プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

“災害復旧”の画期的な自動化、管理の簡素化を実現する「VMware Site Recovery Manager」を国内で発売開始

“災害復旧”の画期的な自動化、管理の簡素化を実現する「VMware Site Recovery Manager」を国内で発売開始

【2008年9月16日 東京発】

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は、企業のIT システムの災害復旧(ディザスタリカバリ)管理と自動化のための画期的な新製品「VMware Site Recovery Manager」(=ヴイエムウェア サイト リカバリ マネージャー)を、2008 年内に、国内で発売を開始します。

ヴイエムウェアの製品/ソリューション担当 バイスプレジデントであるラグー ラグラム(Raghu Raghuram)は次のように述べています。
「災害復旧を効果的に実現することは、多くの企業や組織にとって大きな課題でした。『VMware Site Recovery Manager』を提供することにより、ヴイエムウェアは、災害復旧のプランニングと実施に伴う課題を解決します。革新的なフェイルオーバーのテスト、仮想マシンの管理、および自動化機能により、災害発生時に必要となる作業の予測性を高めると共に、復旧手順における人的な失敗を無くします。」

従来の復旧プランは、設定、維持に多くの労力と時間がかかるとともに、テストが極めて困難だったため、長時間にわたるダウンタイムが必要となっていました。この結果、重要なシステムのうち、適切に保護されるのは、システム全体でなく、最も重要な一部のみに適応している状態でした。
例えば、データセンタを対象とする従来の復旧プランには、管理マニュアルに記載された何百ページにもわたる手順書が必要とされ、その正確性を維持することや最新の情報を盛り込むことは、困難でした。このような管理マニュアルに記載された手作業での復旧プロセスは極めて複雑な作業となり、企業や組織にとって、必要な期間内に信頼性の高いシステムの復元を実現することは容易ではありませんでした。また仮想化されていない従来のシステムは、ハードウェアの構成に大きく依存するため、プロセスを一貫して自動化することは極めて困難か、あるいは不可能でした。

「VMware Site Recovery Manager」は、VMware Infrastructure *注1)、VMware VirtualCenter *注2)や、ストレージパートナーのレプリケーション ソフトウェアと透過的に連携し、総合的な災害復旧管理と自動化を可能にします。これにより、導入企業には以下のような利点がもたらされます。

  • 災害復旧プランの総合的な管理、復旧プランをVMware VirtualCenter から直接作成、更新、およびドキュメント化することができます。
  • 業務を中断しない災害復旧プランのテスト、実際のフェイルオーバー *注3)に使用する復旧プランを使用し、隔離されたテスト環境において復旧プランの自動テストを行なうことができます。ハードウェア構成に依存することがなくなり、本番環境システムに影響を及ぼすことなくテストを行なえます。
  • フェイルオーバーと復旧の自動化、復旧プロセスの自動化によって、従来の災害復旧で一般的に、時間がかかり信頼性に乏しいとされる手作業でのプロセスをなくします。

「VMware Site Recovery Manager」は、3PAR、Dell、EMC、FalconStor、日立データシステムズ、HP、IBM、LeftHand Networks、およびNetApp を含む、ヴイエムウェアの主要なストレージ パートナーによるストレージ複製ソフトウェアに対応しています。導入企業が使用中のストレージ システム上で自由にソフトウェアプラットフォームを選んで「VMware Site Recovery Manager」を使用していただけます。また、上記以外にも新たなストレージ パートナーとの連携が進められています。

*注1)シングルサーバから、インフラストラクチャ全体の仮想化・自動化・最適化を実現する、仮想化スイート製品
*注2)データ センタの仮想コンピューティング リソースの集中制御ポイントを提供する仮想インフラストラクチャ管理ソフトウェア
*注3)サーバやシステムに障害が発生した場合に、予備のシステムが自動的に処理を引き継ぎ、そのまま処理を続行する技術

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および1万8千社近いパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。