プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

VMware vSphere™ 4、中堅・中小企業IT 環境向けに可用性の高い低価格仮想化ソリューションを提供

VMware vSphere™ 4、中堅・中小企業IT 環境向けに可用性の高い低価格仮想化ソリューションを提供

信頼性の高いエンタープライズ クラスの仮想化ソリューションを、1CPU 当り約2 万円より提供

【2009年4月22日 東京発】

ヴイエムウェア株式会社は、本日、中堅・中小企業IT 環境向けに最適化されたVMware vSphere TM4 の新製品ラインを発表しました。本製品ラインは、 中堅・中小企業 および 支店・拠点などのIT 環境向けに、高可用性で「止まらないIT(Always On IT)」を手頃な価格で実現。ダウンタイムの無い優れたアプリケーション可用性と、一括管理可能なエンタープライズ クラスのデータ保護を実現し、かつ中堅・中小企業向けに十分なディザスタ リカバリ機能を提供します。

業界初のインターナルクラウドを実現するOS「VMware vSphere 4」は、幅広いIT 環境にニーズに対応できるよう設計されています。小規模なIT 環境には、手頃な予算で、大規模エンタープライズで利用される「効率性」「復旧性」「管理性」を利用することができます。

中堅・中小規模企業でのVMware 製品を利用した仮想化需要が高まるなか注1)、VMware vSphere 4は、高可用性でかつ低コストなIT を実現する業界唯一の仮想化ソリューションを実現しました。このソリューションは、中堅・中小規模 IT 環境に理想的な、ダウンタイムの無い優れたアプリケーション可用性と包括的なデータ保護機能を提供することで、中堅・中小企業 および 支店・拠点などにとっても、重要なニーズに対応します。

  • VMware Fault Tolerance & High Availabilityは、サービス継続性のさらなる向上を目的に、インフラおよびアプリケーションの継続的な可用性を提供し、ハードウェア障害によるダウンタイムやデータ損失の発生を回避しながら、重要なアプリケーションを実行できるようにします。
  • VMware VMotionは、あるサーバから別のサーバへ、実行中の仮想マシンのライブ マイグレーションを、中断またはダウンタイムなしで実現。サーバ メンテナンス作業から計画的なダウンタイムを削減します。
  • VMware Data Recoveryは、簡単な導入と効率的な運用を行うヴイエムウェア管理クライアントを使用した完全な統合によって、すべてのアプリケーション、データバックアップおよびリカバリの完全自動化を実現します。
  • VMware vShield Zones は、容易なポイント アンド クリックの操作で、物理環境および仮想環境全体の完全保護を維持する動的なファイアウォール内のアプリケーションおよびデータを保護します。


低コストな高可用性ソリューション
ヴイエムウェアが中堅・中小企業向けに提供する、3 つの新しい製品パッケージにより、コスト効率の高いサーバ統合、高可用性、優れたデータ保護機能を提供します。中小規模企業は、VMware vSphere 4 Essentials を導入することで、1CPU 当りの市場予想価格20,000 円で、サーバ統合および管理ソリューションの導入が可能です。また、高い可用性と優れたデータ保護を低価格で提供する唯一の仮想化ソリューション、Essentials Plus (1CPU 当り市場予想価格62,000 円)を導入することで、アプリケーションのアップタイムを更に向上可能です。

■各パッケージのご利用対象ユーザ
物理サーバが 20 台未満の中小規模企業ユーザ様向け

  • VMware vSphere 4 Essentials
    小規模オフィス向けにオール イン ワンのソリューションを提供し、ハードウェアの台数および運用のコストを削減しながら、多くのアプリケーション ワークロードを統合および管理します。
  • VMware vSphere 4 Essentials Plus
    VMware High Availability と VMware Data Recovery を追加し、小規模オフィスの IT 環境向けに、「完全なサーバ統合」、「ビジネスの継続性」を実現するソリューションを提供します。

中堅規模企業ユーザ様向け:

  • VMware vSphere 4 Advanced
    拡張可能で、戦略的な統合および高可用性ソリューションを提供します。これには、VMware VMotion TM、VMware Fault Tolerance、VMware Data Recovery、および VMware vShield Zones TMが含まれます。

■製品出荷予定時期、ならびに購入方法について
本製品は、2009 年度第2 四半期後半に、国内販売パートナ様よりご購入いただけます。
パートナ様に関する情報は http://www.vmware.com/jp/partners/をご覧ください。

■価格について
VMware vSphere 4 Essentials (市場予想価格:124,000 円)
VMware vSphere 4 Essentials Plus (市場予想価格 374,000 円)
VMware vSphere 4 Advanced (市場予想価格:1CPU 当り280,000 円)

注1)調査会社 Management Insight Technologies 社が実施した、北米および欧州での 416 のIT 専門家に対
する最近の仮想化市場に関するブラインド調査の結果は以下となります。

  • 中堅・中小規模企業 の 64 %がヴイエムウェアのブランドを好み、第 2 位の競合に 3 倍もの大差をつける
  • 好みのブランドとしてヴイエムウェアを選択した中堅・中小規模企業グループは、過去 1 年間で6%増加しており、第 2 位の競合を選択したグループは、過去 1 年間で 9 %減少
  • ヴイエムウェアは、最も重要な仮想化ベンダーの選択基準 (信頼性、管理の簡易性、パフォーマンス)で、2 位の競合に最大 34 %の差をつける

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2008 年度に19 億ドルの売上、13 万社を超えるお客様、および2 万2 千社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMC です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jpにてご覧いただけます。

VMware、VMware ロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。

将来予想に関する記述
本プレス リリースには、過去または現在の事実に関するもの以外に、将来予想に関する記述 (forward-looking statement) が含まれており、1995 年米国私募証券訴訟改革法 (Private Securities Litigation Reform Act of 1995) の 「セーフハーバ」 条項 (the safe harbor provisions) に準拠しています。これらの将来予想に関する記述は、革新的な新製品の継続的な開発および提供、ならびに仮想化技術のお客様への導入および展開に関連しますが、これらに限定されるものではありません。実際の結果は、特定のリスク要因により、将来予想に関する記述で予想された結果と大きく異なる場合があります。リスク要因には、(i) お客様と企業が金融の逼迫と否定的な金融ニュースを受けて購入を延期し、製品の需要に負の影響を与えることによる、現在の世界的な経済状況の不確実要素が及ぼす経済全体へのリスク、(ii) 新しい製品およびコンピューティング プラットフォームを統合し、それに移行するエンド ユーザの能力、(iii) 製品開発スケジュールの変化、が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの将来予想に関する記述は、現時点での予想に基づくものであり、状況、重要性、価値、および効果の不確実要素と変化、ならびに 2008 年 12 月 31 日までの報告書 Form 10-K を含む米証券取引委員会に提出した文書に詳しく記載されているその他のリスクによる影響を受けることがあり、実際の結果が予想と異なる可能性があります。当社は、このリリース後にこれらの将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。