プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

EMCとシスコが、VMwareと共にVirtual Computing Environment 連合の日本における戦略を発表

EMCとシスコが、VMwareと共にVirtual Computing Environment 連合の日本における戦略を発表

~日本市場におけるプライベート クラウド基盤の採用加速に向けたVblock共同販売の取り組み、実証ラボ環境の構築、サービス、サポート窓口についての概要を説明~

2010年2月9日
EMCジャパン株式会社
シスコシステムズ合同会社
ヴイエムウェア株式会社

EMCジャパン株式会社(代表取締役社長:諸星 俊男、住所:東京都渋谷区代々木、以下EMC)とシスコシステムズ合同会社(社長:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)、ならびにヴイエムウェア株式会社(代表取締役社長:三木 泰雄、住所:東京都港区浜松町、以下 ヴイエムウェア)は本日、2009年11月に発表した「Virtual Computing Environment(バーチャル コンピューティング エンバイロメント:仮想コンピューティング環境、以下VCE連合)」の日本における市場開拓と販売戦略を発表しました。

EMC、シスコ、およびヴイエムウェアは、日本のシステムインテグレータ、サービスプロバイダー、チャネルパートナーの皆様にVblock Infrastructure Packageを再販していただくことで、お客様によるVblock Infrastructure Packageの採用を拡大します。Vblock Infrastructure Packageは、完全に統合、試験、検証済みで、すぐに利用・拡大可能な基盤パッケージです。EMC、シスコ、ヴイエムウェアによる最高の仮想化、ネッ トワーク、コンピューティング、ストレージ、セキュリティ、管理技術を結集し、エンドツーエンドのベンダーアカウンタビリティーを実現します。また、 Vblockシステムを国内で展開するにあたり、プロフェッショナル サービスや保守サポート サービスを3社共同で提供する体制を構築していきます。これにより、お客様やパートナー様が、安心してプライベート クラウドを具現化するための、統合化された、一貫したサポートをお客様に提供します。

また、EMCとシスコはヴイエムウェアと共にVblockの検証ファシリティを設立しました。本検証ファシリティでは、先進的な企業内クラウドソ リューションのモデルケースを検証すると共に、お客様やパートナー様向けのVblock Infrastructure Packageの共同検証や障害解析にも活用していきます。

Virtual Computing Environment連合は、データセンター仮想化の普及とプライベート クラウド基盤への移行により、より柔軟なIT基盤を提供し、IT、エネルギー、不動産関連のコストを削減することで、お客様のビジネス上の俊敏性向上を支 援することを目的に設立されました。

Vblockパートナー エコシステム

現在のところ、Vblockパートナーエコシステムへの参加を表明し、Vblockの販売・システムインテグレーションの準備を進めているのは、ア クセンチュア株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、新日鉄ソリューションズ株式会社、東芝ソリューション株式会社、日本ビジネスシステムズ株 式会社、株式会社ネットマークス、ネットワンシステムズ株式会社、ユニアデックス株式会社の8社です。他のパートナー様にもVblockを販売・システム インテグレーションしていただけるよう、引き続き、販路の拡大に努めて参ります。

EMC、シスコ、ヴイエムウェアは日本の強力なパートナーと協力し、Vblock Infrastructure Packageをお客様に再販し、システムの導入をサポートして参ります。

  • 日本のすべてのパートナーが一丸となり、Vblockシステムの強化、販売、提供を行い、あらゆる規模の組織における仮想化およびプライベート クラウドの普及促進を支援します。
  • EMC、シスコ、ヴイエムウェアは、システムインテグレータやチャネルパートナーに、プライベート クラウド基盤展開のためのビジネスおよび技術面におけるソリューション設計ガイドおよびトレーニングを提供します。
  • Vblockシステムは、幅広いオペレーティング システムやアプリケーションをサポートしているため、パートナー様やお客様は、既存のアプリケーションをVblock統合基盤に簡単に移行し、データセンター全体にわたる大規模な仮想化を迅速に行うことができます。

Vblock Infrastructure Package

EMC、シスコ、ヴイエムウェアは、以下のVblock Infrastructure Packageファミリを提供します。尚、Vblock 0については、米国でのリリース後に提供を開始する予定です。

