど高いレベルのセキュリティと保護を提供します。

データセンタ製品およびソリューション担当バイスプレジデントであるラグー ラグラム(Raghu Raghuram)は次のように述べています。
「ヴイエムウェアには既に、アプリケーションを実行するための非常に信頼性の高い仮想化プラットフォームがあります。今回は、物理システムでは決して実現できない方法で、セキュリティの水準を高めました。業界は、仮想マシンでアプリケーションを実行することの新しい利点をお客様に提供する、完全に新しいセキュリティ製品を計画し、全力を挙げてVMware VMsafeテクノロジをサポートしています。」

パートナーによるVMware VMsafeテクノロジの受け入れ

VMsafeテクノロジは、仮想化のハイパーバイザ層に統合され、全く新しい方法で最新世代のマルウェアを検出し、除去します。ヴイエムウェアハイパーバイザはソフトウェアの非常に薄い層で、オペレーティング システムから独立してサーバ ハードウェア上で直接実行されます。これによって、ユーザーは、アプリケーションを実行するサーバ上に仮想マシンを作成できます。VMsafeテクノロジは、仮想マシンのメモリ、CPU、ディスク、I/Oシステムを透明化し、システムの実行をあらゆる観点から監視します。VMsafeテクノロジ上に構築されたセキュリティ製品は、物理マシンでは検出できない最新世代のルートキット、トロイの木馬、ウィルスを含むマルウェアがマシンに損害を与えたり、データを盗み出したりする前に、マルウェアを停止させることができます。
20のセキュリティ ベンダーが、VMsafe APIを使用して、仮想マシン用のオープンで相互運用可能なクロスプラットフォームの革新的製品を構築すると発表しました。

20のセキュリティ ベンダーが、VMsafe APIを使用して、仮想マシン用のオープンで相互運用可能なクロスプラットフォームの革新的製品を構築すると発表しました。
VMware VMsafeに関する詳細は、 http://www.vmware.com/go/vmsafeをご覧ください(英語版)。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、10万社を超えるお客様、および1万社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp/にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社

〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F

URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。