プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、vClient推進のため、ライセンス供与および共同開発に関する戦略的契約をTeradici Corporationと締結

ヴイエムウェア、vClient推進のため、ライセンス供与および共同開発に関する戦略的契約をTeradici Corporationと締結

高解像度のグラフィックスと多彩なマルチメディアをVMware Viewで実現

*本内容は、2008年9月16日(米国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年9月16日 (米国時間)米ネバダ州発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc. (米カリフォルニア州)は、米国ラスベガスで開催された世界最大規模の仮想化イベントであるVMworld 2008において、画期的なPC-over-IP技術*注1)のソフトウェアベースの実装方式について、ライセンス供与を受けるとともに、PC-over-IPのハードウェアベースの実装方式とのインテグレーションをvClientイニシアティブのステップとして組み込み、相互運用性を提供する契約をTeradici Corporation(以下、Teradici)と締結したと発表しました。

このプロトコル*注2)は、今後、VMware View*注3)製品に組み込まれ、ユーザーがどこにいても、どのデバイスを使っていても、パーソナライズされたデスクトップを提供することができ、デスクトップをデータセンタで集中管理することができます。

今回の契約により、VMware Viewにより仮想デスクトップを展開するお客様は、既存の標準LANや遅延*注4)が大きい広域ネットワーク(WAN)を使って、ストレスなくリモート デスクトップが使えるようになるとともに、TeradiciのPC-over-IPソリューションを統合したソフトウェアや、ハードウェア 導入ができるようになります。
株式証券業者や銀行、メーカー、設計業者、ヘルスケア、政府関連機関などにサービスを提供するIT組織には、仮想デスクトップ インフラストラクチャ ソリューションによってデータのセキュリティを高めると同時にデスクトップ管理業務の簡素化を図りたいというニーズが強くあります。今回のパートナーシップにより、TeradiciのPC-over-IPテクノロジーを使い、すべてのグラフィックス機能やマルチメディア機能がVMware Viewのリモート デスクトップで使用可能になれば、このようなユーザーを対象に普及が進みます。Teradicのテクノロジーを統合したVMware Viewは、ストリーミング*注5)による動画や高解像度のグラフィックス、高音質のオーディオ、マルチモニタのサポートなど、豊富なマルチメディア機能を従来のPCでの利用と同様にエンド ユーザーに提供することが可能です。

ハードウェアベースのTeradici PC-over-IPテクノロジーは、DellやIBMといったOEM企業を含むさまざまなパートナー企業で導入されています。ヴイエムウェアはソフトウェアによってVMware ViewへPC-over-IPを統合し、エンド ユーザーの幅広いニーズに対応できる柔軟性を実現するとともに、ハードウェアベースの導入に対する相互運用性も確保します。今後、ヴイエムウェアとTeradiciは、両社のソリューション パートナー各社とも協力し、WANへの最適化を進めるなど、PC-over-IPを次世代のディスプレイ プロトコルとしていきます。

VMware Viewにより、従来のPCをデータセンタに集約した仮想マシンに置き換え、どのデバイスを使う場合にも、エンド ユーザーはパーソナライズした「myview」*注6)を使えるようになります。この結果、エンタープライズは、デスクトップやアプリケーションの管理を簡素化するとともに、デスクトップ関連TCOの削減、データ セキュリティの向上、機能性、柔軟性、生産性の向上を実現することができます。

グローバルなエンタープライズ企業での厳しいデスクトップの使用条件に対し、PC-over-IPテクノロジーを搭載したVMware Viewは、セキュリティと管理を強化しつつ、デスクトップの柔軟性を高めることが可能です。金融サービスやメディア、エンターテイメントの分野では、マルチモニタや多彩なマルチメディアが必須の機能となりますが、そのような分野でも、今後は、VMware Viewによるユニバーサル クライアント*注7)を利用できるようになります。
ヴイエムウェアのデスクトップ製品およびソリューション担当バイスプレジデントであるジェフ ジェニングス (Jeff Jennings) は次のように述べています。

「ヴイエムウェアの顧客各社には、VMware Viewのメリットを最大限に活用しつつ、さまざまなネットワークやデバイスを使用し、最高のデスクトップ体験をエンド ユーザーに提供したいというニーズが強くあります。今回の契約締結は、ヴイエムウェアがvClientイニシアティブへ積極的に投資を行っていることを改めて示したと言えます。Teradiciと協力してPC-over-IPテクノロジーをVMware Viewに組み込み、グラフィックスやマルチメディアを多用するアプリケーションにおいてもPCと同等の利用環境をエンド ユーザーに提供できる日が来ることを楽しみにしています。」

Teradiciの社長兼CEO、Dan Cordingley氏は、次のように述べています。
「当社のPC-over-IPプロトコルのソフトウェアを開発し、VMware Viewへ統合するのは、Teradiciのテクノロジーの開発の方向性としてとても自然なことです。今後、PC-over-IPのソフトウェア ソリューションとハードウェアベースのソリューションを拡張し、ユーザーが望む、高いイメージングの品質と応答性を持つPCの利用環境をさまざまなデバイスに提供し、デスクトップ仮想化市場をヴイエムウェア社とともに拡大して行けることを大変うれしく思っております。」

TeradiciのPC-over-IP(PCoIP)テクノロジーのVMware View製品への搭載時期については、後日、発表する予定です。
VMware View関連の製品およびソリューションに関する詳細は下記URLをご参照ください。
www.vmware.com/go/vmwareview(英語版)

*注1)ネットワーク経由で、3Dワークステーショングラフィックスデータの圧縮転送、伸張するためのテクノロジー。ユーザー端末が強力なCPUやGPUを持たない場合でも、高速な3D画像表示や高精細動画の表示が可能になる。
*注2)ネットワークを介して コンピューター同士が通信を行なう上で、相互に決められた約束事の集合。
*注3)VMware Viewは、VMware Virtual Desktop Infrastructure (VDI)ソリューションを強化し、ラップトップやデスクトップで実行されるクライアントの仮想デスクトップとサーバにホスティングされた仮想デスクトップをカバーする製品群。
*注4)データの転送要求などのリクエストを発してから、リクエストの結果が返ってくるまでにかかる遅延時間。
*注5)インターネットなどのネットワークを通じて映像や音声などのマルチメディアデータを視聴する際に、データを受信しながら同時に再生を行なう方式。
*注6) VMware Viewの機能の一つ。エンド ユーザーは、常にパーソナライズされた環境でアプリケーションやデータを利用できる。
*注7)あらゆるパターンに展開可能で、どこから でもアクセス可能なプラットフォーム。

Teradici Corporationについて

Teradiciは2004年創業で、本社をカナダ、ブリティッシュコロンビア州バーナビーに置いています。Teradiciでは、ネットワーク経由のコンピューティングを企業における実用的なコンピューティング環境とすることができるユニークな技術、PC-over-IPを開発し、業界に先駆け、データセンタベースのコンピューティングにおいて優れたエンド ユーザー機能を可能にしました。Teradici独自のグラフィックス アルゴリズム、高性能シリコンによる処理、ホストとなるワークステーション/サーバ用のアドイン カードにより、パーソナル コンピューターの使い方、展開の仕方、管理の仕方が大きく変わろうとしています。Teradiciの詳細は、 www.teradici.comにてご覧いただけます。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および1万8千社近いパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。