プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、 VMware Europeでデスクトップ仮想化テクノロジーの進歩を実証

ヴイエムウェア、 VMware Europeでデスクトップ仮想化テクノロジーの進歩を実証

オンラインとオフライン両方の完全なPC環境を、低コスト、優れたセキュリティおよび管理性で提供

*本内容は、2008年2月26日(仏国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

【2008年2月26日フランス、カンヌ発】

仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーであるVMware, Inc.(米カリフォルニア州)は、フランスのカンヌで開催されている『VMworld Europe 2008』会場において4,500人以上の来場者に向けてデスクトップ コンピューティングの今後について講演いたしました。

サーバ仮想化をヴイエムウェアで標準化している世界中のお客様は、デスクトップに仮想化のメリットを取り入れようとしています。ヴイエムウェアプラットフォームをデスクトップまで拡大することにより、IT管理者はすべてのPCに仮想マシンをデプロイし、管理しやすく、デプロイが迅速な、きわめてセキュリティの高いデスクトップ環境一式を提供することができます。また、このデスクトップ環境は低い保守コストで常に最新状態に保たれます。

デスクトップに実装された仮想マシンは、災害、妨害、攻撃、または盗難から保護されるため、アプリケーションを実行したり、ユーザーのファイルとデータを格納したりするのに最適な環境であり、またデスクトップに全く触れることなく、数千台の仮想マシンをデータセンタから即座に更新できるため、ヴイエムウェア仮想デスクトップは常に最新状態に保たれます。ヴイエムウェア仮想デスクトップを実行している従業員は、オンラインとオフラインの両方で完全なPC環境を使用できるため、場所を選ばず作業でき、生産性が向上します。

ヴイエムウェアのデスクトップ製品およびソリューション担当バイスプレジデントであるジェフ ジェニングス(Jeff Jennings)は次のように述べています。
「仮想化により、デスクトップが根本的に変化し、デスクトップ環境のより良い管理方法が確保されます。ヴイエムウェア仮想デスクトップは一対多の導入モデルを可能にし、アプリケーションを新バージョンにアップデートしたり、全く新しいアプリケーションを導入したり、最新のオペレーティング システムを導入したりすることを容易にします。ヴイエムウェアの使用によって、従業員は出張したり、自宅で作業したりする際に、自分の仮想デスクトップを持ち歩けるようにもなります。」

従業員全員が、アプリケーションおよびデータをロードした、自分専用のPCまたはノート型コンピュータを持つ従来のデスクトップ コンピューティングは、所有コストが高く、管理も複雑で時間を要し、さらにセキュリティ保護が不可能です。デスクトップを仮想化(デスクトップを仮想マシンにデプロイ)することで、低コストで管理可能なデータセンタから容易に管理できるため、ITスタッフは、従業員がどこにいても素早く新しいデスクトップを柔軟かつ効率的に用意できます。

IDCのアナリストは、仮想デスクトップ インフラストラクチャ製品およびサービスの市場全体が、2011年までには10億ドルを超えると予測しています。
VMworld Europeの基調講演で、ヴイエムウェアは数千人のユーザーに同時に仮想デスクトップをデプロイでき、作業を行う従業員はオンラインとオフラインの両方で、デスクトップおよびアプリケーションにアクセスできるようになる、デスクトップ仮想化における3つの進歩を紹介しました。

  • スケーラブルな仮想イメージ テクノロジー:数千台の仮想マシンにデスクトップ イメージを迅速にデプロイ、更新、配布するなど、さまざまなタスクを組織は分単位で実行できます。物理PCの場合、以前はこのタスクに数時間必要でした。スケーラブルな仮想イメージ テクノロジーを使用すると、シンプルでスケーラブルなデスクトップ イメージ管理により運用コストが削減され、仮想デスクトップ インフラストラクチャ環境のストレージ要件を最大90%削減できます。
  • オフライン仮想デスクトップ インフラストラクチャ:エンド ユーザーが、ヴイエムウェア仮想デスクトップ インフラストラクチャで稼動する自分の仮想デスクトップを、ノート型コンピュータに「チェックアウト」してオフラインで使用し、その後、仮想デスクトップ インフラストラクチャ環境で稼動する同じデスクトップに「チェックイン」して戻すことができます。このテクノロジーでは、単一の仮想デスクトップ インフラストラクチャ プラットフォームで、エンタープライズ全体のPCのサポートを可能にするという将来像が現実のものになります。
  • アプリケーション仮想化テクノロジー(以前のThinstall):ヴイエムウェアでは、今年後半に一般への出荷を予定している、コードネーム「Project North Star」というアプリケーション仮想化製品のベータ版の発表も予定しています。最近のヴイエムウェアによるThinstallの買収により、ヴイエムウェアのアプリケーション仮想化を利用すると、物理デスクトップと仮想デスクトップの両方の環境でのアプリケーションのテスト、パッケージング、インストール、およびアップデートに必要な時間と手間が軽減されるため、アプリケーションの導入および管理が簡略化されます。

Aspen Insurance社のグループ インフラストラクチャ アーキテクト、クリス ジェニングス氏 (Chris Tunnecliff) は次のように述べています。
「ヴイエムウェアは、コンピューティングに再び変化をもたらし、今回は、デスクトップに焦点をあてています。本日発表されたような革新により、ヴイエムウェアはユーザー環境という点で、仮想デスクトップが物理デスクトップにいかに整合しているかだけでなく、管理面およびセキュリティ面で、物理デスクトップよりどれほど優れているかを実証しました。ヴイエムウェアのデスクトップ仮想化を使用することにより、物理システムでは確実に不可能な方法で、複雑でリソースを大量に消費するようなアプリケーションをユーザーに提供できます。さらに、きわめて安全で信頼性の高い環境の中で、各ユーザーにリソースをオンデマンドで動的に割り当てることができます。」

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2007年度に13億ドルの売上、10万社を超えるお客様、および1万社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに拠点を置くヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp/にてご覧いただけます。

ヴイエムウェア株式会社

〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F

URL: www.vmware.com/jp/

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。