プレス リリースカテゴリこの記事の所要時間:1 分

ヴイエムウェア、VMware Site Recovery Manager により次世代のディザスタリカバリを提供

ヴイエムウェア、VMware Site Recovery Manager により次世代のディザスタリカバリを提供

データセンタ全体にわたってディザスタリカバリの簡素化と自動化を実現

*本内容は、2007 年9 月10 日(米国時間)に米国VMware, Inc.が発表した報道資料の翻訳版です。

【2007年9月10日(米国時間)米カリフォルニア州発】
仮想インフラストラクチャ ソフトウェアにおけるトップベンダーであるVMware, Inc. (米カリフォルニア州)は、ディザスタリカバリ自動化のパイオニア的新製品、VMware Site Recovery Manager を発表しました。この新しいソフトウェアは、今週サンフランシスコのVMworld 2007 において展示される多数の製品とソリューションのひとつです。

ヴイエムウェアの製品マーケティング担当バイスプレジテントであるラグー ラグラム(Raghu Raghuram)は次のように述べています。「ディザスタリカバリはお客様がVMware Infrastructure の採用とそれによる標準化に踏み切る大きな要因のひとつになっています。VMware Site Recovery Manager にディザスタリカバリの自動化と管理機能が導入されると、組織のディザスタリカバリ計画からリスク、コスト、複雑さが削減されます。」

企業や組織は効果的なディザスタリカバリを緊急に必要としているにもかかわらず、サイトの障害からの復

旧は依然として、IT に関する最も困難かつ複雑な作業となっています。従来のディザスタリカバリ ソリューションは多数の手作業による複雑な操作を必要とするため時間がかかるほか、ミスを犯しがちです。信頼できる復旧を行うためには生産データセンタのインフラストラクチャを複製するという高価な対応が要求されますが、企業や組織は生産システムの小規模なサブセットを超えた十分なディザスタリカバリは行えま

せんでした。

VMware Site Recovery Manager は、お客様がデータセンタのダウン時にもデータを数日単位ではなく数時間単位で、かつ高い信頼度をもって復旧できるよう、ディザスタリカバリ作業を簡素化し、自動化するように設計されています。VMware Site Recovery Manager はVMware Infrastructure と機能して、手作業による復旧の複雑さと信頼性の欠如を排除し、同時にリカバリ用サイトに普段は無駄になっている複製を維持するというコストと複雑さも排除します。

Enterprise Strategy Group のアナリストであるマーク バウカー(Mark Bowker)氏は次のように述べています。「データセンタのダウンに伴うビジネスへの悪影響について理解が進み、またSOX 法やHIPPA などの規制によりディザスタリカバリが義務化されたことにより、リカバリの成功を保証する準備という重要性に対して認識が広がってきています。サーバ仮想化ソリューションによって、より高速で信頼性の高いディザスタリカバリが現実のものとなりました。VMware Site Recovery Manager は、ディザスタ発生時にも迅速に業務を復旧できるよう、ディザスタリカバリを簡素化、自動化するための効果的な手段となります。」

Schwan’s Shared Services, LLC.のシニアIT 運営マネージャであるコリー ミラー(Cory Miller)氏は次のように述べています。「特定のハードウェアに依存しない、システム全体をディスク上にカプセル化するなど、VMware Infrastructure のコア機能を活用して当社ではすでにディザスタリカバリ計画を大きく改善してきました。VMware Site Recovery Manager は、さらに短縮が求められているリカバリ所要時間を高度な信頼性をもって、コストをかけずに達成するために必要な集中管理と自動化を提供する製品です。この製品の発表を非常に喜ばしく思っています。」

ヴイエムウェアはEMC、EqualLogic、Hitachi Data Systems、HP、IBM、Lefthand Networks、NetworkAppliance をはじめとするストレージ パートナーと共に、主要なストレージ複製機能をVMware SiteRecovery Manager において使用することを目的とした共同開発を行っています。この協力の成果として、お客様にはヴイエムウェアとストレージ パートナーの能力を統合した、強力なディザスタ リカバリ ソリューションを安心して、かつ容易に展開していただけるようになります。

EMCのTechnology Alliances 担当バイスプレジデントであるチャック ホリス(Chuck Hollis)氏は次のように述べています。「EMC とヴイエムウェアはシンプルで、自動化された、信頼できる完全なデータセンタ ディザスタリカバリ ソリューションという共通のビジョンを抱いています。両社はEMC が市場をリードするリモート複製ソリューションとVMware Site Recovery Manager を統合するための協力を続けてきました。このイニシアティブを通じ、お客様は長年にわたって物理インフラストラクチャとして使用してきた、これまで同様に定評あるEMC のストレージ システムとソフトウェアを使用して仮想インフラストラクチャも保護できるようになります。」