  • Vblock 2は最大3,000~6,000台の仮想マシンをサポートするハイエンド向けの構成をとり、大企業やサービスプロバイダーの厳しいITニーズに応じた拡張 が可能です。「ゼロから取り組む」大規模な仮想化に適しており、シスコのUnified Computing System(UCS)、Nexus 1000v、マルチレイヤ ディレクショナル スイッチ(MDS)、EMCのSymmetrix V-Maxストレージ(RSAのセキュリティ機能搭載)、VMware vSphere™ 4が採用されています。
  • Vblock 1は800~最大3,000台の仮想マシンをサポートする中規模向けの構成をとり、あらゆる規模の組織に幅広いIT機能を提供します。統合や最適化に適し ており、シスコのUCS、Nexus 1000v、MDS、EMCのCLARiXストレージ(RSAのセキュリティ機能搭載)、VMware vSphere™ 4を活用した再現可能なモデルで構成されています。
  • Vblock 0は300~最大800台の仮想マシンをサポートするエントリーレベルの構成をとり、中規模企業、ならびに小規模のデータセンターや組織に、初めてプライ ベート クラウドのメリットをもたらすと同時に、チャネルパートナー、システムインテグレータ、サービスプロバイダー、ISV、顧客企業のテストや開発をサポート します。シスコのUCSとNexus 1000v、EMCのUnified Storage(RSAのセキュリティ機能搭載)、VMware vSphere™ 4を活用した再現可能なモデルで構成されています。

検証ファシリティの連携

EMC、JEC(ジャパン エンジニアリング センター、所在地:神奈川県川崎市)とシスコ、CPOC(Customer Proof Of Concept、通称:シーポック、所在地:東京都港区)内に新たにVblockの検証ファシリティを開設し、Vblockによるプライベート クラウド構築の検証環境をいち早く構築しています。また、将来のクラウド間連携を見据えた検証環境を用意し、お客様、パートナー様がVblockを検証い ただける環境の準備を進めています。現在試験運用を開始しており、本年3月に一般への開放を予定しています。

プレセールス、プロフェッショナル サービス、サポート活動の統合

VCE連合は、専用のプレセールス、プロフェッショナル サービス、サポートの窓口を一元化することで、お客様およびパートナーの皆様に、統合された一貫したサポートを提供します。

  • VCE専任の営業・SE部隊は、Vblockアーキテクチャに関して十分なトレーニングを受けており、お客様およびパートナーの皆様とご相談しながら、ソリューションの提供を円滑に進めます。
  • VCE 連合が共同で開発し、提供するプロフェッショナル サービスは、いかに価値を最大化し、問題解決の時間を短縮するかをお客様にご理解いただくためのサービスです。具体的には、「エグゼクティブ・アドバイザ リサービス」、「アーキテクチャ・アドバイザリサービス」、「ストラテジサービス」、「デザイン・導入支援サービス」などがあります。
  • VCE 連合では、統合化されたサポートにより、仮想化とプライベート クラウドソリューションを対象にしたテクニカルサポートを提供し、問題を迅速に解決します。また、VCE連合は、専門性の高い双方向のトレーニングならび に共同の問題再現ラボへの投資を行うほか、総合的なプロセスやベストプラクティスの責任を持って提供していきます。
  • 国内では、それぞれ2月のリリースを予定しています。

日本におけるVblock パートナー各社様の賛同文 (五十音順)

アクセンチュア株式会社
代表取締役社長
程 近智 様

アクセンチュアは、シスコ、EMCジャパン、ヴイエムウェア 3社によるVCE連合の、日本における取り組みを歓迎し、業界を代表する3社のテクノロジを結集したVblock Infrastructure Packageが、プライベート クラウドの基盤としてお客様に広く採用されることを期待しています。アクセンチュアとシスコは、2009年12月にアクセンチュア・シスコ ビジネスグループを設立し、アクセンチュアの豊富な知見とシスコシステムズの業界先端技術とを組み合わせて、国内のお客様に最適なソリューションを提供す る基盤を強化しました。今後はVblockを含め、お客様のビジネスの成長に貢献するクラウド構築を推進していく所存です。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
取締役 兼 常務執行役員
齊藤 晃 様

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、シスコ、EMCジャパン、ヴイエムウェア 3社によるVCE連合の日本における取り組みを歓迎致します。CTCは、マルチベンダー環境における次世代IT基盤や、これらを有効かつ効果的に統合する 仮想化をベースにしたクラウドソリューションにいち早く取り組み、お客様に最適なコンピューティング環境を提供してまいりました。
シスコ、EMC ジャパン、ヴイエムウェア 3社との強力な協業体制の下、今回発表された「Vblock Infrastructure Package」とCTCが持つ豊富な経験とインテグレーションノウハウ及びデータセンター運営の実績を連携させることで、お客様のニーズに合わせて革新 的なクラウド基盤を提供できるようになると確信しています。

