プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

NTTコミュニケーションズがヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用 企業のクラウドへの移行をサポート

NTT コミュニケーションズがヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を採用
企業のクラウドへの移行をサポート

世界最大手の通信事業者がヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を
自社の新しいクラウド製品「Bizホスティング Enterprise Cloud」 の基盤に導入

2013 6 11 日本時間 東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、世界最大手の通信事業者であるNTTグループのクラウド サービス プロバイダであるNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 彰、以下「NTT Com」)が提供するクラウド製品「Bizホスティング Enterprise Cloud」(以下、BHEC)の基盤に、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術が採用されることを発表しました。6月12~14日に幕張メッセで開催される「Interop Tokyo」で、ネットワーク仮想化プラットフォーム事例としてご紹介します。

現在、多くの企業がクラウド環境にワークロードを移行することのメリットを認識していますが、CRM/SRMシステムのようなアプリケーションは、企業データセンター内に留まる必要があるリソースにアクセスしなければなりません。従来、クラウド環境にあるアプリケーションと企業データセンター内にある関連リソースを連携させるには、導入に多大なコストと時間を要する特別なハードウェアが必要でした。

NTT Comは、BHECの基盤にヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術を組み込むことで、顧客の自社データセンターとNTT Comのクラウド環境間を、顧客既存システムのIPアドレスを変更することなく、シームレスかつ柔軟に接続できるようになります。これにより、クラウドへのマイグレーションが容易になるだけでなく、自社データセンター内にあるリソースとクラウド上リソースのシームレスな連携が可能になります。

今回は、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化技術として、ソフトウェアで構築されたオーバーレイ ネットワークを利用しています。これまでのような煩雑なネットワーク プロビジョニングが不要になるため、NTT Comによる顧客向けの設定・構築プロセスを大幅に簡素化すると同時に、運営コストや投資コストを削減できます。

VMware Inc. ネットワーキング & セキュリティ部門担当 上級副社長 ゼネラル マネージャ
ステファン・ムレイニ-(
Stephen Mullaney )コメント:
「NTT Comは、既存の物理的インフラからネットワークを分離することのメリットを理解しており、そして新しいクラウドサービスの実現に向けてネットワーク仮想化を推進しています。ヴイエムウェアは2010年以来、NTTグループでサービス基盤技術の研究開発を行うNTTソフトウェアイノベーションセンタと共同で研究開発を進めてきました。当社は、日本の利用者の高い要求に応える品質を提供することの重要性を理解しており、そしてNTTソフトウェアイノベーションセンタとの共同研究を通じて、日本にとどまらず世界中の利用者の要求を満たす高い品質を備えた製品を提供していると考えています。ヴイエムウェアは、コンピューティング機能の仮想化を可能にするソフトウェア ベースの抽象化技術をネットワークにも活用し、ネットワーク機能を21世紀型へと進化させるネットワーク仮想化プラットフォームを提供する唯一の企業です。当社はネットワーク運用を変革し、NTT Comのような顧客が、新たなクラウド連携モデルの構築と同時に、運営コストや投資コストの削減を実現します」

NTT Com クラウドサービス部長 理事 田中基夫様コメント:
「弊社は、2011年に発表したグローバルクラウドビジョンを実現すべく、ネットワーク仮想化技術を利用したクラウドサービスを世界9か国11拠点に展開しています。今回、ヴイエムウェアの最新ネットワーク仮想化技術を利用することで、従来のクラウド基盤間のシステム連携だけでなく、オンプレミス環境ともシームレスに連携することで、お客様のクラウドマイグレーションを支援します。我々は、今後も引き続き最新の技術を取り入れサービスを提供していくことによって、クラウドを利用するお客様を全面的にサポートします」

NTT ソフトウェアイノベーションセンタ所長 藤田敏昭様コメント:
「NTTソフトウェアイノベーションセンタは、クラウドサービスにおいて重要な鍵となるネットワーク仮想化技術の研究をヴィエムウェアとのパートナーシップのもと実施してきました。今回NTT Comで採用される技術はオンプレミス環境とデータセンタのネットワークをシームレスに制御するネットワーク仮想化技術を世界に先駆け実現したものです。本成果は、NTTが進めるオープンイノベーション戦略の成功事例の一つとも言えるものであり、今後ともヴィエムウェアとの協力のもと先進的なクラウドサービスの実現を目指してまいります」

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、顧客がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、50万社を超える顧客、および5万5,000社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2012年度の売上高は、46億1,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMwareは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。