EqualLogic のマーケティング担当バイスプレジデントであるジョン ジョゼフ(John Joseph)氏は次のように述べています。「計画中のVMware Site Recovery Manager とPS Series との統合により、高度な信頼性を持つ複製されたiSCSI SAN 上において、簡素化されたディザスタリカバリ ソリューションが実現すると確信しています。ヴイエムウェアとEqualLogic の協力はディザスタに耐えるインフラストラクチャ構築に際してIT マネージャが直面する問題点を減らし、コストのかからない回復性に優れたデータセンタを促進するという両社の取り組みを示すものです。」

HP、StorageWorks Division のStorage Area Networks 部門担当バイスプレジデントであるリック ステファンズ(Rick Steffens)氏は次のように述べています。「HP とヴイエムウェアは長年にわたり、両社のお客様にディザスタリカバリ向けの仮想化と複製ソリューションを提供するべく協力してきました。本日発表された新機能によってHP のProLiant およびBladeSystem サーバとアレイベースの複製ソリューションであるHPStorageWorks が統合され、ビジネス コンティニュイティがさらに強化されます。これによってお客様のクリティカルなシステムやデータを保護、復旧する作業から複雑さが軽減されます。」

Hitachi Data Systems のGlobal Solutions Strategy and Development 担当シニア バイスプレジデントであるジョン マンスフィールド(John Mansfield)氏は次のように述べています。「Hitachi Data Systems とヴイエムウェアは、お客様が両社を統合したディザスタリカバリ ソリューションをシームレスに展開できるよう密接に協力してきました。Hitachi Data Systems が市場をリードするエンタープライズ ストレージ サービス プラットフォームと新しいVMware Site Recovery Manager を組み合わせることにより、信頼性と柔軟性が大きく改善された包括的なディザスタリカバリ ソリューションを提供することができます。」

IBMのSystem Storage Portfolio Manager であるマーク ドゥーマス(Mark Doumas)氏は次のように述べています。「IBM はお客様が仮想化のメリットを実現できるよう、長年にわたってヴイエムウェアと協力してきました。VMware Site Recovery Manager をはじめとする多くのベンダーと統合できるというIBM のインテリジェントなストレージ ソリューションの能力は、要求の厳しい環境においてニーズを満たすことのできるテクノロジーを選択的に活用することを可能にし、それを通じてより大きな柔軟性をお客様のディザスタリカバリ ソリューションに提供します。」

LeftHand Networks のマーケティング担当バイスプレジデントであるジョン ファネリ(John Fanelli)氏は次のように述べています。「ディザスタリカバリに新しいVMware Site Recovery Manager を活用できることを喜ばしく思っています。SAN/iQ Remote Copy とVMware Site Recovery Manager の組み合わせは、お客様の本社、支店、リモートオフィスなどに完全に自動化されたデータ リカバリ ソリューションを提供します。」

NetApp のSolutions Marketing 担当バイスプレジデントであるパトリック ロジャーズ(Patrick Rogers)氏は次のように述べています。「NetApp は、サーバが仮想化された環境において、ヴイエムウェアと協力し、ディザスタリカバリをより簡素で自動化されたものにできることを嬉しく思います。NetApp とヴイエムウェアには、何千社という共同でサービスを提供しているお客様がいます。このディザスタリカバリ ソフトウェアとVMware Site Recovery Manager が合わさることにより、現在と将来のお客様にデータセンタ全体をカバーする強力な、かつコストのかからないディザスタリカバリ ソリューションを提供し、従来のディザスタリカバリに伴うリスク、コスト、および複雑さを排除することができます。」

ヴイエムウェア社について

ヴイエムウェア社は、仮想化ソフトウェアのグローバルリーダーとして、本社をカリフォルニア州パルアルト

に置き、EMC 社(NYSE: EMC)傘下でビジネスを展開しています。VMware 製品は、世界的にビジネスを展開する大企業において採用され、現在のコンピューティング資源を最大限に活用しながら、企業のIT

を簡素化し、変化するビジネス要求へのより速い対応を実現しています。VMware 製品は現在、世界各

国で300 万人を越えるユーザを持ち、フォーチュン100 の100%など、20,000 社を超える企業で採用されています。ヴイエムウェア社についての情報は、www.vmware.com/jp をご覧ください。

ヴイエムウェア株式会社
〒105-0013 東京都港区浜松町1−30−5 浜松町スクエア13F
URL: www.vmware.com/jp/

###

VMware、VMware ロゴはVMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。