新日鉄ソリューションズ株式会社
常務取締役 ITインフラソリューション事業本部長
宮辺 裕 様
新 日鉄ソリューションズ株式会社は、シスコ、EMCジャパン、ヴイエムウェア3社によるVCE連合の日本における取組の発表を歓迎致します。クラウド環境へ の移行によるコスト削減等の要望は非常に多く、弊社は「NSGRANDIR/エヌエスグランディール」、「absonne/アブソンヌ」を軸としてプライ ベート クラウド、パブリック クラウドの両面でサービスを提供しております。業界を代表する3社が提供する製品が、投資対効果に優れ、信頼性の高いソリューションとして日本で普及して いくことを確信しており、弊社が提供するクラウドサービスへの採用を検討しております。

東芝ソリューション株式会社
取締役 プラットフォームソリューション事業部長
栗原 高明 様
東 芝ソリューションは、VCE連合の戦略発表を歓迎します。今回の3社共同発表が、クラウド市場への力強いメッセージになるとともに、技術検証が済んだ Vblockの活用が、お客様に迅速で強固なクラウド環境を提供するものと確信しています。当社は、これまでミッションクリティカル分野で培ってきた技術 力、サポート力とVblockを組み合わせ、高品質なサポートサービスを提供して、お客様のご要望に応えて参ります。

日本ビジネスシステムズ株式会社
代表取締役社長
牧田 幸弘 様
日本ビジネスシステムズ 株式会社は、シスコシステムズ、EMCジャパン、ヴイエムウェア3社によるVCE連合の日本における取り組みの発表を歓迎いたします。当社は既存のシステ ムからプライベート型クラウド環境への移行を実現するためMicrosoft Exchange Serverをモデルケースとした次世代のインフラアーキテクチャに最適な構成を検討してまいりました。中でもVblock Infrastructure Packageはクラウド環境をリードしていく強力なソリューションであると期待しており、お客様によりご満足いただけるソリューションの実現に向けて、 3社とのアライアンスを更に推進してまいります。

株式会社ネットマークス
代表取締役社長
大橋 純 様
ネットマークスは、ICT業界を代 表する3社によるVCE連合の取組みの発表を大変喜ばしく歓迎しております。弊社はVCE連合各社との協業により、多くの実績がありますが、3社が技術を 結集することでもたらされる相乗効果は計り知れず、クラウド市場における新たな展開に期待しております。今後もお客様のビジネスの機動力向上に寄与すべ く、Vblock Infrastructure Packageを核としたクラウドソリューションを推進してまいります。

ネットワンシステムズ株式会社
代表取締役社長
吉野 孝行 様
ネットワンシステムズ株式 会社は、シスコシステムズ合同会社、EMCジャパン株式会社、ヴイエムウェア株式会社3社によるVCE連合の、日本市場における取り組みを歓迎致します。 弊社は3社それぞれに応じた認定技術者を多数擁し、これまでも高度なシステム要件に対する大規模なクラウド環境の構築を手がけてきました。今後、さらに3 社とのアライアンスを強化し、VCE連合のシームレスなサポートのもと、プライベート クラウドの構築を検討されているお客様へ向けて「Vblock Infrastructure Package」を提供することで、ICT基盤の関連コストを削減するとともに、ビジネスに貢献できる柔軟で俊敏性の高いプラットフォームの構築を支援し て参ります。

ユニアデックス株式会社
代表取締役社長
高橋 勉 様
ユニアデックス株式会社は、シス コ、EMCジャパン、ヴイエムウェア 3社によるVCE連合の日本における取り組みの発表を歓迎致します。業界を代表する3社のテクノロジーを結集したVblock Infrastructure Package(以下Vblock)がクラウドの基盤としてお客様に採用されることを期待しています。ユニアデックスは、Vblockのベースとなる Cisco UCSおよびNexus、VMware、EMCストレージおよびIonixにいち早く取り組んでおります。今後はさらに3社との連携を強化し、ユニアデッ クスの蓄積されたクラウドの構築技術と長年のミッションクリティカル・システムのサポート経験とともにお客様への最適なクラウド基盤構築とデータセンタに おけるVblockの適用を推進していく所存です。

###

EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・ テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関 する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。 http://japan.emc.com/


シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワー キングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯 楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。 http://www.cisco.com/jp

VMwareについて

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。 業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献 を行いながら実現することができます。2009年度に20 億ドルの売上、17万社を超えるお客様、および2 万5 千社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置 付けられている企業です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。