プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、アジア太平洋事業担当責任者を任命

ヴイエムウェア、アジア太平洋事業担当責任者を任命

同地域の体制を強化し、事業の拡大を目指す

【2009年3月17日 (米国時間)米カリフォルニア州発】

VMware, Inc. (VMW: NYSE) は本日、日本を含むアジア太平洋地域の事業を統括するジェネラル マネージャ (GM) に Andrew Dutton の任命を発表しました。Duttonは、販売、チャネル、サービス、財務、マーケティングを含めた同地域の戦略的な事業計画の策定、新規事業開発及び、主要なオペレーションを統括します。Vmware, Incは、Duttonの指揮の下、アジア太平洋地域の体制強化を図り、より一層の事業の拡大を目指します。

Dutton は、Computer Associates (CA)にて上級副社長(Senior Vice President)兼 海外事業担当ジェネラル マネージャを歴任、ヨーロッパ、中東およびアフリカ (EMEA)、アジア太平洋及び、日本 (APJ) 地域の事業を統括した実績を有します。また、Duttonは、BEA Systems EMEA、IBM Software Group Asia Pacific、Visa International Asia Pacific、Norwich Union Financial Services Groupなどのアジア太平洋地域の企業において、上級管理職を務めました。
さらに、Dutton は、27年間にわたりIT や金融サービスなどのさまざまな専門業界において、グローバルなビジネスマネジメント及び、セールスの経験と実績を有します。

■本リリース原文は下記URLよりご確認ください。
http://www.vmware.com/company/news/releases/gm‐apac‐dutton.html


ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2008年度に19億ドルの売上、13万社を超えるお客様、および2万2千社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。