プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

AWSとVMware、迅速かつ確実なエンタープライズ ワークロードの移行と、モダナイゼーションを支援

最新のVMware Cloud on AWSにより、コストの削減、パフォーマンスの向上、
エンタープライズ ワークロードの保護を実現

ロッテ、Quality Bicycle Products、Schibstedなどの企業がソリューションのメリットを享受

*本内容は、2022年8月30日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の抄訳版です。

【2022年8月30日(米国時間)カリフォルニア発】
Amazon.com, Inc.(NASDAQ: AMZN) の子会社であるAmazon Web Services, Inc.(AWS)とVMware, Inc.(NYSE:VMW)は本日、米国で開催されたVMware Explore 2022で、両社が共同で取り組む継続的なイノベーションとその価値について説明しました。両社が共同開発したVMware Cloud on AWSサービスの新機能とAWS Marketplace から提供される広範なVMware Cross-Cloud Servicesの活用により、VMwareワークロードをより最新かつセキュアなAWSのインフラに移行し、企業のクラウド変革を加速できます。

企業経営者は自社の選択として、あるいは新型コロナウイルス感染拡大のような避けられない出来事の影響であれ、デジタル トランスフォーメーションを加速させ、変化の激しい時代を生き抜く方法を模索しています。VMwareとAWSは、この時代のさまざまなニーズに応えるために両社の強みを活かした共同事業に全面的に取り組んでいます。

新機能の活用による柔軟性、パフォーマンス、ROIの向上
VMware Cloud on AWSの活用により、クラウド移行に要する時間を46%短縮し、TCO(総所有コスト)を57%削減できるという調査結果が出ています*1。VMware Cloud on AWSは、VMwareのエンタープライズクラスのSoftware-Defined Data CenterソフトウェアをAWSベアメタル インフラ上に実装することで、仮想マシンとコンテナの両方にわたり、エンタープライズ ワークロードをよりセキュアかつ大規模に実行できます。また、Kubernetesに組み込まれているサービス機能と、データ、分析、人工知能、機械学習など200以上のAWSネイティブサービスへの最適なアクセスにより、アプリのモダナイゼーションに対する実用的なアプローチを提供します。さらに、内蔵されているVMware NSX セキュリティ機能によってクラウドやデータセンター環境内もしくはこれら複数の環境にわたり水平方向に移動する巧妙かつ持続的な脅威を阻止できます。最新の主な機能強化は以下の通りです。

I/O集約型のワークロードに対応するAmazon Elastic Compute CloudAmazon EC2I4iインスタンス:第3世代 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー(開発コードネーム:Ice Lake)を搭載したAmazon EC2インスタンスは、ワークロードのサポートとデリバリの改善、TCOの削減、スケーラビリティとアプリのパフォーマンス向上を支援します。I4iインスタンスはI3と比較して、約2倍の物理コア数、2倍のメモリ、3倍のストレージ容量、3倍のネットワーク帯域幅を提供します。I4iインスタンスは、ローカル ストレージ上のデータセットへの高速アクセスを必要とするトランザクション データベースやNoSQLデータベースなど特定のワークロードにおいて、遅延の最小化と平均秒間トランザクション数(TPS)の最大化を支援します。リアルタイム データベース、データウェアハウス、データ分析などのワークロードに対して、従来以上に高いストレージ1TBあたりのコンピュート性能を確保できます。

外付けの柔軟なクラウド ストレージ オプション:新しい外部クラウド ストレージ オプションによって、データベース、ビッグデータ、分析、EDA、メディア処理などデータ要求が特に高いワークロードの変化するニーズとともに、柔軟にコンピュートとストレージを個別に拡張/微調整することが可能になることで、クラウド容量の最適化とコスト削減を支援します。

  • Amazon FSx for NetApp ONTAPインテグレーションの提供:VMware Cloud on AWSの補助データストアとして認定されているAWSのネイティブ クラウド ストレージ サービスFSx for ONTAPは、現在オンプレミス環境で運用しているVMwareユーザが使い慣れた、信頼性の高いNetApp ONTAPファイルシステムをベースとしたフルマネージド共有ストレージを提供します。そのため、FSx for ONTAPをVMware Cloud on AWSのシンプルかつ柔軟性の高いデータストアとして利用し、コンピュートから切り離してストレージのスケールアップ/ダウンを実現できるので、必要なリソースのみの支払いが可能になります。また、ONTAPのエンタープライズ データ アクセス、データ管理、データ効率化機能を活用してVMware Cloud on AWSの導入をさらに簡素化し、コストを最適化できます。
  • VMware Cloud Flex Storageの提供:VMwareがマネージドサービスとして提供する新しいネイティブに統合されたクラウド ストレージおよびデータ管理ソリューションで、VMware Cloud on AWSへの補助的なデータストアレベルのアクセスを提供します。VMware Cloud Consoleを数回クリックするだけで、ホストを追加することなくストレージ環境を拡張し、アプリ単位で必要に応じてストレージ容量を柔軟に増減できます。また、シンプルな従量課金制も特長です。VMware Cloud Flex StorageはVMware vSANとともに、クラウドにおける耐障害性、パフォーマンス、拡張性、コストの面から柔軟性と価値を提供します。

