プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、IT環境の災害(障害)復旧を低コストで容易に実現する仮想化製品の最新版を出荷開始

ヴイエムウェア、IT環境の災害(障害)復旧を低コストで容易に実現する仮想化製品の最新版を出荷開始

VMware vCenter Site Recovery Manager 4により最適化された制御、ストレージ サポートの充実、および複数拠点を1つのDRサイトで保護可能とすることで、IT環境の保護機能を向上

【2009 年 10 月 6 日 東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は、本日、お客様が信頼性の高い自動化されたディザスタ リカバリを手ごろな価格で実現できる仮想化製品「VMware vCenter Site Recovery Manager 4」 の出荷開始を発表しました。VMware vCenter Site Recovery Manager 4は、VMware vCenter 製品群に含まれる VMware vCenter Site Recovery Managerの最新版で、今回新たに、「NFS (Network File System) ベースのストレージ レプリケーションのサポート」、「VMware vSphere™ 4 との互換性」、「共有リカバリ サイトによるシンプルな 『複数対1』 のフェイルオーバ機能の提供」を実現し、仮想化環境全体の確実な保護がより容易に可能になります。

ディザスタ リカバリは企業のビジネス継続性の確保、ならびにデータ保護のために非常に重要である一方、導入コストが高価であることや手順設定の複雑さなどから、一般的な普及にはいたっていません。台風、地震、停電、またはその他の予期せぬ事故といった災害(障害) が企業内IT環境(データ センタ)で発生すると、ビジネス上重要なアプリケーションの停止につながり、またアプリケーションのダウンタイムが長引くと、収益、SLA(サービス レベル アグリーメント)、および業務遂行に、深刻な影響を及ぼします。従来のディザスタ リカバリ ソリューションでは手作業による複雑なリカバリ プロセスが必要であり、設定、テスト、および最新状態の維持が非常に難しくなることがあります。さらに法規制順守の要求により、ディザスタ リカバリ ソリューション導入に際して新たな課題が発生することもあります。これらの要因から、企業はもっとも重要なアプリケーションに対してのみディザスタ リカバリ プランを実行する傾向にあります。

VMware vCenter Site Recovery Manager は、リカバリ プランの一元管理、およびテスト環境とリカバリ プロセスの自動化によってこれらの課題を回避し、迅速で信頼性が高く、かつ手ごろなコストでディザスタ リカバリを実現します。2008 年に発売されて以降、VMware vCenter Site Recovery Manager は、12社の主要なストレージ ベンダからサポートを受け、2,000社以上の企業にご利用いただき、ディザスタ リカバリ自動化の分野でデファクト スタンダードの地位を確立しています。

VMware vCenter Site Recovery Manager 4 の新機能:

  • VMware vSphere 4 のサポート: フォルト トレランスを含む VMware vSphere 4 の機能を利用することにより、パフォーマンスとアプリケーション保護の向上を実現
  • ストレージのサポート拡充: ユーザは iSCSI、ファイバ チャネルに加え、NFS ストレージおよびレプリケーションのソリューションの活用が可能
  • 複数対 1 のフェイルオーバ: 単一の共有リカバリ サイトに自動的にフェイルオーバすることで、複数ある本番サイトを保護

VMware Incサーバ ビジネス部門担当副社長兼ジェネラル マネージャでラグー・ラグラム (Raghu Raghuram)からのコメント:
「VMware vCenter Site Recovery Manager 4 はお客様のディザスタ リカバリ プロセスを大幅に簡素化し、法規制順守の問題など、ディザスタ リカバリに求められるお客様の高いビジネス ニーズを満たすことができます。 今回追加された、複数の本番サイトを1つのリカバリサイトでの保護する機能、およびストレージの拡張サポートにより、お客様はより低価格で災害(障害)対策サイトを構築し、災害( 障害) 発生時でもデータの安全性を確保いただけます。」

VMware vCenter Site Recovery Managerは、主要ストレージ ベンダよりサポートを表明いただいている製品で、各社のストレージ システムおよびレプリケーション システムへの統合が可能です。VMware vCenter Site Recovery Manager 4 に対するパートナのサポートコメントについては
http://www.vmware.com/company/news/releases/srm4-partner.html
をご覧ください( 英語サイト)。

■VMware vCenter Site Recovery Manager の詳細について
http://www.vmware.com/jp/products/srm/
市場予想価格 1CPU当たり218,000円(*サポート別途)

本リリースの原文は
http://www.vmware.com/company/news/releases/srm4.html
をご覧ください( 英語サイト)。

*本製品に関する詳細は、今月開催のVMware Virtualization Forumでもご覧いただけます。
VMware Virtualization Forumに関する詳細はこちらへ http://www.vmware.com/go/jp-vfp

VMware vCenter Site Recovery Managerに関するセッション
10/20(火) 17:20~ 「基幹システムの仮想化によって実現する災害対策ソリューション」


ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現することができます。2008 年度に19 億ドルの売上、15万社を超えるお客様、および2 万2 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付けられている企業です。
ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jpにてご覧いただけます。

VMware、VMware ロゴ、VMware vSphere、VMware vCenter、VMware View はVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。