プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:2 分

VMware、VMware View™ 4.5 …

VMware、VMware View™ 4.5 の提供を開始

オンライン、オフラインを問わず豊富なユーザ環境を提供する初のエンタープライズ クラス デスクトップ仮想化ソリューション

【2010 年 9 月 13日 東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社 長:三木 泰雄)は、本日、VMware View™ 4.5 の提供を開始しました。VMware View™ 4.5 は、オンライン、オフラインを問わずエンド ユーザに豊富な仮想デスクトップ環境を提供する業界初のエンタープライズ クラス デスクトップ仮想化ソリューションです。企業は、包括的な仮想デスクトップ ソリューションであるVMware View 4.5 を活用し、最新のエンド ユーザ コンピューティング アーキテクチャを構築することで、セキュリティの向上、運用コストの削減、デスクトップ管理・運用の簡素化を実現できます。

エンド ユーザ コンピューティングに関する VMware のビジョンは、従来のデスクトップ コンピューティング環境から、ユーザ中心のアプリケーションやデータを提供する最新のモデルへの移行を支援します。VMware は、企業戦略として、20 年以上にわたるデバイス中心型の複雑なコンピューティングからユーザと IT 部門を解放し、ユーザ重視型のクラウド環境を企業に提供することを追求しています。

VMware View 4.5 の機能とメリット
VMware View 4.5 は、次のような新しい技術を提供して、デスクトップ仮想化に革新をもたらします。

  • オフライン デスクトップ アクセス VMware View Client with Local Mode は、業界初の総合的なオフライン仮想デスクトップ ソリューションです。ユーザは、ネットワークに接続していない場合でも、仮想デスクトップを使用することができます。VMware View Client with Local Mode は、オフラインでの作業が必要な場合だけでなく、社員の持ち込み PC や契約業者のデバイス などを使用する場合にも適用可能なソリューションを提供します。VMware View Client with Local Mode は、革新的な管理技術によって、ネットワークへの接続状態に関係なく仮想デスクトップ全体に対して、セキュリティ ポリシおよびコンプライアンス ポリシを一貫して適用することができます。
  • 迅速かつ費用対効果に優れた Windows 7 への移行 VMware View 4.5 は、Microsoft Windows 7 を完全にサポートし、従来のOSからの移行に必要となるコストと時間を大幅に削減するモデルを提供しています。VMware View 4.5 とアプリケーション仮想化製品である VMware ThinAppを併用するお客様は、さらに高いメリットがあり、 Windows 7 への移行にかかる時間とコストの 50 % 削減などのさらに高いメリットが享受できます。お客様は、 VMware の ROI 計算ツール(英語サイト) を利用すると、コスト削減額を試算することができます。
  • 管理機能の強化 VMware View Administrator の機能が強化され、これまで以上の管理性、拡張性、および効率性を IT 組織に提供します。VMware View Administrator には、役割ベースの管理ダッシュボードおよび監視ダッシュボード、よりシンプルなレポート機能、および第三者ツールのサポート機能が追加されました。1 つの管理インターフェイスを使用して、仮想デスクトップをさらに簡単に管理できるようになります。
  • アプリケーション割り当ての統合:VMware View 4.5 は、VMware View Administrator コンソールとアプリケーションの割り当て機能を統合して、エンド ユーザに対する仮想アプリケーションの提供を簡素化します。この統合は、ThinAppアプリケーションの中央集中管理と、プールまたは個人のデスクトッ プへのアプリケーションの提供を簡単に実現します。
  • ユーザ体験の向上:エンド ユーザに対してLANやWAN経由で仮想デスクトップ提供を最適化する機能拡張によって、VMware View 4.5は、エンド ユーザ体験のさらなる向上を目指すと共に、様々な新しい用途に対応していきます。VMware View 4.5におけるPCoIP protocolへの機能拡張は、より幅広い認証システムへのサポート、ゼロ クライアント機能の向上、広域エリア リンク経由のエンド ユーザによるインタラクションの最適化などが含まれます。
  • ソリューション コストの削減:階 層型ストレージが追加されたVMware View 4.5は、お客様が高性能でローカルのストレージなどを含む複数のストレージ階層を利用可能にすることで、ストレージ コストの削減を支援します。これは、ストレージ パフォーマンスを最適化することは勿論のこと、仮想デスクトップ環境のストレージ ニーズに関連するコストの削減を可能にします。VMwareでは、お客様がスケーラブルで、費用対効果の高いデスクトップ仮想化ソリューションを展開でき るようサポートするリファレンス アーキテクチャを提供するため、Dell、HP、Cisco、NetApp、 EMCなどのストレージ パートナと協業しています。さらに、View 4.5とVMware Viewの主要コンポーネントであるvSphere 4.1との統合によって、お客様はデスクトップ仮想マシーンの更なる統合し、サーバ使用率の向上やソリューション コストのさらなる最適化を実現できます。
  • 強化されたセキュリティ機能 セ キュリティ管理機能が改善され、セキュリティ カードがサポートされたことで、ユーザは機密情報を保護しながら仮想デスクトップに安全にアクセスできます。企業は、リモート オフィス、支社、モバイルユーザ、さらにはアウトソーシングや委託契約で、安全で一貫したデスクトップ環境を提供できます。また、View 4.5 は FIPS 140-2 米国連邦政府のセキュリティ コンプライアンスをサポートしています。
  • 柔軟なデバイス端末 View は、Microsoft Windows および Mac のデバイス、ゼロ クライアント、シン クライアント、キオスク、および Apple iPhone、iPad、Android デバイスなどの新しいコンピューティング プラットフォームを含むほぼすべてのエンド ユーザ デバイスに対して、カスタマイズされた優れたデスクトップ環境を提供します。企業は、この機能により、新しく、柔軟なデスクトップ モデルを実現できます。契約従業員と社員は、各々の PC デバイスを使用し、この柔軟なデスクトップ モデルを利用することができ、また企業とユーザは、それぞれのシステムの管理性、セキュリティ、およびコンプライアンスを確保しながら、新しいデバイス タイプからより自由に選択できるようになります。VMware View に対応したクライアントの詳細な一覧については、次のサイトを参照してください。 http://www.vmware.com/resources/compatibility/view (英語サイト)
  • 最適化されたアンチウイルス 機能 VMware vShield™ Endpointの統合により、企業はアンチ ウイルスおよびマルウェア スキャン機能を中央一元管理し、仮想環境のパフォーマンスの最適化、アンチ ウイルス管理の簡略化、デスクトップ セキュリティの改善を実現できます。

