プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、仮想マシン管理ツールの新製品を発表

ヴイエムウェア、仮想マシン管理ツールの新製品を発表

高水準のデータセンタの自動化を実現し、ビジネスの継続性を確保

*本内容は、2008年2月25日(仏国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年2月25日フランス、カンヌ発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、企業がITサービスを提供する際の運用管理を高水準で自動化する、3つの新たなデータセンタ向け仮想マシン管理ツールを発表しました。これらの新製品は、システム運用管理においてエラーを起こしやすく、時間もかかる従来の手動プロセスを自動化し、ヴイエムウェアプラットフォームを拡充するものです。

ヴイエムウェア仮想マシンは、ITプロセスのリソース管理や処理の自動化に最適です。ヴイエムウェア仮想マシンは、システム設定の変更・移行・操作を容易に実行することができ、ハードウェアに依存しない標準パッケージによって、アプリケーションとオペレーティングシステムを一元管理します。ヴイエムウェアの最新管理製品は、仮想マシンの持つ移動性と管理性という特性を最大限に活用することで、拡張性、再現性、効率性の高いITインフラを実現します。さらに、VMware VMotionと、仮想マシンによるアプリケーションとオペレーティングシステムのパッケージ化を活用することで、統一的な手段を用いて一連のITプロセスを自動化することができます。

今日の情報通信環境は、市況の変化に対応し、いかなるダウンタイムにも対応可能な、柔軟性と復旧力に優れたITサービスを開発・提供・維持するという大きな課題に直面しています。ITサービスの新規展開プロセスでは、構築、デプロイ、アップデート、監視、復旧、終了など、複数の作業段階を踏むのが一般的です。それぞれの段階において、システムを止めることなく作業を遂行し、ビジネス継続性を確保することは解決困難な課題となっていました。

ヴイエムウェアの仮想マシン管理ツールの新製品は、仮想マシンを活用し、ITサービスの提供とビジネス継続性を担保する手順を自動化することで、反復的な作業をなくし、エラーの危険性を最小限に抑えます。その結果、拡張性、再現性、効率性の高いITプロセスを構築することができます。

4つの管理・自動化ツールについて

ヴイエムウェアは仮想マシンの管理ツールとして、VMware Lifecycle Manager、VMware Stage Managerの2種と災害復旧ソリューションとしてVMware Site Recovery Managerを新たに発表しています。これら3製品に、すでに提供しているVMware Lab Manager加えた4種の管理ツールにより、ユーザーはVMware Infrastructureプラットフォームを拡充し、仮想マシンとVMware VMotionを使用することで、サービス提供のライフライクル全体を自動化することが可能となります。

VMware Lifecycle Managerは、インフラストラクチャ管理者の運用ニーズに応えます。企業各社は、整合性のとれた自動プロセスを導入し、仮想マシンの要求、認証、デプロイ、アップデート、終了を行うことができます。

VMware Lab Managerは、多層構成の仮想マシンを対象に、環境に基づくセルフサービス プロビジョニングを迅速・簡単に行いつつ、ITによるポリシー管理を実現します。

VMware Stage Managerは、ITサービスの新規展開やアップデートの際に、これらITサービスを本番環境に移行する管理ツールです。統合、テスト、ステージング、ユーザー検収テストなど、本番環境以前の各段階を通じて、アプリケーションを合理的、迅速に本番環境へと移行させることができます。

VMware Site Recovery Managerは、ハードウェアやオペレーティングシステムに依存しないモバイル仮想マシンを使用することで、災害復旧のスピード、信頼性、管理性を高めます。また、復旧計画の一元化や復旧プロセスの自動化を行い、復旧計画のテストの有効性を大幅に向上させます。

ヴイエムウェアの製品/ソリューション担当バイスプレジテントであるRaghu Raghuram(ラグー ラグラム)は、次のように述べています。
「当社のお客様は、戦略的な仮想化プラットフォームとしてVMware Infrastructureを導入し、資本コストと営業コストを抑え、ビジネス継続性を確保し、セキュリティを強化し、グリーン化を推し進めています。自動化は、仮想データセンタの次の段階のソリューションといえます。最新のVMware製品は、仮想マシンのスプロール(無秩序な増殖)を抑え、ビジネスユーザーを対象に、オンデマンドによる容量のセルフプロビジョニング機能を提供することで、IT管理者の生産性を高められるよう設計されています。ヴイエムウェア仮想マシン内で実行されるすべてのソフトウェア アプリケーションに、高水準の復旧力をもたらします。」

Harley-Davidson Motor Companyの共有技術サービス担当グローバル ダイレクタであるReid Engstrom(リード エングストローム)氏は、次のように述べています。
「VMware Infrastructureと、VMware Lab ManagerやVMware Lifecycle Managerなどの新しいVMware自動化ソリューションを組み合わせることで、データセンタの自動化を現実のものとする重要なツールセットが実現します。これによって、当社は管理コストを削減し、ビジネスユーザーへの応答性を高めることで卓越した業務を実現しつつ、運用管理を効率化することができます。」

BMC Softwareのチーフ コーポレート アーキテクト、Kia Behnia(キア・ベーニア)氏 は、次のように述べています。
「仮想化技術をデータセンタの本流として効果的に導入するには、当社のビジネスサービスマネジメント(BSM)戦略に基づき、VMware Infrastructure 3を採用することが重要となっています。多くのお客様がこの方向に進む中、ヴイエムウェアの自動化製品とBMCのサービス自動化製品を組み合わせることで、お客様は物理データセンタと仮想データセンタを対象に、ITプロセスを自動化できます。」

IDCのディレクタ、Stephen Elliot(スティーブン・エリオット)氏は、次のように述べています。
「IT部門は仮想化を活用することで、アプリケーション開発のような、これまで分散していた個々のITシステムのタスクやITインフラストラクチャ業務の自動化が可能となります。これにより、仮想化環境の管理において全く新しい世界が切り開かれます。さらに、仮想化はダウンタイムのリスクを軽減し、災害復旧を合理化します。IT部門が仮想化された本番環境を拡張する中、ITプロセスの自動化は、仮想化による初期のROI(投資回収率)を向上させ、IT基準やITポリシーを厳格に遵守しつつITサービスを迅速に導入する機会をもたらします。」

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、10万社を超えるお客様、および1万社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp/にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社

〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F

URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。