費用対効果が高く柔軟な利用オプション:VMware Cloud Flex Computeは、VMware Cloud on AWSをより小規模なユニットで迅速に使用開始できるようにする新しいクラウド コンピューティング モデルです。現在の本番ワークロードのサポートに最低限必要となる環境に対して、97%小規模な環境を使用して、短時間でワークロードの実行を開始できます。vCPU、メモリ、ストレージ、ネットワーク リソースを含む小規模ユニットを使用し、キャパシティ要件の変化に応じてホストを追加/削除できることから、エンタープライズ アプリのコストやパフォーマンスの要件により良く対応することが可能です。なお、現在のVMware Cloud Flex Computeはプレビュー版です。

ランサムウェア攻撃からの迅速な復旧:VMware Ransomware Recovery for VMware Cloud DRによって、ランサムウェア攻撃からのより迅速な復旧、高精度な予測、エラー低減を可能にします。ランサムウェア攻撃からのリカバリに特化したサービス型ソリューションとして、VMware Cloud on AWSで隔離された復旧環境を利用し、IT部門や事業部門の本番ワークロードの再感染を防止しながら安全な復旧を実施します。ガイド付きの復旧ワークフローに基づいて復旧ポイントを素早く絞り込み、組み込みの振る舞い分析を用いてリストア ポイントを検証し、損失を最小限に抑えてデータを復旧できます。

継続的なグローバル展開:VMware Cloud on AWSは、アジア太平洋(香港)リージョンでも提供開始となり、世界の21のリージョンへとサービスを拡大しました。米国連邦政府によるFedRAMP認定を受けたAWS GovCloud(US West)とAWS GovCloud(US East)の両リージョンも含まれているため、米国政府機関および米国政府の関連事業を行う企業は機密性の高いワークロードをクラウドに移行、管理、運用できます。

AWS MarketplaceでVMwareサービスのユーザを支援
VMwareとAWSは、AWS環境に対応するVMware Cross-Cloud Servicesの購入/デプロイの簡素化に継続して取り組んでいます。企業は既存のAWS EDP契約のもとでVMware Cross-Cloud Cloud Servicesを利用し、AWS上で稼働しているミッションクリティカルなエンタープライズ アプリをモダナイゼーションできます。現在利用可能なサービスは、VMware Cloud on AWS、VMware Tanzu、VMware Carbon Black、CloudHealth、VMware NSX Advanced Load Balancer(AVI Networks)で、今後も順次追加予定です。

VMware, Inc. クラウド インフラストラクチャ ビジネス グループ 上級副社長兼ゼネラルマネージャ マーク・ローマイヤー(Mark Lohmeyer)コメント:
「顧客は、VMware Cloud on AWSで継続的に提供されている強力な機能の活用により、既存のvSphereベースの環境との互換性や運用の一貫性を保ちながら、ダウンタイムなしで迅速にクラウドに移行できます。ワークロードをVMware Cloud on AWSで稼働させた後も、リソース利用を最適化しながらワークロードの可用性を高め、近年発生している複雑かつ危険なセキュリティ上の脅威が水平方向に拡散しないよう保護し、次世代のモダン アプリを構築して、コストを大きく削減できます。VMwareはAWSと連携して、幅広いエンタープライズ ワークロードに対応した新たなイノベーションを迅速に提供していきます」

VMware Explore 2022
VMware Exploreは、VMwareのフラッグシップ カンファレンスVMworldの進化形であり、マルチクラウドに関するあらゆるトピックを網羅した、業界随一のイベントです。VMware Explore 2022では、業界主導型ソリューション セッションやテクニカル セッションを実施し、トップ クラウド パートナの90%が参加する広範なエコシステム、マルチクラウドISVの活発なマーケットプレイス、VMware CrossCloud™サービスやオープンソース コミュニティによる複数のネットワーキング イベントを開催します。VMware Exploreの詳細については、www.vmware.com/explore.html(英語)をご覧ください。 

出典:
*1  IDC White Paper, sponsored by VMware, “The Business Value of Running Applications on VMware Cloud on AWS in VMware Hybrid Cloud Environments,” IDC #US46919520, October 2020

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアは、あらゆるアプリケーションに対応したマルチクラウド サービスを提供するリーディング プロバイダであり、企業によるコントロール下でのデジタル イノベーションを実現します。VMwareのソフトウェアは、イノベーションを加速させる信頼性の高い基盤として、企業が未来を築くために求められる柔軟性と選択肢を提供します。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くVMwareは、同社の2030 Agendaを通じて、より良い未来の構築に取り組んでいます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

VMware、Explore、VMware Cloud、vSphere、Tanzuは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。この文書には、ヴイエムウェア以外のウェブサイトへのハイパーリンクが含まれている場合がありますが、これらはそのウェブサイトのコンテンツに責任を負う第三者により作成、ならびに維持されています。