プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、NEC の世界最大規模の仮想PC 型シンクライアント システムにセキュアな仮想デスクトップ環境を提供

ヴイエムウェア、NEC の世界最大規模の仮想PC 型シンクライアント システムにセキュアな仮想デスクトップ環境を提供

12,000 台のシンクライアント環境を3 名で運用管理、46%のコスト削減を実現

【2008年9月16日 東京発】

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫、以下NEC)が、世界最大規模の、VMware 仮想デスクトップを導入し、エンタープライズ クラスの管理性と、セキュアなプロビジョニングを実現したことを発表します。

NEC がヴイエムウェア製品を選んだ理由は、データ セキュリティの強化と、デスクトップ管理の負担の削減、そして、膨大なデスクトップ システムの所有・運用に伴うコスト削減でした。NECでは、すでに12,000 人分のVMware 仮想デスクトップを導入し、2008 年度末には20,000 人分に達する予定です。この仮想デスクトップ インフラには、NEC が全世界で販売している「VirtualPCCenter」が利用され、現在本番環境で利用されている12,000 人分のデスクトップが、わずか3 人により運用管理されています。NEC は、従来型のデスクトップ コンピュータを仮想環境へ移行することにより、3 年間で約46%のコスト削減ができると試算しています。

「IT 運用という観点から見たシンクライアントの最大の特徴は、全社PC の一元管理の実現です。全社PC に新規ソフトウェアを導入・利用徹底する場合、これまで多大な労力をかけても2-3 カ月かかっていたものが、データセンタ内で数時間で実現できるようになりました。」 ―NEC 経営システム本部 シニアマネージャ 島野 進氏

仮想デスクトップにはこのほかにもさまざまなメリットがあると島野氏は指摘します。「従来のPC 環境では、ハードウェア障害が起こるたびに代替PC の手配に追われるなどの苦労がありましたが、予備のPC は必ず用意できるとは限りませんし、用意できたとしても、ユーザーのニーズを満足する構成になっていないかもしれません。「NEC US100」や「NEC US110」といったシンクライアントを、信頼性の高いサーバ「NEC Express5800 シリーズ」や、信頼性の高いストレージ「NEC iStorage シリーズ」に組み合わせた環境なら、障害自体がめったに発生しなくなります。万が一、障害が発生しても、仮想PC なら簡単にすばやく構築することができます。また、シンクライアントは、パッチやアップデートを行ったりといったユーザーの負担を軽減し、ユーザー自身がPC を守る必要もありません。」

VMware 仮想デスクトップでは、情報漏えいを防止するためのセキュリティも強化されます。PC ではなくシンクライアントを使うため、PC の社外持ち出し、さらにセキュリティ面で問題となる、USB ドライブやCD などのメディアを使ってのデータの持ち出しもできなくなります。データが一元的に保存・管理されるため、故意あるいは過失によるデータの漏洩を防ぐことができます。NEC のシステムでは、シンクライアントへ不要なソフトウェアを勝手にインストールすることもできません。セキュリティ パッチも、デスクトップごとではなく、中央で集中管理されます。

VMware 仮想デスクトップを選択した理由を、島野氏は以下のように述べています。
「ヴイエムウェアの製品は、仮想化によるクライアント統合において性能や機能、操作性などが先行していると感じていました。また、既存のPC 環境がまるごと仮想化環境で実現できる。つまり、いま各部門で活用しているクライアントアプリケーションがそのまま使える自由度の高さが、何といっても魅力でした。さらに仮想化技術を活用したサーバ統合実績など、NEC にはヴイエムウェアの製品に詳しいスタッフが多く、その信頼性を高く評価していたことも選択理由のひとつでした。」

NEC は、仮想PC シンクライアント システムとして、VMware 仮想デスクトップを活用した「VirtualPCCenter」を世界の顧客に提供しています。世界最大規模のシンクライアント システムの自社運用の経験・ノウハウは、製品強化にフィードバックされ、顧客にさらなる付加価値として提供されます。

VMware 仮想デスクトップを用いた「VirtualPCCenter」をNEC が採用した背景には、その前に行われたデータセンタの仮想化プロジェクトが成功したことがあります。これらのプロジェクトを通じて、NEC は、数々の成功例を持つヴイエムウェアの仮想化テクノロジの信頼性と安定性を、自らがユーザーという立場で体感しています。

「VirtualPCCenter」の詳しい情報は、2008 年9 月16 日から18 日にラスベガスで開催されるVMworld 2008 のNEC ブース(#408)にて展示、デモを行っております。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および1万8千社近いパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。