プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、運用コストを抑えながら IT 管理の簡素化と自動化を実現する新製品発表

ヴイエムウェア、運用コストを抑えながら IT 管理の簡素化と自動化を実現する新製品発表

アプリケーションのパフォーマンス監視、クリアな従量課金、および社内クラウド開発 / テスト管理機能を提供

【2009 年 7 月 14 日 (日本時間) 東京発】ヴイエムウェア株式会社は本日、仮想化の管理性を向上させる新製品「VMware vCenter™ Chargeback 1.0」と現行製品からのバージョンアップ版である「VMware vCenter™ Lab Manager 4.0」の出荷開始を発表致します。あわせて新製品「VMware vCenter™ AppSpeed 1.0」 を国内発表致します。

これらの新製品は、アプリケーションのパフォーマンス監視、従量課金への対応、および開発 / テスト環境の管理といった重要な IT プロセスを簡素化および自動化し、データ センターでの IT 生産性を向上させます。これにより、お客様が今後仮想化環境を拡張する際に、さらにそのシステム価値を高めることが可能となります。

VMware vCenter Chargeback 1.0
VMware vCenter Chargeback 1.0(以下Chargeback)は、仮想化環境の使用状況に応じてコストを配分し、レポートを生成することで、企業全体での請求の所在を明確化します。Chargeback を使うと、基本コスト モデル、固定費、およびそれ以外のコストについてデータ センターのリソースにマッピングした上で各コスト センターに適用できるため、企業内で適切なコストの割り当てが可能となります。
Chargeback をご利用いただくことにより、以下の利点をユーザに提供します。

  • 各業務部門に対して利用したリソースとそのコストを明確に示すことにより、業務部門へのチャージバックを実施していない場合であっても、費用に関する情報を「可視化」することが可能
  • 企業内の各業務部門に提出できる品質の詳細課金レポートを自動的に作成
  • IT 環境をコスト センターからバリュー センターに転換

■ 購入方法について
本日より随時、国内販売パートナ様よりご購入いただけます。
パートナ様に関する情報は http://www.vmware.com/jp/partners/をご覧ください。

■ 価格について
Chargeback (市場予想価格 税別:93,000円)
*本価格はサポートおよびサポートサブスクリプションは含まれません
*本価格CPU1ソケットあたりの価格になります

本製品に関する詳細は、 http://www.vmware.com/products/vcenter-chargeback/(英語サイト)をご覧ください。

VMware vCenter Lab Manager 4.0
VMware vCenter Lab Manager 4.0(以下Lab Manager) は、IT部門が開発/テストのための社内クラウドを構築し管理するにあたり、ユーザ自身にマルチティアなアプリケーションの開発、テスト、ステージング、および展開に必要なそれぞれのリソースに対するアクセスを可能にすることで、より高いサービス レベルを提供します。IT 部門は Lab Manager を使用することにより、構成済みの複数仮想マシン環境の共有ライブラリに対し、ユーザが各自の役割に基づきオンデマンドでアクセスできるようになります。この結果、IT 部門はシステムのセキュリティと完全な管理を維持すると同時に、システムの設定と撤去を繰り返す作業を排除する事ができます。

今回追加された新機能:

  • VMware Stage Manager(国内未発売) との統合により、アプリケーションの開発環境から本番環境へ効率的な展開、リリース管理の簡素化、およびトレーニング、サポート、オンライン デモの環境改善といった、複数の利用ニーズを単一ソリューションで対応
  • 次世代のネットワーク フェンシング機能により、非常に大規模なアプリケーション環境において複数インスタンスで作業するチームのサポートを向上
  • ESX および ESXi の両方をサポートすることにより、IT 管理者へ社内クラウド リソース配備のより多くの選択肢を提供

Lab Manager により、IT 部門は開発 / テスト環境のインフラ コストおよび管理にかかる間接費を削減し、同時にユーザはチーム内での共同作業環境の改善によりワークフローを短縮し、新規またはアップデートしたアプリケーションの市場投入時期を早めることが可能になります。

■ 購入方法について
本日より随時、国内販売パートナ様よりご購入いただけます。
パートナ様に関する情報は http://www.vmware.com/jp/partners/をご覧ください。

■ 価格について
Lab Manager (市場予想価格 税別:186,000円)
*本価格はサポートおよびサポートサブスクリプションは含まれません
*本価格CPU1ソケットあたりの価格になります

■ Lab Manager 3からのアップグレードについて
有効なサポートおよびサブスクリプション契約を締結したLab Manager 3 または
Stage Manager ユーザは、無償でLab Manager 4.0 にアップグレードすることができます。
ライセンスのアップグレードはライセンスポータルにて実施できます。

■評価版入手方法について
Lab Manager 評価版の申し込みは http://www.vmware.com/go/jp-try-vcenter-lab-manager をご覧ください。

本製品に関する詳細は、 http://www.vmware.com/go/labmanager(英語サイト)をご覧ください。

VMware vCenter AppSpeed 1.0
VMware vCenter AppSpeed 1.0(以下、AppSpeed)は、仮想マシン上で動作しているマルチティア アプリケーションに対し、サービス レベルのレポート機能とプロアクティブな管理機能を提供します。IT 管理者は AppSpeed によりすべてのアプリケーション階層を管理することができ、仮想化環境および物理環境の両方について、アプリケーション パフォーマンスがどのようにそれぞれの階層レベルに依存しているのかを確認することができます。導入が容易で既存の環境に影響を与えない AppSpeed は、わずか数分のインストールの後、検出、監視、およびそのレポートが可能となり、以下の利点をユーザに提供します。

  • アプリケーション パフォーマンスとアップタイムの向上
  • パフォーマンス上の問題を迅速に解決することで、管理にかかる時間を節約
  • 仮想化適用範囲の拡大と導入の短時間化

■製品提供時期について
国内出荷に関しては、確定し次第発表いたします。

本製品に関する詳細は、 http://www.vmware.com/products/vcenter-appspeed/(英語サイト)をご覧ください。

VMware Inc, Vice President, Product Marketing, Server Business Unit Bogomil Balkansky からのコメント:
「お客様がVMware による仮想化ソリューション導入を進め、仮想化による効率性と機敏性の向上を実現すると、VMware プラットフォーム本来の能力を活用できる機会が広がり、重要な IT 管理プロセスの簡素化および自動化を実現します。仮想化の第一段階が設備費の削減であったとするならば、次の段階は革新的な仮想化環境の管理機能です。これによって IT 部門は、日々の単純作業から解放され、生産性の向上、および IT 運用コストの削減が可能になります。これらの新しい vCenter 製品により、VMware のお客様は、データ センターをさらに効率化し、サービス レベルの制御性を高め、柔軟性を向上できます。」


ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2008 年度に19 億ドルの売上、13 万社を超えるお客様、および2 万2 千社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMC です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jpにてご覧いただけます。

VMware、VMware ロゴ、VMware vCenter はVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。