VMware View 4.5 の新機能の詳細な一覧は、製品の データシートを参照してください。

■ご購入について
弊社国内パートナにお問い合わせください
www.vmware.com/jp/partners

価格について
VMware View 4.5 は、以下2 つのエディションによって構成されています

  • VMware View 4.5 Enterprise Edition( 同時接続可能な 1 接続単位の市場予想価格 18,000 ) VMware vSphere 4.1 for desktop、VMware vCenter 4.1、および VMware View Manager 4.5 を含みます。VMware View Manager 4.5 は、柔軟なデスクトップ管理サーバで、IT 管理者は迅速にプロビジョニングしたり、ユーザアクセスを厳密に制御したりできます。
  • VMware View 4.5 Premier Edition ( 同時接続可能な 1 接続単位の市場予想価格 31,000 )

VMware vSphere 4.1 for desktop、VMware vCenter 4.1、VMware View Manager 4.5、View Client with Local Mode、VMware ThinApp 4.6、VMware View Composerおよび VMware vShield Endpoint 1.0を含みます。

お客様は VMware View 4.5 の 60 日間 無償評価版をダウンロードできます。または、有効な SnS 契約を持つ既存のお客様は、 VMware View 4.5 Update をダウンロードできます。

VMware, Inc エンド ユーザ コンピューティング製品担当副社長 ヴィットリオ・ヴィアレンゴ (Vittorio Viarengo) 談:「VMware View™ 4.5 は、最新のデスクトップの方向性を明確にし、ユーザを中心としたアプリケーションとデータの提供モデルに対する VMware のビジョンを具現化するものです。本製品は、エンド ユーザの可搬性および IT の管理性の両方において、最高の機能を提供します。また、VMware View 4.5 は、市場で初めてオフライン ソリューションを提供しています。ユーザはデータセンタから仮想デスクトップをチェック アウトし、それらを持って移動できるようになるため、仮想デスクトップ テクノロジをより幅広く利用できます。」

*US参考資料原文、および参考資料内コメントは下記URLよりご覧ください。
http://www.vmware.com/files/pdf/vmworld/view4.5-backgrounder-en.pdf

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア (本社: カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、仮想化ソリューションおよびクラウド インフラストラクチャ ソリューションを IT 部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化プラットフォームである VMware vSphere™ を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現 することができます。2009 年度に 20 億ドルの売上、19 万社を超えるお客様、および 2 万 5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業の CIO によって常に 「最優先」 と位置付けられている企業です。VMware の詳細は www.vmware.com をご覧ください。

VMware、VMwareロゴ、VMware vSphere 、VMware Viewは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。