プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、携帯電話市場に参入

ヴイエムウェア、携帯電話市場に参入

携帯電話に仮想化ソリューションを拡大し、製品開発期間の短縮、セキュリティの向上を実現

*本内容は、2008年11月10日(米国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年11月10日 (米国時間) 米カリフォルニア州発発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、携帯電話端末メーカー向けにVMware Mobile Virtualization Platform(MVP)を提供開始し、仮想化ソリューションを携帯電話市場へ拡大することを発表します。
VMware MVPを利用することで、端末メーカーは、開発期間の短縮、付加価値サービスに対応した携帯電話の迅速な市場投入が可能になります。また、エンドユーザーは、プライベート用と仕事用など、複数のユーザー設定(プロファイル)を同じ携帯電話上で利用できるようになります。VMware MVPは、2008年10月にTrango Virtual Processors社(仏 グルノーブル)から買収した先進技術に基づいて開発されています。

ヴイエムウェアの社長兼CEOであるポール マリッツ(Paul Maritz)は、次のように述べています。
「ヴイエムウェアはx86ハードウェアにおいて初めて開発した仮想化の有用性を、今回携帯電話市場にも拡大できることを喜ばしく思っています。アプリケーションとデータをハードウェア自体から切り離すことにより、端末メーカーは製品開発の期間を短縮できるだけでなく、エンドユーザーへの画期的なアプリケーションやサービスの展開が可能になります。パートナー各社との協力の下に、新しい携帯電話ソリューションを早く市場に発表できることを楽しみにしています。」

Gartner社のリサーチ担当バイスプレジデント、Monica Basso氏は、次のように述べています。
「Gartner社はモバイル分野での仮想化が前途有望であり、急速に普及する市場であると見ています。2012年までには、新規に出荷されるスマートフォンのうち、50%以上が仮想化されたものになると予想しています。*注1) 仮想化を通じて、企業や消費者は、電話機の管理とセキュリティ確保を容易に行えるようになるほか、端末メーカーは、部品点数を削減すると共に、開発期間を短縮して製品提供を早めることができます。」

VMware Mobile Virtualization Platform(MVP)について
VMware MVPは、携帯電話に組み込まれる、薄いレイヤーのソフトウェアであり、基盤となるハードウェアからアプリケーションとデータを切り離す役割を担います。VMware MVPは、消費電力が少なく、使えるメモリーも限られた携帯電話でも、効率的に稼動できるよう最適化されています。VMware MVPの導入により、端末ベンダーは、製品の開発期間を短縮することができ、製品の管理も容易になります。

<携帯電話端末メーカーにとってのメリット>
・ 製品開発期間を短縮:
今日、端末メーカーが新しい携帯電話機を開発する場合、複数の製品群に対して複数のチップセット、OS、デバイス ドライバを使わなければならず、大きな時間と労力が必要とされています。同じソフトウェア スタック(データ構造)をすべての端末に共通して使用することはできないため、各プラットフォームに移植する必要があります。この作業は、時間と費用を要し、最終的には製品開発の遅れを引き起こします。VMware MVPを通じてハードウェアを仮想化することにより、基盤となるハードウェアに縛られることなく、OSと一連のアプリケーションが統合されたソフトウェア スタックを開発することができます。これにより、ハードウェアの差異にかかわらず、同一のソフトウェア スタックを異なる端末に利用することができます。また、デバイス ドライバがOSから切り離されるため、端末のOSにかかわらず同一のドライバを利用でき、移植コストをさらに削減することができます。

・ オープンなOSへの移行が容易に:
端末メーカーと通信事業者の間では、顧客が可能な限り多くのアプリケーションを利用できるよう、自社独自のOSからオープンなOSに移行する傾向が高まっています。このオープンなOSへの移行に伴い、デジタル著作権管理、認証、課金をはじめとした、高い安全性が要求されるサービスに対する保護への関心が高まっています。VMware MVPでは、こうした重要なサービスを、オープンなOSから切り離し、不正操作の不可能な隔離された仮想マシン内で実行することができます。したがって、オープンな環境が侵害された場合にも、これらのサービスには影響が及びません。

<企業とエンドユーザーにとってのメリット>

・ 複数のユーザー設定(プロファイル)が可能:
企業では従業員が個人で所有するモバイル機器もサポートせざるを得なくなってきています。しかし、幅広い機器が存在するため、多様な機器の管理が必要になり、コストとセキュリティの面で課題が発生しています。また、特に機密情報を含む従業員所有の機器について、セキュリティの確保と管理の面でリスクも高まってきています。VMware MVPを使用することで、企業のIT部門は、職務において使用する電話のユーザー設定(プロファイル)と従業員個人がプライベートで利用するユーザー設定との両方を、同一の物理端末上において並行して展開することができます。

・ 移動可能なユーザー設定:
スマートフォンはPCと財布の両方の機能を備えるようになってきています。アプリケーション、画像、ビデオ、音楽、電子メール、銀行口座情報、クレジットカード情報、スケジュール管理などから構成された電話のユーザー設定は、従来よりもさらに多様かつ価値あるものとなってきています。この結果として、ユーザー設定を保存し、安全に移行できることが購入時の判断基準として重要さを増しています。VMware MVPは、こうしたユーザー設定を一連のファイルによるセットとして保存するため、電話機内の全アプリケーションとデータを一元的に管理することができます。このユーザー設定は、新しい端末に容易に移すことができるため、簡単に新機種へのアップグレードが可能です。

VMware Mobile Virtualization Platformの詳細については www.vmware.com/jp/mobile をご覧ください。(英語版)
*注1) Brian Gammage・Brian Gammage 『新たに登場したスマートフォン ハイパーバイザー市場』
Gartner社、2008年9月17日

TRANGO Virtual Processors社について
TRANGO Virtual Processorsは組み込みプロセッサを対象としたバーチャライゼーションIPの有力プロバイダで、半導体・デバイスの主要製造業者にTRANGO Hypervisorのライセンス供与を行っています。TRANGO Virtual Processorsは、堅固なセキュリティ・アーキテクチャの構築、新付加価値サービスの展開、開発コストや部品削減をサポートしています。フランス グルノーブルに本社を置き、米国、日本、韓国、台湾に営業とサポート拠点があります。詳細は http://www.trango-vp.com をご覧ください。

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、12万社を超えるお客様、および2万社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。