プレス リリースこの記事の所要時間:1 分

SpringSource、GemStone Systems …

SpringSource、GemStone Systems のデータ管理テクノロジを買収へ

エンタープライズおよびクラウド ソリューション向けに高速で信頼性の高いデータ アクセスを実現する定評ある技術を取得し、 アプリケーション インフラ 製品群を拡充

*本内容は、2010年5月6日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

【2010 年5月6 日 (米国時間) 米カリフォルニア州発】 VMware, Inc. (NYSE: VMW) の 1 部門であり Java アプリケーションのインフラおよび管理で業界をリードする SpringSource は本日、親会社であるVMwareがエンタープライズ データ管理ソリューションのプロバイダである GemStone Systems, Inc. (オレゴン州ビーバートン、以下:「GemStone」)の買収に関して最終合意したと発表しました。契約条件は公表されていません。

GemStoneの買収は、成長しつつあるクラウド アプリケーションに必要なインフラを提供するという SpringSource および VMware のビジョンを推進するもので、GemStoneの技術の導入によって、インフラ内の可用性、拡張性、セキュリティ、およびパフォーマンスの向上が期待でき ます。最新のアプリケーションでは、柔軟でスケーラビリティが高く、地理的に分散したアーキテクチャで導入されることを前提とするため、データ管理に新し いアプローチが求められます。お客様は、GemStone のデータ管理ソリューションを導入することで、分散クラウド環境で、適切なときに適切なアプリケーションで適切なデータを利用できるようになります。

VMwareとSpringSourceは、Rabbit Technologies, Ltd. の買収や、Redis オープンソース プロジェクトで主任プログラマを務めていたサルバトール・サンフィリポ (Salvatore Sanfilippo)の雇用など、クラウドへのアプリケーション展開におけるデータ管理の重要性を勘案し、優れたソリューションの提供を目指します。

SpringSource は、GemStone の製品ラインを完全にサポートし、既存の GemStone のお客様に対するサポートも継続する予定です。GemStone の主力製品である GemFire Enterprise は、スケーラビリティに優れた分散型データ プラットフォームで、ネットーワーク上の必要な場所にデータを配置して処理遅延を解消します。これ以外の GemStone 製品には、メモリ指向の SQL データ管理プラットフォームである GemFire SQLFabric、および分散環境の Smalltalk アプリケーションの実行プラットフォームである GemStone/S などがあります。

本リリースに関する詳細は、本社リリースをご欄下さい(英語サイト) http://www.springsource.com/springsource-acquires-gemstone-systems

GemStone Systems について
GemStone Systems は、エンタープライズ インフラのユーザビリティおよび機能向上に焦点を当てたテクノロジ ソリューションを提供しており、受賞歴もあります。同社の製品は、金融サービス、連邦政府、オンライン ゲーム、交通機関、通信、およびエネルギといったリアルタイム データが重要となる業界のミッションクリティカルな環境で、200 社以上の大企業が活用しています。GemStone Systems の本社はオレゴン州ビーバートンで、カリフォルニア州マウンテン ビュー、ニューヨーク、東京、ロンドン、およびインドのプネにオフィスがあります。

SpringSource について
VMware, Inc. (NYSE: VMW) の 1事業部門であり Java アプリケーションのインフラストラクチャおよび管理向け製品分野のリーダである SpringSource は、開発、実行、管理という Java アプリケーションのライフサイクル全体の高速化を実現する包括的なソフトウェア製品スイートを提供しています。SpringSource は、エンタープライズ Java アプリケーションのプログラミング モデルでデファクト スタンダードとも言える 「Spring」 を開発し、技術革新を牽引しているオープン ソース推進者を社員として迎えています。SpringSourceは、Apache Tomcat、Apache HTTP Server、Hyperic、Groovy、および Grails というオープン ソース コミュニティにおける Java および Web 分野のリーダも有します。公的機関のほか、小売、金融、製造、ヘルスケア、テクノロジなど、世界をリードする Global 2000 に名を連ねる企業の半数近くが SpringSource のお客様です。弊社に関する詳細は www.springsource.com (英語サイト)をご覧ください。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームで あるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献 を行いながら実現することができます。2009 年度に20 億ドルの売上、17万社を超えるお客様、および2 万5 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付 けられている企業です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

VMware、VMwareロゴ、VMware vSphere は、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。

将来予想に関する記述
本プレス リリースには、過去または現在の事実に関するもの以外に、将来予想に関する記述 (forward-looking statement) が含まれており、1995 年米国私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) の 「セーフハーバ」 条項 (the safe harbor provisions) に準拠しています。これらの将来予想に関する記述は、GemStone, Rabbit Technologies , Redis technologiesのSpringSourceとVMwareの提供製品ラインへの統合、それらの新しい技術や製品の有効性また、同技術、製品が VMwareとSpringSourceの顧客に与えるメリットなどに関連しますが、それに限定されるものではありません。実際の結果は、特定のリスク要 因により、将来予想に関する記述で予想された結果と大きく異なる場合があります。リスク要因には、(i)GemStone社の買収完了の有無(ii)世界 的な経済状況や市場状況の悪化; (iii)一般消費およびIT消費の落ち込みまたは遅延;(iv)価格競争、業界再編、新規競合会社の仮想化市場への参入、競合会社による新製品の投入お よびマーケティング施策などの競合状況が含まれますが、これらに限定されるものではありません; (v) GemStoneおよびRabbitMQの社員のSpringSourceへの移行、同2社の技術のVMwareの提供製品ラインへの統合を実行する当社 のマネジメント能力; (vi)クラウドコンピューティング技術および基準の発展などについての不確定要素、が含まれますが、これに限定されるものではありません。

これらの将来予想に関する記述は、現時点での予想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 最新の報告書 Form 10-Q、Form 10-K、 Form 8-Kを含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があり ます。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。