プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

横浜銀行、行内システムを仮想化共通基盤へ移行

横浜銀行、行内システムを仮想化共通基盤へ移行

約200台のサーバを対象に
行内システムの全体最適化、大幅なコスト削減に着手

2012 7 30 (日本時間)東京発】ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄)は本日、横浜銀行(頭取 寺澤 辰麿)が、仮想化共通基盤の構築にVMware vSphere®を採用し、第一弾となる本番環境の移行が完了したことを発表しました。

横浜銀行では、VMware vSphereにより、行内ITインフラの全面的な仮想化に着手、同行の約200台の物理サーバを10分の1の約20台に統合し、サーバの構築コストと運用コストの大幅な削減を短期的効果として実現する見込みです。
また今後、開発プロセスの効率化や自動化によるさらなる運用効率化、仮想化による柔軟な災害復旧方式の導入を計画するなど、仮想化共通基盤による利点を最大化させることも視野にいれています。

横浜銀行 IT 統括部 担当部長 藤田 勝己 コメント
「当行のサブシステムは、近年の業務拡大にともないシステム毎にサーバーを導入した結果、多数のサーバーが乱立した状態となっていました。そこで、システム全体最適の観点から、仮想化共通基盤を構築しシステムのスリム化に着手することにしました。VMwareは仮想化技術の中でも、コスト効果と信頼性が高く、またナレッジも豊富なため、当行の仮想化共通基盤を構築していく中で重要なパートナーと位置づけました。今後の更なる運用効率化や災害復旧対策の実現に向けて、VMwareの仮想化技術のナレッジを積極的に取り込んでいこうと思います。」

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供いたします。ヴイエムウェアは、お客様がITリソースの構築・提供・利用を、発展的かつ企業特有のビジネスニーズ対応した方法で、移行できるよう支援します。ヴイエムウェアは、35万社を超えるお客様、および5万社を超えるパートナを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。当社の2011年度の売上高は、37億7,000万ドルです。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMwareロゴは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。