プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware ESXがハイパーバイザとして初めてマイクロソフトのServer Virtualization Validation Program(SVVP)認定を取得

VMware ESXがハイパーバイザとして初めてマイクロソフトのServer Virtualization Validation Program(SVVP)認定を取得

ヴイエムウェア、Microsoftアプリケーションのサポートを拡大し
市場シェアの拡大に向けた基盤を構築

*本内容は、2008 年9 月3 日(米国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年9月3日 (米国時間)米カリフォルニア州発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、VMware ESXが、Microsoft Corporation(米ワシントン州、以下、マイクロソフト)のServer Virtualization Validation Program(SVVP)の認定を取得しました。認定を取得したのは VMware ESX 3.5 update 2(ESX 3.5u2)で、SVVP初のハイパーバイザが誕生しました。これにより、Windows ServerとMicrosoftアプリケーションをVMware製品上で使用しているユーザーは、マイクロソフトとヴイエムウェアの協力による技術サポートを受けられるようになります。

ヴイエムウェアのプロダクト マーケティング担当シニア ディレクタであるボゴミル バルカンスキー(Bogomil Balkansky)は、次のように述べています。
「仮想化はもう既にITの主流となっています。今回のマイクロソフトとの協力関係は、仮想化したMicrosoftアプリケーションのサポートをVMware ESXユーザーに提供するもので、仮想化の普及がいかに進んでいるのかを示すものだと言えます。ヴイエムウェアとマイクロソフトは、両社の顧客が仮想化のメリットとともに、プロフェッショナルな製品サポートによる安心をも得られるよう、体制を整えました。」

マイクロソフトのServer Virtualization Validation Program(SVVP)とは、ヴイエムウェアをはじめとするソフトウェア プロバイダ各社が提供する仮想化ソフトウェア上でWindows Server 2008を含むWindows Server製品を動作検証及び試験を行い、認定を与えるプログラムです。マイクロソフト以外のサーバ仮想化ソフトウェアであっても、VMware ESX 3.5u2のように認定を取得すれば、その仮想環境上で稼動するWindows Serverに対し、マイクロソフトによる共同技術サポートが受けられるようになります。つまり、サポートポリシーに準拠していれば、VMware ESX 3.5u2上でWindows Serverベースのアプリケーションを動作させていても、マイクロソフトによる共同技術サポートが受けることが可能です。
マイクロソフトはヴイエムウェアと協力して技術サポートを提供することになっていますが、ヴイエムウェアは、追加の保障を用意しました。これは、マイクロソフトとの契約により、VMware Premier Support(=ヴイエムウェア プレミア サポート)の1部として、アプリケーション関連の問題をヴイエムウェアがマイクロソフトへエスカレーションを実施し、マイクロソフトのエンジニアの協力を得て迅速に解決することができます。

マイクロソフトの統合仮想化技術担当シニア ディレクタであるゼーン アダム(Zane Adam)氏は、次のように述べています。

「仮想化はあらゆる規模の顧客が使用する主流テクノロジとして台頭する中、このテクノロジによるインフラストラクチャのスムーズな活用は重要事項となっています。そのためマイクロソフトでは、Server Virtualization Validation Programを創設し、マイクロソフト以外のベンダーの仮想化ソフトウェア製品であっても、認定を受ければ、確実な製品サポートを顧客各社が得られるようにしました。今回、ヴイエムウェアがServer Virtualization Validation Programへ参加したことを歓迎するとともに、これにより、当社顧客各社に相互運用性というメリットをもたらすプログラムへの参加企業が増えたことをマイクロソフトとしてもうれしく思っております。」

英国プリマス大学のインフラストラクチャ&オペレーション マネージャであるエイドリアン ジェーン(Adrian Jane)氏は、次のように述べています。
「当大学にとってMicrosoft Exchangeは必要不可欠なアプリケーションで、5万以上ものExchange 2007メールボックスをVMware ESX上で運用しています。このアプリケーションはパフォーマンスも可用性もとても優れているのですが、正式なアプリケーション サポートが受けられないことだけが懸念として残っていました。今回、VMware ESXがSVVPの認定を取得したことで、アプリケーション サポートを犠牲にすることなく、仮想化のメリットを十二分に得られるようになりました。また、もう少し広い観点から見ても、SVVPサポートが得られるようになったおかげで、今後、仮想化を基本ポリシーとしたアプリケーションの展開を自信をもって進めることができます。」

今回の認定取得は、既存のエンタープライズユーザに留まらず、数万単位で存在するヴイエムウェアの中堅・中小企業(SMB)ユーザーの皆様にとって特に大きな意義を持ちます。中堅・中小企業の多くは、必要となるハードウェアと電力消費が仮想化によって削減され、その結果、実現される大幅なコスト削減を目的に仮想化を導入しています。

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および1万8千社近いパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。