プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

仮想デスクトップクラウドサービス分野における協力関係の構築について

2013-6-10
株式会社 東芝
ヴイエムウェア株式会社

仮想デスクトップクラウドサービス分野における
協力関係の構築について

株式会社東芝(以下、東芝)と、ヴイエムウェア株式会社(以下、ヴイエムウェア)は、東芝の仮想デスクトップクラウドサービス(Desktop as a Service)の開発に関して、両社で協力することに基本合意しました。

仮想デスクトップクラウドサービスとは、クラウド事業者が提供する基盤上で、デスクトップ環境を提供するサービスです。ユーザーは、クラウド上にデスクトップ環境やドキュメントの保存ができ、社外からも職場のデスクトップ環境が使えます。クラウド上にデータが保存されることで、データの損失を回避でき、セキュリティも向上します。

今回開発するサービスは、東芝ソリューション株式会社(以下、東芝ソリューション)のストレージ製品「Toshiba Total Storage Platform」に、ヴイエムウェアのデスクトップ仮想化ソフト「VMware® Horizon View™」を組み合わせたシステムをコア技術とし、東芝はサービス提供のためのクラウド基盤を設計・構築します。ヴイエムウェアは、「VMware® Horizon View™」を提供するとともに、サービス開発に協力します。また、東芝は、新サービスを今年秋から米国を皮切りにグローバルに展開する予定で、両社はマーケティング面においても協力します。
なお、東芝ソリューションは、ヴイエムウェアの仮想デスクトップソリューション認定プログラムである「VMware Rapid Desktop Program」に日本企業として初めて参画します。

東芝は、「トータル・ストレージ・イノベーション」をコンセプトに、ストレージを活用したクラウドソリューションビジネスに取り組んでいます。今後、仮想デスクトップクラウドサービスの利用者は、グローバルで大きく増加していくことが想定されています。今回の開発を機に東芝は、高性能なクラウド基盤を用いたサービスの取り組みを加速していきます。

ヴイエムウェアは、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供しています。すでに多数の導入実績を持つ「VMware® Horizon View™」は「VMware® Horizon Suite™」の一製品としてエンドユーザにとっての高い操作性とITによる効率的な管理を両立する仮想デスクトップインフラ(VDI)環境を提供します。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、50万社を超える顧客、および5万5,000社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2012年度の売上高は、46億1,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

*VMware、VMware Horizon View, は、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

以 上