プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

Fujitsu Siemens Computers とヴイエムウェア、SAP アプリケーション向けにコスト効率の高い仮想化ITインフラを共同提供

Fujitsu Siemens Computers とヴイエムウェア、SAP アプリケーション向けにコスト効率の高い仮想化ITインフラを共同提供

VMware Infrastructure に統合された初のIT ソリューション「FlexFrame for SAP」は物理仮想の混在環境における、 SAP アプリケーション向けに高品質なサービスを保証

*本内容は、2009年2月24日(仏国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2009年2月24日フランス、カンヌおよびドイツ、ミュンヘン発】

VMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、VMworld Europe 2009 において、Fujitsu Siemens Computers との、SAP アプリケーション向けの高品質サービスを保証する共同ソリューション「FlexFrame for SAP」を発表しました。Fujitsu Siemens Computersで開発された新しいバージョンの「FlexFrame for SAP」 は、VMware Infrastructure、物理および仮想データセンタ インフラストラクチャ、仮想ネットワークとストレージ コンポーネント、総合的サービスと統合済みで、そのすべてがひとつの完結したコスト効率の高いITソリューションにまとめられています。VMware Infrastructureと統合済みのFlexFrame for SAPはすでに出荷が始まっています。

「FlexFrame for SAP」のようなすでに統合されたソリューションのメリットは、実装が簡単ですぐ実行可能であること、高品質サービス、インフラ効率の向上などにあります。物理または仮想サーバをオンデマンドでSAPアプリケーションに動的に割り当てるため、「FlexFrame for SAP」では、コンピューティング リソースの割り当てが最適化され、サービス品質が大きく向上し、最低限のインフラストラクチャ コストで最高のユーザー環境が確保されます。このソリューションはアプリケーションの稼働時間を高めるため、ハードウェア故障時には、利用可能な任意の仮想または物理システム上でアプリケーションを自動的に再起動します。また、SAPアプリケーションのすべてのコンポーネントを監視し、アプリケーション障害発生時には自動リカバリ アクションを起動します。

Fujitsu Siemens Computersと当社は共同で事前の統合およびテストを行い、VMware Infrastructureへの完全統合を実施しました。その結果、SAPのAdaptive Computing Compliance Testに合格した、物理および仮想サーバ混在環境向け、初のサービス重視のインフラソリューションが誕生しました。シームレスな統合によって、アプリケーションやOSのイメージをまったく変更することなく、仮想から物理へ、また物理から仮想への完全移行が可能になりました。

FlexFrame for SAPの詳細については、 http://www.fujitsu-siemens.comをご覧ください。(英語サイト)

本リリース全は http://www.vmware.com/company/news/releases/fujitsu-siemens-vmworld.htmlよりご覧ください。( 英語サイト)

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2008年度に19億ドルの売上、13万社を超えるお客様、および2万2千社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。