プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、企業のクラウド コンピューティング導入を支援

ヴイエムウェア、企業のクラウド コンピューティング導入を支援

プライベートクラウドを構築し、企業内外のクラウドをまたぐスケールアウト型アプリケーションの提供を可能に

*本内容は、2009年2月24日(仏国時間)に米国VMware, Inc. が発表した報道資料の翻訳版です。

【2009年2月24日フランス、カンヌ発】

ヴイエムウェアの社長兼CEOであるポール マリッツ(Paul Maritz)は、VMworld Europe 2009 において、企業が社内クラウドの利便性を活用し、プライベートクラウドによって外部との接続を可能にする、包括的戦略および技術的ロードマップを発表しました。この戦略は IT をサービスとして提供するための先進的な取り組みを目指したもので、ビジネスの効率と柔軟性を大きく高めます。VMworld Las Vegas 2008 での発表後、このVMworld Europe において、プライベートクラウドの構築を可能にする 3つの主要構想の説明と実演を行いました。その 3 つとは、Virtual Datacenter OS(VDC-OS) による社内システムおよび外部データセンタの完全仮想化、サービス プロバイダが提供する外部クラウドと企業内クラウドとを連動させるための VDC-OS および管理レイヤーの拡張、そしてサービスとして のIT すべての要素を相互に結びつけるデスクトップ仮想化です。

プライベートクラウド
プライベートクラウドとは、社内外におけるクラウド双方のコンピューティング能力を相互運用しユーティリティのように提供する、セキュアなコンピューティング環境です。プライベートクラウドは、これまでにない柔軟性、制御性、効率性、復旧力、そして、管理性をもたらし、あらゆるアプリケーションをサービスとして提供することができます。

  • プライベートクラウドは、IT 部門管理下で、以下のようなクラウド コンピューティングのメリットを提供します。
  • すべてのサーバ、ストレージ、ネットワークのリソース使用率を最大限高めることによる効率向上
  • ダイナミックまたはオンデマンドでの容量活用、フェイルオーバー機能による、復旧力の向上、
  • 使用量に基づいた従量制サービス モデルを活用した収益性の向上、
  • 標準化された監査可能で自動的に確保されるサービス レベルによる品質の向上、
  • 修正の必要なしに、クラウドで実行可能な既存および将来のアプリケーションをサポートする、将来性あるプラットフォームによる柔軟性の向上

VDC-OS: 企業内クラウドの基礎
プライベートクラウドへの移行は、業界標準の x86ハードウェアを利用することによる汎用性および経済効率性、成熟した仮想化技術、幅広い新しいアプリケーション選択肢、安価で簡単にアクセスでき、かつ可用性を持つ膨大な新しいクラウドにより実現します。
その第 1 歩は、複雑なインフラストラクチャのコンポーネントから、よりダイナミックで管理性の高い企業内クラウドを進化させることです。企業内クラウドは、その基礎にサーバ、ストレージ、およびネットワークのキャパシティといった、すべての内部コンピューティングキャパシティをプールする、新しい基盤レイヤーを持っています。当社では、VDC-OSの第 1 歩として、新しいレイヤー作成に注力していることを発表しており、最初の成果を 2009 年中に発表する予定です。

クラウド間の相互運用を可能にする VMware vCloud API
VMware vCloud API は、vCloud 構想の幅広いアプリケーションとサービス プロバイダの相互運用性を支えています。この API は、プライベート クラウド リソースへのプログラムからのアクセスを可能にし、既存のプライベートクラウドを活用するサービスとアプリケーションの提供をサポートしています。vCloud API は一般公開前段階で、パートナーと共同開発中です。

ヴイエムウェアは、クラウド サービス間の相互運用性をオープンにすることを表明しており、多数の業界パートナーと共にクラウド コンピューティングの規格発展に努めています。Distributed Management Task Force (DMTF) からリリースされた Open Virtualization Format (OVF) 規格の初期開発メンバーとして、社内および社外クラウドで実行されるアプリケーションの一貫性のある移動性、プロビジョニング、管理、およびサービス保証を可能にする、vCloud API のドラフト提示により、その取り組みを示していきます。

■VMworld Europeにおける発表全文はこちらよりご覧ください
http://www.vmware.com/company/news/releases/cloud-initiatives-vmworld.html

■VMworld Europe基調講演は下記よりお聞きいただけます
http://www.vmworldeurope.com/agenda/keynotes/ (英語のみ)

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、デスクトップからデータセンタにわたる仮想化ソリューションにおけるグローバルリーダーです。すべての規模にわたって、お客様がヴイエムウェアにより設備投資や運営経費の削減、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境に配慮した運営と共に実現しています。2008年度に19億ドルの売上、13万社を超えるお客様、および2万2千社を超えるパートナーを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつです。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、主な株主はEMCです。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

VMware、VMwareロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。